岡田茂吉 医学の誤謬 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

医学の誤謬 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

抑々、健康を語るに当っては、何よりも病気そのものの実態を把握しなければならない事は勿論である。然るに現代医学の病気の解釈は、驚くべき程の過誤に陥ってゐる。何よりの證拠はこれ程医学が進歩したというに拘はらず、感冒の原因すら今以て判明しないというに於てをやである。此事から順次詳説してゆくが、元来病気なるものの原因は実は自然の生理作用で、此理は凡ゆるものに共通してゐる。例えば万有一切は物心共に必ず汚穢が溜るが、それと正比例的に清浄化する自然活動が発生するのである。実に寸毫の差もない自然原則である。これを大にしては天地の間に汚穢が堆積するから暴風雨が起り、風で吹払い雨水で洗ひ、天日で乾かすのであり、小にしては人間の家屋内に塵埃が溜ればハタキで払い、箒で掃き、ゴミ溜へ捨て、そのゴミを一個所に集めて焼却するという順序である。これと同様な事は人体にも言える。人体と雖も常に何等かの原因によって霊肉共に汚穢が堆積するので、それに対する自然浄化作用が発生する、それが病気である。何よりの證拠は浄化発生するや発熱する。それは堆積した毒素は時日の経過によって固結するから、其固結溶解の為の熱で、それによって固結は溶解し液体となり、喀痰、鼻汁、発汗、尿、下痢等によって体外へ排泄されるのである。然るに此浄化過程は苦痛が伴ふので、この苦痛を称して病気と名づけたのである。従而これによって体内は清浄化し健康は増すのであるから、病気とは健康増進の為の自然生理作用で、これ程結構なものはない訳である、全く神の恩恵の最大なるものといふべきである。

此意味が今日まで全然判らなかった為反対に解釈して生れたのが現代医学である。実に想像すら出来ない程の誤謬に陥ってゐたのみか長い間それに些かも気附かなかった事は不思議というの外はない。それが為今日迄幾億の尊い生霊が犠牲になったかを考える時、転(ウタ)た暗然たらざる得ないのである。此様な誤謬から出発した医学である以上、進めば進む程邪道に深入し、本道から益々隔絶するに至るは当然である。何よりも病理と実際との喰違いは甚だしいのである。これに対し迷蒙者はこれを解決するには医学を一層進歩せしめなければならないと解し、倍々努力研鑚するのであるから大問題である。嗚呼何たる悲惨事であらうか。此実態を凝視する時若し此誤謬の発見がないとしたら人類の将来は如何になりゆくや、真に逆睹(ギャクト)し難いものがあらう。偖而(サテ)右の理論を順次解説してみよう。

タイトルとURLをコピーしました