岡田茂吉 健康の真理 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

健康の真理 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

抑々、健康を説くに当って第一に心得るべき事は、健康の真諦は自然順応であり、自然尊重である事である。それに就て先づ考ふべき事は、造物主即ち神が人間を造られた御目的は何であるかといふ事である。吾等の解釈によれば、それは真善美の完き世界を造る事である。といっても斯んな途方もない説は容易に受入れ難いであらう。

勿論、其様な理想世界は何万何十万何百万年かゝるかは分らない、としても世界はそれに向って一歩々々進歩向上しつつある厳然たる過去の事実を見れば否定も出来得ないであらう。そうして神は霊で人間は体であり、両々相俟って無限の進歩を遂げつつあるのが実相で、其担当者として人間があるのはいう迄もない。

以上の如くである以上人間の責任たるや実に大なりというべきであると共に、此大事業を遂行する何よりの条件としては、人間の健康である。此意味に於て神は人間にはそれぞれの使命を与え、任務を遂行するに足るだけの健康を与えられてゐるのは当然である。何となればもし健康を害(ソコナ)ふとしたら、神の御目的は達せられないからである。先づ此道理を基本として深く考えるとしたら、健康こそ人間の本来であり、常態であらねばならない。然るに不思議にも人間は病気に犯され易い。即ち異常体となるのである。とすれば此事の根本が明かに判り異常体を正常体に復活せしむる事こそ神の御目的に添ふ事になるのである。

右の意味によって、人体の異常化を検討する時、何を発見するか。それは何よりも自然に反する為という事である。故に此反自然の実態を把握し訂正し、常態に復元する事こそ真の医学であって、その復元の可能であるこそ、正しい医学のあり方である。随って反自然とは如何なるものであるかを以下詳説してみよう。

人間が此土に生れるや、最初は人乳又は獣乳を飲む、これは歯が未だ生えず、消化器能も出来たての脆弱性であるからで、漸次、歯も生え揃い、体内器能も一人前になるに従って、それに適応すべき食物を摂る事になる。又食物も凡ゆる種類があり、それぞれ特有の味はいを含んでをり、人体の方にも味覚を与えられ、楽しんで食するようになってゐる。其他空気も火も水も、人間の健康に必要な程度に存在してゐるといふやうに、実に完全に出来てゐる。人体と雖も頭脳から理性も記憶も感情も生れ、手によって物は造られ、足によって人体を自由に移動せしめ、毛髪も皮膚も爪も眼、鼻、口、耳等必要なものは、実によく備はってゐる。加うるに顔貌から全身まで皮膚によって包まれ、それぞれの美を発揮してゐる。ざっとみただけでも、以上の如くで、仔細に検討する時、言葉では言ひ表せない造化の妙技である。一輪の花、一枚の葉、山水の美、鳥獣虫魚の末に至るまで、神技の素晴しさに感歎せざるを得ないのであるが、特に人間に至っては全く造物主の傑作である。特に種の保存としての生殖作用至妙に至っては言語に絶するものがある。此の様な神の大傑作である人体である以上、病という人間活動を阻止するような異変は、如何に反自然的過ちを犯してゐるかを考へるべきである。人間たるもの、此事に最も反省しなければならないのである。

タイトルとURLをコピーしました