岡田茂吉 小児麻痺 『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御教え | 岡田茂吉を学ぶ

「小児麻痺」 『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御教え

 この病気は霊的と体的とがあるが、米国に多い小児麻痺は殆ど体的のようである。今それを詳しくかいてみるが、生まれ乍らにして歩行困難な症状は、言う迄もなく親からの遺伝薬毒と、生まれてから入れた薬毒が、足の何れかの局部に固結する為であるから、よく診査してみると必ず固結があり、圧すと痛むから直ぐ分る。その箇所は足の裏の一部、甲の横、踵、指等が殆どであるが、希には鼠蹊部にある場合もある。何れも何等手当せず、その儘放任しておけば、長くはかかるが僅かずつ治ってゆくものである。処がそれを知らないから、注射、塗布剤、電気、光線療法等を行うので、反って不治にしてしまうのである。

 次に霊的の原因をかいてみるが、これは日本に多い症状で、米国には割合少いようである、これは半身不随、つまり片方の手足がブラブラになり、智能低下、言語不能等、中風その儘である。これは最初二、三日間高熱が続いてから発病する場合と、突如としてそうなる場合とがある。よく平常通り通学していた児童が朝起きると右の症状になっており、愕然とするという全く恐ろしい病気である。この原因は脳溢血で突如として死んだ老人の霊が憑依する為で、中風と同様であるからよく分る。では何故そうなるかというと、脳溢血で急死するや、霊界に行っても死に対する霊的知識がないから、自分は相変らず生きていると思うが、肉体がないので遮二無二肉体を求めるが、憑霊の原則としては、無縁の者には憑れない事になっているから、自分の霊統を求めるが、その場合小児の方が憑り易いので、多くは孫に憑るもので、これは事実がよく示している。従って、霊的小児麻痺の場合、よく調べてみると必ず脳溢血で死んだ祖父母の霊か、希には親戚の老人の霊もある。この霊的小児麻痺は、信仰より外に治しようがないのは勿論である。

タイトルとURLをコピーしました