岡田茂吉 慢性頭痛持 (『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行)※御教えと御蔭話 | 岡田茂吉を学ぶ

慢性頭痛持 『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御教えと御蔭話

  これは曩にかいた如く、現代人は薬を無暗に入れる事と、頭脳を使用する事が多い為、頭部を中心にその附近に固結した毒素が、浄化によって発熱と共に溶解し出ようとして、神戟を刺激する為である。というように痛みは治る作用であるから、薬さえ廃めて辛抱すれば、長くは掛るが漸次的に治るものである。

長年の頭痛を癒されて

      千葉県 N.S (39)


 昭和二十三年四月十六日、春とはいえうすら寒い雨の日、当時日本観音教T会Y支部と言っていた頃、入信の光栄に浴した一農婦でございます。

 入信後知れぬ御守護を戴きつつも、思う事の万分の一も筆や口にて言い表わす事の出来ない愚かな者でございます。ただありのまま二、三御報告させて頂き、明主様に御礼申し上げたく存じ、謹んで一筆御判読御願い申し上げとうございます。

 以前から義妹が入信しておりましたので、常々私の頭痛の苦しい様子を見ては「姉さんも入信しなさい。きっとなおるから」と何度も奨められましたが、なぜかその気になれず、頭痛のために日夜苦しんでいましたが、ちょうど春の養蚕のとき、あまり毎日頭痛の連続で、いくらノーシンでもハレヤカでもちっともなおらなくて、食事は勿論入らず、吐き気がひどくなり、静かに床に入り、頭痛薬をのんでねる事がその当時の唯一の気休めだったのです。ただし幾日経ってもちっとも楽にならないので、ある日、近くの寺で運命等を見るところがありますので、そこへ行って見てもらいましたら、「子宮と卵巣がはれているのだから、常に下腹部を温めているように」との言葉でした。しかし農家の嫁の事とて、その当時は乳呑児はあるし、農事に、養蚕に、子供や洗濯と追われ、一日とてそんな事をしておられず、苦しい時を幾度か過して参りました。しかし何とかして治る方法はないものかと、いろいろな薬をのみましたが、苦痛はつのるばかりでした。妹は又もや入信をすすめますので、私は「この頭痛が本当になおるのかしら」と、うたがいつつも聞いてみましたら「必ずなおるから」と、熱心に申しますので、私のような無学な者が入信させて頂いても務まるかどうか? ……信仰というものを知らない私は、インテリ的なかた苦しい世界と思っていましたが、納得して妹に連れられておそるおそるY支部へ行き、二日間の御教修の御話をいろいろと有難く拝聴いたし、三日目の御教修にははるばる鎌倉から御来訪下さいましたO先生の御指導を仰ぎ、有難い御守様を御下げいただきました。鳴呼その時の感激……そのとたんに頭の中がスーッと軽くなったような気持でした。その後いろいろの御浄化を戴きまして、その度毎に軽くさせて頂きまして、今年になってからはほとんど頭痛を忘れた人間のように健康で、何物にも代えがたい幸福に浸っております。入信後は支部へお詣りしてお話をうかがうのが何よりの楽しみとなってしまいました。帰宅後は主人と野良仕事の合間等に、F先生から伺って来るいろいろなお話を主人に話しかけ、その度毎にお互に感激し、同年十二月二十九日に主人も入信の光栄に浴しましたので御座います。そのときの私の喜びは本当にうれしくて、涙がとめどなく流れるのをどうすることも出来ませんでした。これからは夫婦手をたずさえて、ただ一すじにお縋りして、御道の中に生きて行く決心を致しました。それから後というものは、姑の私に対する態度も一変し、何かにつけてもいままでの日常とは違い、何かしら家庭の中に和気が漲り、不思議な程に仕事が楽しく、働き甲斐があるような幸福感に、一家楽しく食糧増産に邁進させていただいています。翌年四月に御屏風観音様を、七月十六日には光明如来様を御奉斎させて頂きました。その後姑も風邪引の御浄化の折に入信させて頂きましたが、父がまだですので、何とかして入信してもらいたいと念願していますが、中々今のところ頑固一徹で困ります。四人の子供達も御蔭様にて皆健康体で、近所の人から羨まれる程で、朝夕の御礼拝も自発的に思い思いにしております。
 明主様有難うございました。真心から感謝の祈りを捧げつつ……
          (昭和二十六年十月二十一日)


長の慢性頭痛四、五日にて癒さる

福岡県   O.H (48)


 謹んで日々の御守護の御礼を申し上げます。

 私は五月十六日に、有難き御守様を拝受した一信者で御座いますが、入信動機の御報告かたがた入信の御礼を申し述べさせて頂きます。

 昭和十五年頃より過度の頭痛に悩み、その度毎にノーシンを服用、一時はよいが更に又悪化するといった工合に、一日もノーシンを懐に忘れた事はありませんでした。一時は自殺をしようかと思った事もある程でした。

 ただ今はM町のK炭坑に寮の炊事係として勤務しておりますが、四月六日にA氏の息女と結婚致しまして、妻よりこの御道の有難い事を聞きましたが、最初はなかなか信じられず、妻は既に入信しておりましたので半信半疑ながらも御浄霊を頂く内に、何となくスーッと気持がよくなり、僅か四、五日のうちにあれ程執拗な頭痛症がとってのけたように軽くなり、最近では顔色もすっかり変り、全くどすぐろがかった顔色も艶が出てまいりました。そして毎日の仕事が愉快に出来るようにならせて頂きました。

 早速入信の御許を得まして五月十四日、十五日、十六日と支部のH先生に遠路はるばる御越を頂き、お守様を拝受させて頂きました。

 私ごとき罪多き者にまであの難症を癒して頂いたばかりでなく、救世の御手伝をさせて頂く事は、本当に身に余る光栄と有難く感謝しております。

 この上は世の悩める多くの人々をお救いさせて頂き、地上天国建設の御聖業の万分の一でも御手伝させて頂きたくかたく御誓い申し上げますと共に、今後の御守護の程伏して御願い申し上げます。

 明主様重ねてあつく御礼申し上げます。有難うございました。
          (昭和二十七年五月二十五日)


水枕の離せぬ頭痛を救わる

     岐阜市   K.T (54)


 昭和二十五年五月中旬より神経痛にて手足が痛み、にんにく灸に二カ月余り通いましたが大した効果も得られず、頭も重く体がはっきり致さず困っておりました折も折、八月七日午前四時頃突然鼻血が出まして、それよりばったり床についてしまい、体は寒くてがたがたふるえますし、顔はサッと血のひく思で約四十分間少しの休むまもなく出まして、この時はもう駄目かと思った程で御座いました。それより一週間のうち四回にわたり鼻血が出まして、ちょっとした物音も苦になり、暗い静かな室で休まねばなお体にひびくという、未だかつてない苦しみを味わい、その時は未だこの有難いお道を存じませんでしたので、転々と医師を変えましたが良くならず、来る日も来る日も深い谷底へつき落されたような日を送っておりました。三カ月というものは一日三貫目ずつ氷で後頭部をひやしつづけ、その後はずっと水枕で休んでおりました。ちょっと散歩が出来るようになったと思えば又悪くなり、医師に尋ねても病名もはっきり致さず、ただ「神経だ、神経だ」と頼りない言葉にて、苦しみの日を送っておりますうち、昨年の七月二十日頃より、H先生のお母様にこの有難い御浄霊をいただきますようになり、それより大変楽にさせていただきました。

 あの炎天下も厭わず四十日の間、休む日もなく御足労下さいましたH先生のお母様のお心に、ただただ有難さいっぱいで言葉も御座いません。

 そして七月二十八日に、一カ年余り胃腸で苦しんでいた娘(二十歳)が入信させて戴き、私も十月十二日に入信、母娘共に喜んでおります。どうしてもとることの出来なかった水枕も、浄霊をいただきますうちに九月にははずすことが出きまして、少しずつ床を離れることが出来るようになり、初めて杖にすがってH先生のところへお礼詣りをさせていただきましたあの九月二日の嬉しさは、終生忘れることの出来ない喜びで御座います。

 明主様本当に有難う御座いました。

 日々楽にさせていただき、暗かった家の中も大変明るくなり、何につけましても御蔭御蔭と感謝の気持が自から湧きいで、有難い気持で日々を送らせていただいております。

 十月の三十一日明主様が名古屋へおいで遊ばしました時、H先生のお母様に連れて行っていただき、お参りさせていただきましたが、半月程前から肩が重く、手足も痛み、気分がすぐれませんでしたのに、何と有難い事でしょう、この時すっかり荷をおろしたように体が軽くなり、楽にしていただきました。

 こうした数々の御利益をいただき、あの過ぎ去りし入院当時の苦悩が夢のごとくに感ぜられ、ただただ有難い気持でいっぱいで御座います。

 明主様誠に有難う御座いました。謹んで厚く御礼申し上げます。
           (昭和二十七年一月二十六日)

タイトルとURLをコピーしました