岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「小児病」(昭和二十七年)   | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「小児病」(昭和二十七年)  

 単に小児病といっても、其種類の多い事はよく知られているが、小児病は突如として発病するものが多く、而(しか)も物心のない赤ん坊の如きは只泣くばかりで、何が何だかサッパリ判らないので、母親として只困るばかりである。先ずそれからかいてみるが、生れたての嬰児に多いのは、消化不良という青便や泡便が出る病だが、之は消化不良というより、母親の毒素が乳に混って出るので、つまり親の毒が子を通して浄化される訳だから、実に結構なのである。従而(したがって)、放っておけば出るだけ出て必ず治るものであるが、それを知らない医療は乳児脚気(かっけ)などと称し薬毒を使うから、反って弱ったり、発育不良となったりする。之が将来虚弱児童や腺病質の因となり、年頃になると結核になり易いので、近来結核の増えるのも、右のような誤りが大いに原因しているのである。

  又生後間もなく、種痘をしたり、何々の予防注射とか、栄養の為とかいって注射をするが、之が又頗(すこぶ)る悪い。何しろまだ体力が出来ていないから、注射などは無理である。此為多くは発育不良の原因となり、よく誕生すぎても首がグラグラしたり、歩行が遅れたり、知能も低かったりするのはみな之が為で、医家に対し此点一層の研究を望むのである。又斯(こ)ういうのも偶にはある。それは生後一、二ヶ月経った頃吐血する幼児で、医診は胃潰瘍などというが、之は滑稽である。何となれば胃潰瘍は消化薬連続服用の結果であり、此方(こちら)の原因は出産前後、母親の古血を呑んだのを吐くのであるから、其後食欲も増す事である。

 それから少し大きくなってから、発り易いものとしては百日咳、ヂフテリヤ、脳膜炎、麻疹(はしか)、日本脳炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、疫痢、小児麻痺等であろう。それに就て之からかいてみるが、先ず百日咳であるが、此原因はヤハリ出産前母の悪露(おろ)を呑んだ為で、それが一旦吸収され保有していたものが、時を経て浄化によって出るので、何よりも此病に限って、猛烈な咳と共に、必ず泡を吐くのである。そうして百日咳の特徴は、咳する場合必ず息を引く音がするからよく分る。つまり右の泡を出し切る迄に百日位かかるから、その名がある訳だが、浄霊によれば発病後間がなければ三週間位かかり、最盛期なら一週間位で全治するのである。急所は胸が第一、背中が第二、胃部が第三と見ればいい、即ち其辺に泡が固まっているのである。此病はよく肺炎を起し易いが之は咳を止めようとするからで、溶けた泡が一旦肺に入り、咳によって出るのが順序であるのに、其咳を止めるから泡が出ず肺の中へ溜り固まるので、溶かす為の高熱が出る。それが肺炎であるから、言わば百日咳だけで済むものを、誤った方法が肺炎という病を追加する訳である。

  次にヂフテリアであるが、之は喉に加答児が出来、その部が腫れて呼吸困難になり、遂に窒息するという恐ろしい病気である。医学は臨床注射や予防注射をするが、之は一時浄化停止で、相当効果はあるにはあるが、此注射薬は猛毒とみえて、悪性の病気が起り易く、而も非常に治り悪いので、生命に及ぼす場合さえよくある。処が吾々の方では此病気は特に治り易く、浄霊するや早いのは十分、遅いのでも三、四十分ぐらいで全治するので、実に奇蹟的である。而も薬毒などの副作用がないから安心である。ヂフテリヤの原因に就ては霊的が多いから後に譲る事とする。

 次は脳膜炎であるが、此症状は発病するや前頭部に火のような高熱が出ると共に、割れるような激痛で、眩(まぶ)しいのと眩暈(めまい)で、患者は目を開けられないので、之だけで脳膜炎とすぐ判るのである。此原因は毒の多い子供が、物心がつくに従って、頭脳を使うから、頭脳に毒素が集注する。それが前頭部であって、学校へ行くようになると猶更(なおさら)そうなるから、事実、其頃起り易いのである。処が茲に見逃し得ない問題がある。というのは熱を下げようとして極力氷冷するから、折角溶けかかった毒素を固めて了うので、頭の機能の活動は阻止され、治っても白痴や片輪になるので、特に恐れられるのである。処が浄霊によれば毒素が溶けて、目や鼻から血膿になって沢山出て了うから、頭の中の掃除が出来、反って頭脳はよくなり、例外なく子供の学校成績も優良となるのである。従ってそこに気が付きせめて氷冷だけでも廃(や)めたら、如何に助かるであろうかといつも思うのである。

  麻疹(はしか)は衆知の如く、生れてから罹(かか)らない人は一人もあるまい程一般的の病気であるが、此原因は親から受継いだ毒血の排除であるから、実に有難いもので、寧(むし)ろ病気とは言えない位である。それを知らないから、無暗(むやみ)に恐れ当局なども予防に懸命であるが、全く馬鹿々々しい努力である。故に麻疹は何等の手当もせず、放って置けば順調に治るものである。それを余計な事をして、反って治らなくしたり、生命迄危うくするのである。只此病気に限って慎むべきは、発病時外出などして、風に当てない事である。というのは、麻疹の毒が皮膚から出ようとするのを止めるからで、昔から言われている「風に当てるな、蒲団被って寝ておれ」とは至言である。というのは発疹を妨げられ毒が残るからで、再発や他の病原となるので注意するべきである。
 そうして麻疹は人も知る如く肺炎が最も発(おこ)り易いが、之は氷冷など間違った手当をする為で発疹は外部に出ず、内部を冒す事となり、肺胞全体に発疹する為で、肺の量が減るから、頻繁な呼吸となるが、其割に痰が少ないのはそういう訳である。此肺炎も何等心配せず、放っておけば二、三日で必ず治るものである。又麻疹が治っても、よく中耳炎や目が悪くなる事があるが之は毒の出損った分が、耳や眼から出ようとして、一旦其部へ固まり、高熱で溶けるのだから、放っておけば日数はかかっても必ず治るものである。

 次は日本脳炎であるが、此原因も簡単である。子供が夏日炎天下に晒されるので、頭脳は日光の刺戟(しげき)を受けて、背中一面にある毒素が、後頭部目掛けて集中する。其過程として一旦延髄部に集結し、高熱で溶け液体毒素となり、後頭部内に浸入する。その為眠くなるのであって、其他の症状も多少はあるが、右の液毒は脳膜炎と同様、目と鼻から血膿となって出て治るのである。何よりも発病するや、忽ち延髄部に棒の如き塊りが出来る。之はいくら溶かしても、後から後から集注してくるから、浄霊の場合根気よく二、三十分置き位に、何回でも浄霊するのである。すると峠をすぎるや、目や鼻から血膿が出始める。それが治る第一歩で、驚く程多量な血膿が出て治って了う。先ず数日間と見たらよかろう。之でみても此病気は何等心配は要らないのである。処が医学は原因も判らず、毒を出す方法もないから、無暗に伝染を恐れる。之も脳膜炎と同様、氷冷が最も悪く、其為長引いたり、命に関わったり、治っても不具になるのである。近来医学では蚊の媒介としているが、之は怪しいものである。然し吾々の方では簡単に治るのだから、そんな事どちらでもいい訳である。

 猩紅熱(しょうこうねつ)もヤハリ簡単な病気で、原因は先天性保有毒血が、皮膚から出ようとするもので、一時患部の皮膚は真ッ赤になって、細かい発疹が出る。重いのは全身に迄及ぶが、大抵は局部的か半身位である。之も放っておけば治るが、医療は氷冷や色々の手当をするので、長引いたり危険になったりするのである。此病気は治りかけた時、毛細管から滲出(しんしゅつ)する毒が、乾いて細かい瘡蓋(かさぶた)になり、之が伝染の危険多しとして非常に恐れるが、浄霊によれば二、三日乃至(ないし)一週間位で全治するのだから問題ではない。

 疫痢は割合多い病気で、且(かつ)死亡率も高いから、最も恐れられているが、此症状は最初から頻繁な欠伸(あくび)が特色で、全然食欲もなく、グッタリして元気がなく、眠りたがる等で、それらの症状があれば疫痢と見ていい。此原因は上半身にある殆んどの毒素が、浄化によって胃へ集まり、それが脳に反映し、脳症が起り易いので、医師は恐れるのである。然し浄霊によれば実に簡単に治り、一日か二日で全治する。

 小児麻痺も、近頃は仲々増えたようで、当局が最近法定伝染病の中へ入れた位である。然し此の病気は日本よりアメリカの方が多いようで、之も人の知る処である。此病原は霊的と体的とあるが、霊的の方は滅多になく、世間一般小児麻痺というのは体的の方で、言わば擬似であり、必ず治るものである。症状は足が満足に歩けないとか、片手が利かないとか、腰が動かない等であるが、就中(なかんずく)足の悪いのが一番多いようである。此原因は遺伝薬毒と、生後入れた薬毒の為で、どちらにしろ其薬毒が、足の一部に凝結するので、足を突いたり、動かしたりすると痛むのである。特に足の裏が多いが、此診断は訳はない。足や手全体を順々に押してみれば、必ず痛い所があるから、其処を浄霊すればズンズン治ってゆく。処が医療では一耗(みり)の毒も除る事が出来ないから、苦し紛れに色々な手当をするが、先ず気休め程度で、本当に治るものは一人もないという訳で、世界的恐るべきものとされているのである。
 そうして霊的の方は真症で、仲々深い意味があるから、之は後の霊的事項中に詳記する。以上の如く小児に関した病気は大体かいたつもりであるが、追加として二、三の心得おくべき点をかいてみよう。
 
 先ず子が生れるや、淋毒を予防する為として、眼に水銀注射をしたり、昔からよくマクニンなどを服ますが、之も異物であるから止した方がよい。乳も成可(なるべく)親の乳を呑ませるようにし、母親の乳だけで不足する場合は牛乳やミルクを呑ませてもよいが、親の乳が出ないという事は何処かに故障があるからで、それは毒結が乳腺を圧迫している場合と、胃の附近にある毒結が胃を圧迫し、胃が縮小しており、其為食事は親の分だけで子の分迄入らないという、此二つであるから、どちらも浄霊で速やかに治るのである。それからよく赤子の便が悪いと曩(さき)にかいた如く、母親が乳児脚気の為など言われ、乳を止めさせるが、之は誤りで親の毒素が乳に混って出るのであるから、寧(むし)ろ結構である。次によく微熱が出ると、知慧熱とか歯の生える為などというが、そんな事はない。ヤハリ毒の為の浄化熱であるから差支えない。又乳は誕生頃迄でよく、誕生過ぎても平気で呑ませる母親もあるが、斯ういう児童はどうも弱いから注意すべきである。又よく風邪を引いたり、扁桃腺などで熱が出るが、之も浄化であるから結構で、それだけ健康は増すのである。それから寝冷えを恐れるが、寝冷えなどという言葉は滑稽である。下痢などの場合、真の原因が分らないから作った言葉であろう。だから私の子供六人あるが、生れてから一人も腹巻はさせないが、十年以上になった今日、一人も何の障りもない。又私も三十年来腹巻をしないが、今以て何ともないのである。

タイトルとURLをコピーしました