岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「手術」(昭和二十七年) | 岡田茂吉を学ぶ

 『文明の創造』科学篇「手術」(昭和二十七年)

 近来、医学は大いに進歩したといい、取り分け手術の進歩を誇称しているが、私から見れば之程の間違いはあるまい。考える迄もなく、手術が進歩したという事は、実は医学が進歩しないという事になる。というと不思議に思うであろうが、手術とは言う迄もなく、病に冒された機能を除去する手段であって、病其ものを除去する手段ではない。判り易く言えば、病気と其機能とは密接な関係があるが本質は異っている。従って真の医術とは病だけを除って、機能は元の侭(まま)でなくてはならない筈である。処が医学が如何に進歩したといっても、病のみを除り去る事が不可能であるから、止むを得ず二義的手段として、機能をも併せて除去して了(しま)うのであるから、此事を考えただけでも、手術の進歩とは、医学の無力を表白する以外の何物でもない事が分るであろう。斯んな分り切った理屈でさえ気がつかないとしたら、今日迄の医学者は驚くべき迷蒙に陥っていたのである。従って何としても大いに覚醒して、初めから行(や)り直すより外あるまい。即ち医学の再出発である。処が今日迄其意味を発見した者がなかったが為、盲目的に邪道を驀進(ばくしん)して来たのであるから、何年経っても人類は、病気の苦悩から解放されないにみて明かであろう。

 以上の意味に於て考えてみる時、手術の進歩とは、医術の進歩ではなく、技術の進歩でしかない事が分るであろう。そうして尚深く考えて貰いたい事は、造物主即ち神が造られた万物中最高傑作品としての人間であるとしたら、仮にも神として人体を創造する場合、五臓六腑も、骨も、筋肉も、皮膚も、何も彼も無駄なものは一つも造られてない筈である。之は常識で考えても分るであろう。処が驚くべし、二十世紀に入るや、人間の形はしているが、神以上の生物が現われた。其生物は曰く、人体内には種々な不要物がある、盲腸も、片方の腎臓も、卵巣も、扁桃腺もそうであるから、そんな物は切って除(と)って了(しま)う方がいい。そうすればそれに関した病気は無くなるから安心ではないか、と言って得々として、メスを振っては切り除って了うのである。何と素晴しい超人的、否超神的存在ではなかろうか。処が不思議なる哉、此大胆極まる暴力に対し、現代人は無批判処か、随喜(ずいき)の涙を零(こぼ)している。而も、人民は疎(おろ)か、各国の政府迄も有難がって、之こそ文化の偉大なる進歩であると心酔し、援助し奨励迄しているのであるから、其無智蒙昧(もうまい)さは何と言っていいか言葉はないのである。としたら、此現実を見らるる流石の造物主も、呆れて唖然とされ給うと察せられるのである。そうして右の超神的生物こそ、誰あろう近代医学者という人間である。としたら全く彼等の人間を見る眼が強度の近視眼にかかっており、近くの唯物科学だけが見えて、其先にある黄金の宝物が見えないのであろう。

 然し私は、唯物科学を敢えて非難する者ではない。人類は之によって、如何に大なる恩恵を蒙(こうむ)り、今後と雖も蒙るかは、最大級の讃辞を捧げても足りない位である。といって何も彼もそう考える事が早計であって、唯物科学にも自ら分野があり、越えてはならない境界線がある。ではそれは何かというと、有機物も無機物も同一視する単純な考え方では、駄目であるという事である。つまり、唯物科学は、生物である人間も他の動物も、無生物である鉱物や植物と混同している錯覚である。というのは本来動物なるものは無生物ではないから、唯物科学の分野に入れてはならないに拘(かか)わらず、どう間違えたものか、入れて了った事である。之が根本的誤謬で、それによって進歩して来た医学であってみれば、手術という人体を無生物扱いにする行り方も当然であろう。又斯ういう点も見逃す事が出来ない。それは唯物科学の進歩が、余りに素晴しかった為、何も彼も之によって解決出来るものと信じて了った科学至上主義である。処が実際上動物はそうはゆかない。成程医学によって、一時的には効果はあるようだが、根本が誤っている以上、真の効果が挙らないにも拘わらず、それに気付かず、相変らず邪道を進みつつあるのである。

 そうして右の如く私は生物と無生物の関係を大体かいて来たが、今一層掘下げてみれば生物の中でも人間と他の動物とを同一視してはならない事である。といっても之は根本的ではないが、相当の異いさがある。例えば人間に対(むか)って、結核といえば直に神経を起し、悪化したり、死を早めるが、牛の結核を牛に言っても、何等の影響もないのである。従ってモルモットや二十日鼠(はつかねずみ)を研究して、人間に応用しても、決して良い結果は得られないのである。

 茲で前に戻って、再び手術に就て筆を進めるが、成程一時手術によって、治ったとしても、それで本当に治ったのではないから、暫くすると必ず何等かの病気が発生するが、医学は其原因に気が付かないのである。そんな訳で手術後の先には余り関心を持たないのである。然(しか)し考えても見るがいい、体内の重要機能を除去したとすれば、言わば体内的不具者となるのであるから、全然影響のない筈はない。例えば外的不具者で足一本、手一本処か、指一本、否指の頭だけ欠損しても、其不自由さは一生涯の悩みの種である。況(いわん)や内的不具者に於ておやである。而(しか)も外的不具者なら、生命に関係はないが、内的のそれは生命に至大の関係があるのは当然である。例えば盲揚の手術で、虫様突起を失うとすればどうなるであろうか、元来盲腸なるものは、重要な役目を持っている。それは人間の背部一面に溜った毒素が、一旦右側背面腎臓部に溜って固結し、少しづつ盲腸部に移行固結するが、或程度に達するや急激な浄化が起り、発熱、痛み等が発生し、溶解された毒素は下痢となって排除され、それで治るのであるから、実に結構に出来ている。処が可笑しいのは、此際医師は手遅れになると大変だから、一刻も早く手術せよというが、此様な事は絶対ないので、手遅れになる程反(かえ)って治る可能性が多くなる。之は理屈ではない。私は何人も其様にしたが、一人の間違いもなかったのである、寧ろ手術の為不幸になった例は時偶(ときたま)聞くのである。

 又盲腸炎潜伏を知るのは訳はない。医学でもいう通り、臍から右側斜めに一、二寸位の辺を指で押すと痛みがあるから直ぐ判る。然し原因は其奥にあるので、盲腸部だけの浄霊では全部の痛みは除(と)れない。盲腸炎の場合、右側腎臓部を指で探ると必ず固結があり、押すと痛むからそこを浄霊するや、忽(たちま)ち無痛となり全治するのである。治る迄に早ければ十数分遅くとも三、四十分位であって、間もなく下痢があり、それで済んで了うので、再発などは決してない。としたら何と素晴しい治病法ではなかろうか。処が医学では手術の苦痛も費用も、並大抵ではない。其上不具とされ、運の悪い人は手術の跡の傷が容易に治らず、数年かかる者さえある。稀には手術の為生命を失う者さえあるのだから、我が浄霊と比較したら、其異いさは野蛮と文明よりも甚だしいと言えよう。処が手術によって盲腸炎は治ったとしても、それだけでは済まない。前述の如く盲腸なる機能は、背部一面の毒素の排泄機関であるから、それが失くなった以上、毒素は出口がないから、大部分は腹膜に溜まると共に、腎臓部の固結も大きさを増すから、それが又腎臓を圧迫し、腹膜炎に拍車をかける事になる。之が主なる悪影響であるが、其他の個所にも溜るのみか、手術後腹力や握力が弱り、持久力や粘り強さ等も薄くなり、性慾も減退する。之等は体験者の知る処であろう。

 次は腎臓剔出であるが、此手術は腎臓結核の場合であって、痛みや血尿があるので、そう決められ剔出するが、此成績も面白くない。大抵は何かしら故障が起こる。その中で一番困るのは、残っている一つの腎臓は二つの負担を負わされるから、病気が起り易いと共に、剔出(てきしゅつ)する事も出来ず、どうしていいのか判らないという惨(みじ)めな人もよくある。というのは誰しも保有毒素が相当あるから、残った腎臓へ溜結するのである。その外全身的には弱体化し、歩行にも困難があり、腰を捻ったり、正座すら出来ない人もあって、先ず半分廃人である。処が最初から浄霊によれば、手も触れずして簡単に全治するのである。

 次は胃癌の手術であるが、之も仲々厄介である。之に就て遺憾に思う事は、切開してみると、癌が見当らないという過失をよく聞くが、患者は全く災難である。幸い予定通り切り除っても、大抵は時日が経つと僅かでも残った癌が広がってゆき、再度の手術をするようになるが、三度目になると不可能で、最早致命的である。そうして手術が成功しても、縮小した胃と腸と繋ぎ合すので、食物も少しづつ何回も摂らねばならず、而(しか)も医学の統計によれば、手術後の寿命は平均二年半とされている。それに就て医学は斯ういうのである。どうせ半年か一年で死ぬべきものを、手術によって一年でも二年でも延びるとしたら、それだけ有利ではないかと。成程其通りにゆけばいいが、事実は放って置けば三年も五年も生きられるものを、手術の為に縮められる例を、私は幾人となく経験したのである。又医学は癌の治療にラヂュームの放射をするが、之は反って悪化する。というのはラヂュームは癌を破壊すると共に、組織迄も破壊して了うからである。

  右の解説は真症胃癌に就てであるが、実は真症は少なく、大部分は擬似胃癌であり、擬似は勿論薬毒が原因である。それは薬の性質にもよるが、一旦吸収された薬は、時を経て毒に変化し胃へ還元し固まる。それが癌とされるのであるから、之は浄霊によれば非常に衰弱していない限り、必ず治るのである。
 右の外(ほか)卵巣徐去、乳癌の手術、中耳炎、瘍痒(ようちょう)、眼科、肋膜炎の穿孔(せんこう)、痔疾、横痃(よこね)、睾丸炎、瘭疽(ひょうそ)、脱疽、整形外科手術等々種々あるが、之等も大同小異であるから略すが、茲に二、三の書き残しをかいてみよう。それは各種の腫物であるが、之は手術をせず放っておけば、腫れるだけ腫れて自然に穴が穿(あ)き、そこから血膿が出て完全に治って了うものである。処が患者は痛みに堪え兼ねるので、医療は早く治そうとして手術するが、之が大変な誤りである。というのは手術にも時期がある。充分腫れてからなら左程の事もないが、そうならない内に行うと、今迄一ヶ所に集中していた膿は、其運動を止めて了い、他の近接部へ腫れ出すのである。之は手術処か、一寸針で穴を穿けた位でも、ヤハリ集溜が停止されるので、之は知っておくべき重要事である。之に就て斯ういう例があった。以前私は頼まれて某外科病院へ行った事がある。患者は四十歳位の男子で、よく訊いてみると、初め頸部淋巴腺に鶉(うずら)の卵位の腫物が出来た。早速医者へ行って穴を穿け、膿を出して貰うと、間もなくお隣へ同じような腫物が出来た。それを切ると又お隣へ出来る、という具合で、遂には反対側の方にも出来、それも次々切ったり出たりする内、遂には腫物の数珠(じゅず)繋ぎとなって、私を招(よ)んだのである。そんな訳で外部には腫れる場所がなくなったので、今度は内側へ腫れ出した。恰度(ちょうど)其時であったので、私と雖(いえど)もどうする事も出来ず、断って辞したが、其後数日を経て、咽喉(のど)が腫れ塞(ふさ)がり、窒息で死んだとの知らせがあった。之等は全く手術の為の犠牲者である。というのは最初腫物が出来た時、放っておけば段々腫れて、恐らく赤子の頭位に大きくなったであろうが、それでも放っておけば、終(つい)には真ッ赤にブヨブヨになって穴が穿き、多量の血膿が出て、完全に治って了い痕跡(こんせき)も残らないのである。

 次は、近来一部の医師で、脳の手術をするが、之等は勿論癲癇(てんかん)とか、脳疾患等の場合行うのであるが、之は何等の効果もない。何故なれば頭脳の機質性病患でなく、精神的のものであるからで、つまり霊的原因である。之に就ては霊の項目に詳記するから、茲では略す事とする。次は近頃流行の結核に関する手術療法で、之は肋骨を切り除(と)ったり、空洞のある患者には、合成樹脂の玉を入れたり、横隔膜を手術したりするが、之等は一時的効果で、反って後は悪いのである。要するに再三言う通り、手術なるものは、如何に有害無益なものであるかは、医学が一層進歩すれば分る筈であるから、最初に述べた如く手術の如き、野蛮的方法は、是非全廃して貰いたいのである。

タイトルとURLをコピーしました