岡田茂吉 『文明の創造』宗教篇 霊的病気「精神病と癲癇」昭和27年  | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』宗教篇 霊的病気「精神病と癲癇」昭和27年 

  霊的病気の内最も王座を占めているものとしては、精神病と癲癇であろう。先ず精神病からかいてみるが、之こそ全然霊的病気であって肉体に関係のない事は、健康者であっても、此病気に罹るにみて明かである。此病気は誰も知る如く、普通人間としての精神状態を失い、意識が目茶苦茶になって了うが、其状態も人によって千差万別であり、一人でも色々に変化する処か、一日の中でも、イヤ一時間の間でも、其変化は目まぐるしい程である。

 此病気に対しては、医学でも相当以前から研究に研究を重ねているが、今以(も)って分らないので、治療効果に於(おい)ても、何等進歩は見られない。只(ただ)施設や患者に対する諸種の対策が、相当進歩したに過ぎないのである。何しろ生命には別条ないとしても、家族的には随分人手が要るので、実に始末の悪い病気である以上、どうしても病院へ入れなければならない事になるが、現在公共的の方は収容力も足りないし、そうかといって私設病院では金がかかるという訳で、全く悲惨そのものである。近来精神病や癲癇を治すべく、頭脳の手術を行うが、之は全然無効果のようである。何しろ医学は唯物科学であるから、手術に目を着けるのも無理はないが、此病気は肉体との関係は甚だ薄く、目に見えざる霊の作用が主であるから、霊的に治すより仕様がないのである。それを之から詳しくかいてみよう。

 右の如く霊的病気であり、之こそ憑霊が原因なのである。其場合憑霊の位置は前頭部に限られているもので、何故前頭部に霊が憑るかというと、其部の霊が稀薄になるからで、つまり局部的脳貧血である。此脳貧血の原因といえば曩に述べた如く、首の周りに毒素が集溜し易く、それが両延髄及び淋巴腺附近に固結するので、其固結が血管を圧迫する為、頭脳へ送流される血液が減るからである。

 茲で、何故霊が憑依するかの理由であるが、それを説く前に、霊界なるものを充分知っておく必要がある。元来霊界とは現象界、空気界の外(ほか)にある第三次元の世界であって、つまり空気よりも一層非物質的であるので、今日迄無とされていた世界である。従って此霊界は現在迄は一部の人を除く外、一般人には殆んど信じられていなかったのである。というのは唯物科学が其処(そこ)迄を把握する程、進歩していなかったからである。然し事実は物象界空気界よりも、一層重要なる、言わば万有の根源的力の世界であって、地上一切は此力によって生成化育されているのである。別言すれば此世界は表が物象界で、裏が霊界といってもいいので、人間で言えば肉体は物象界に属し、心は霊界に属しているのである。此理によって人間も動物も、死と共に肉体は現界に遺棄され、霊は霊界に帰属する。つまり人間の死は体は滅して、霊だけが永遠に残されるのである。そうして霊界の生存者となった凡ゆる動物の内、狐、狸、龍神(蛇)等が生きてる人間の霊に憑依する。というのは前述の如く人間の霊の頭脳の一部分が稀薄になっているからで、若(も)し充実していれば、決して憑り得ないのである。之を詳しくいえば、例えば霊が充実して十である処へ、一だけ欠ければ九となるから一だけ憑れる。それが二となり三となり、半数の五以上となると、それだけ憑霊の方が勝って、人霊の方が負けるから憑霊の自由になる。之が精神病の真の原因である。

 とすれば精神病の原因は、全く脳貧血であって、其因は固結の圧迫にあるのである。然し単に貧血だけならまだいいが、延髄部の圧迫による貧血は、睡眠不足の原因となるので之が恐ろしいのである。何となれば精神病になる初めは、例外なく睡眠不足が何日も続くからである。其理由は本来脳貧血とは体的の症状であるが、霊的に言えば其部の霊が稀薄になる事であって、謂わば貧霊である。処が其貧霊部即ち霊の量の不足に乗じて、其量だけ彼等邪霊共は憑依が出来るのである。憑依するや人間と異(ちが)った彼等の性格は、動物的意欲のまま露骨に振舞う、之が即ち精神病の症状であって、其動物の割合をいえば、狐霊が八十パーセント、狸霊が十パーセント、残り十パーセントは種々の霊であろう。

 右は純精神病をかいたのであるが、茲に誰も気付かない驚くべき事がある。それは現代の人間悉くと言いたい程、軽い精神病に罹っている。勿論其原因は一般人悉くと言いたい程、頭脳に多少の欠陥があるからで、極く上等の者でも十パーセント乃至二十パーセントは冒されており、普通人は先ず三、四十パーセント位であろう。処が四十パーセント迄はまだいいが、五十パーセントを越えると大変である。真症の精神病者となるからである。だが憑霊というものは一定していないもので、絶えず動揺している。それは欠陥と相応するからで、其意味は霊の厚薄が絶えず増減しているからである。そうして此憑霊にも二種あって、生れながらに其人に定住的に憑依している動物霊と、後天的臨時に憑依する霊とがある。今之に就て詳しく説明してみるが、先ず人間が此世に生を享ける場合、曩に述べた如く、初めポチ即ち魂が宿るが、此魂なるものは神の分霊であって、人間の中心であり主人公である。之を本守護神と日(い)い、次は人間を一生涯不断に守護している霊がある。之を守護霊ともいい、正守護神ともいう。此霊は祖先の霊の中で霊界に於ての修業が済み、資格を得た者であって、此中から選抜されて、其人の一生涯の守護の役目を命ぜられる。次が副守護神といって、之が動物霊である。此霊は動物ではあるが、実は人間生存上必要欠くべからざる役目をしているものである。そこで先づ右の三つの守護神に就て説明してみよう。

 以上は、大体人間誰でもが有(も)っている正規の守護神であるが、第一の本守護神なるものは神の分霊である以上、其本質は良心そのもので、昔からよく言われる人の性は善なりとは之を指したものである。第二の正守護神は人間が危険に遭遇する場合、それが霊界に先に起るので、それを知って危難を免れしむるべく努力する。世間よく虫が知らせるとか、其時気が進まなかったなどというのは、正守護神の注意である。又人間が罪を犯そうとするのを犯させまいとする事や、常に悪に引込まれないよう警戒し、正しい人間にさせようとする。それには神仏を信仰させるのが最良の方法として導こうとする。処が正守護神がどんなに頑張っても、邪神の強いのに遭うと負ける事があるので、其為不幸を招く結果となるから仲々大変である。そこで正守護神は常に邪神に勝つ力を求めている。それには人間が立派な信仰に入らなければならないという訳で、本教へ導く事が日に月に増えつつあるのである。次の第三の副守護神は動物霊であるから、悪の本来として一刻の休みもなく人間に悪を考えさせ、悪をさせようとする。悪とは帰する処体的欲望の本尊である。如何なる人間でも金が欲しい、女が欲しい、贅沢をしたい、名誉が欲しい、人に偉くみせたい、賭事(かけごと)や競争に勝ちたい、出世をしたい、何事も思い通りになりたい、という限りない欲望がそれからそれへと湧いてくる。そこで昔から信仰によって、此果しない欲望即ち煩悩を押えようとして修養する。それが兎も角今日迄人類社会は破滅を免れ得て来たのであるから、大いに感謝すべきである。然し乍ら実際上人間が之等の物質欲がないとしたら、之又大変である。何となれば肝腎な活動力がなくなって了うからである。従って何としても此点が仲々難しいのである。ではどうすればいいかというと、之は別段困難な事はない。つまり人間は神から与えられた良心を発揮させ獣から受ける悪に勝てばいいのである。といってもそれには自(おのずか)ら限度がある。即ち善も悪も決定的に勝負をつけてはいけない。此意味は人という文字を解釈すると実に良く分る。それはノは天から降った形で、神の分霊であり、〵は地上に居る獣の形である。としたらノが上の方から押えており、〵はノを支えている形である。であるから人とはノと〵との間になるから、人間の文字もよく当嵌(あてはま)っている。即ち人間は善と悪とを両有している。天性で幾分でも善が勝っていれば間違いないのである。従って人間は向上すれば神となり、下落すれば獣となるので、此理によって人間の限りなき欲望も、或程度で制御する事が出来るので、之が真理であるとしたら、限度を越えれば人ではなくなり、Xの形となる。即ちバッテンであるから抹消の意味であり、亡びるのである。右の理によってどうしても人間本来のあり方は、悪を制御するだけの力を有たねば安心が出来ないのであるが、それには力が要る。其力こそ神から与えられるべきものであるから、信仰が必要となる。さすれば如何なる世にあっても、何等不安なく、永遠の幸福者となり得るのである。

 以上説いた如き真理を、霊界の修業中知った正守護神は、極力子孫を正善に導こうとする。処が副守護神の方は其反対であるから、極力妨害し、悪に導こうとして、心の中で常に争闘している。之は誰でも経験する処であろうが、そればかりではない。斯ういう事も知る必要がある。それは人間一人々々異った性格と技能を有っている。之は神が世界を構成する上に於てそうされ給うのであって、之を補佐し、天性を充分発揮させるよう正守護神は、神の命を奉じて専心努力しているのである。此手段として正守護神は、先づ第一に其人間の魂を磨くべく、非常な苦痛を与えるが、之は向上の為の修業である。之も其人の使命によって、大中小夫々異う。例えば使命の大きい者程、苦難も大きいから、寧(むし)ろ喜ぶべきで、私などもそうである。又運命の転換という事は、神から仕事を換える命が正守護神に下るからである。そうして神にも階級があり、人間界と同様御役の種別もあるので、人間に命ずる場合も、それ相応の神によるのである。此意味によって人間界の構成をかいてみるが、分り易くいえば人類を緯(よこ)にみれば千差万別、夫々能力が違うが、経(たて)にみれば上中下の差別だけである。其證拠には一民族を支配するとか、一国、一地方等の支配者は、それに相応する能力を与えられており、最高の地位に昇る人は、世界でも数人に過ぎないが、下に下るに従い段々数が多くなる。最下級になる程多数である事実はそういう意味であって、神は経論上一切過不足なく、適切巧妙に配置され按配される。其深遠微妙なる御神意は、到底人間の窺(うかが)い知るを得ないのである。又之を鉱物に譬(たと)えてみると一層よく判る。最高のダイヤモンドからプラチナ、金、銀、銅、鉛、鉄というように、最高程産額が少なく、最低の鉄に至っては、最も多産であるにみても明かである。此現実が分っただけでも人類社会の真相は認識されるであろう。此理によって階級闘争が、如何に間違っているかが分る筈である。

 茲で前に戻って、再び精神病の説明に移るが、之は別な面であるから、其積りで読まれたいが、世間非常に偉い人でも時により迷ったり、間違った考えや、道に外(はず)れた行為をする事がよくある。アレ程の人が、彼(こ)んな事をするとは腑に落ちないとか、彼(あ)んな失敗するなどは意外だなどという事がある。又歴史上からみても、大英雄がつまらない一婦人の色香に迷い、千仞(せんじん)の功を一気に欠くような事も往々あるが、之はどういう訳かというと、前に述べた如く、平常十か二十パーセント以内の欠陥なら無事だが、成功して思い通りになると慢心と我欲の為、頭脳の欠陥が増えるので、それに乗じて力のある動物霊が憑依したり、副守護神が頭へ上って、ノサバリ始めるので、三十以上に迄押し拡がり、智慧も暗くなるので、良いと思ってした事が反対になり、大失敗するので、英雄などによくある例で、右の如くどんなに偉い人でも信仰がない場合、動物霊即ち悪霊が憑依するや、それが最善の手段のように思わせるが、実に巧妙な邪智は、到底看破出来ないのである。それが為遂に大失敗をするのであるから、実に恐るべきものである。そうして特に心得べき事は、其手段方法が私利私欲が目的であればある程、失敗は大きくなるに反し、天下公共の為というような利他愛の為とすれば、失敗しても或程度で喰い止まり、復(ふたた)び立上る事が出来るのである。何となれば前者は神の御守護がないが、後者は御守護があるからである。

 そうして霊界に於ては、無数の悪霊が百鬼夜行(ひゃっきやこう)的に横行しているので、隙さえあれば忽ち憑依し、瞞(だま)し、迷わせ、悪を行わせ、不幸に陥しいれるので、之が彼等の本能であるから、少しの油断も出来ないのである。処が之に対抗して飽く迄そうさせまいとする擁護者が正守護神であるから、正守護神には大いに力を得させなければならないのであって、それには立派な信仰へ入り、神の力を恵まれるべきである。

 次は癲癇(てんかん)であるが、之は精押病と似て非なるものであって、此病気は悉(ことごと)く死霊の憑依である。何よりも癲癇の発作が起るや、人間死の刹那の状態を表わす。例えば水死した霊が憑ると泡を吹き、藻掻(もが)き苦しむし、又水癲癇といって、水を見ただけで発作が起るのは、過って水へ落ちたり、突落されたりした霊で其刹那の恐怖が残っているからである。又火癲癇というのもあるが、之も火に焼かれた霊であり、其他獣や蛇、種々の虫を見ただけで恐怖し、発作するのは其物の為に死んだのである。又斯ういうのがある。人込みへゆくと発作が起るが、之は人込みで踏み潰(つぶ)されて死んだ霊であり、汽車電車に乗るのを恐れたり、誰かが背後に近寄ると恐れる人なども同様である。以前斯ういう変ったのがあった。それは一人での留守居は、恐ろしくて我慢が出来ず、門の外へ出て人の帰る迄佇(たたず)んで待っているというので、之も前世一人で家に居た際、急病などで死んだ其恐怖の為である。まだ色々あるが、以上によって考えれば大体判るであろう。

 茲で序(ついで)だから、真症小児麻痺についてかいてみるが、之は脳溢血で死んだ祖父母の霊が殆んどである。此原因は脳溢血で急死した霊で、生前無信仰で霊界あるを信じていない為霊界へ往(い)っても死を意識せず、生きていると思っているが、肝腎な肉体がないので、遮二無二肉体を求めるが、其場合他人に憑く事は出来ない霊界の規則であるから、自分の霊統の者を求める。勿論霊統は霊線で繋がれており、子供は憑依し易いので、多くは孫を目掛けて憑依する。其場合数日間発熱があり、痴呆症や半身不随となる。恰度中風そのままであるのは、右の原因によるからである。

タイトルとURLをコピーしました