岡田茂吉 薬毒 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

薬毒 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

 前項の如く今日迄、病気の浄化作用を知らず、それを固める事のみ専念したが、固めるという事は勿論浄化発生以前に還元させる事で、本当の事が判った眼からみれば愚の一字に尽きるのである。勿論自然は毒素を排除しようとするのを一生懸命に排除させまいとする事を治る方法と錯覚したのであるから全然反対であった。随而(シタガッテ)今日までの医学は健康者にしないように一生懸命骨折って来た訳である。然らばどうして其様な誤謬に陥ったかというと、浄化は苦痛が伴ふので薬剤を使用すると、苦痛が幾分か緩和するから、之で病気が治ると思ったのである。一言にして言えば、一時的効果に眩惑され、不知不識医の本道を踏違え今日に至ったのであるから、薬剤を唯一のものと思ったのも無理はなかったのである。これが為長い間薬剤本位に進んで来た医学は、真の医道ではないから治りそうで治らない為次々新薬が出来る。此結果現在薬の種類の多い事は恐らく何百何千に上るであらう。而も今以て新薬の出現が絶えないのは右をよく物語ってゐるのである。

 右の如く薬剤迷信に陥った医学であるから、今日吾々が病気の原因が薬剤の為である事を説いてもあまりの意外に到底信じ得られないのである。

 よく言ふ言葉に、薬はいくら服んでも注射してもさっぱり効かないとは長い病人のいつもいふ言葉であるが、之を聞く毎に私は斯う答えるのである。薬が効かないなどとはとんでもない間違ひである。効かないものなら心配する必要はないが、実は効き過ぎる位効くのである。といふのはよく効くのではなく悪く効くのである。即ち薬は病気を作るからで、もし人間が薬を用いなくなれば病気は消滅して了ふであらう。とすれば人類史上之程意外であると共に大問題はあるまい。之によって私は薬毒を知らしめる事が、先づ人類救済の第一歩であると信じ徹底的に説くのである。

 随而、此地球上に薬といふものは一つもない。全部毒である。毒によって人体を衰弱させ、浄化停止される程よく効く薬といふ訳である。私はいつも言ふが新薬を造って金儲けをするのは訳はない、それは死なない程度の毒の強い薬を造ればよく効くから最も効果ありとされ、流行薬となる事請合である。以上の理によって今後と雖も何程新薬が出現しても真に病気を治し得るものは一つもない事を断言して憚らないのである。近来注射が流行るが、服めば中毒を起す程の強烈な毒薬であるから服む薬よりよく効く訳である。

 そうして薬毒によって一時的苦痛緩和の結果はどうなるかというと、その薬毒は人体に残存するのである。処が医学では副作用のある薬毒もあるにはあるが、薬毒は凡て消失するといふのであるが、之程の間違ひはない。それは薬毒発見までに医学は進歩してゐないからである。何となれば、人体の消化器能は天与の食物のみに限定されてをり、それ以外の異物は処理されないように出来てゐるからである。実に造化の妙は自然の二字に尽きるので、処理され得ない異物である以上、薬毒は殆んど残存する。それが時日を経るに従ひ、各局所に集溜し固結する、之が凡ゆる病原となるのである。

 何よりも医療を受ける程病気は殖え次第に悪化するにみて明かである。又余病発生といふ事もその為である。即ち一の病気を治そうとして二となり、三となるといふように病気が殖えるのは、医家も常に経験する処であらう。もし真に薬剤で治るとしたら三の病が二となり一となり零となるべき順序ではないか、此判り切った事に今迄気がつかなかった事は実に不思議といふべきである。

 右の理によって罹病するや、放任しておけば大抵は治るものである。もし容易に治らないのは薬毒多量の為であるから、そのような場合気永にすれば漸次治癒に向ふのは当然である。処がその理を知らない医学は、人為的に治そうと骨を折れば折る程逆効果となり、漸次重体に陥り死に迄至るのである。

 嗚呼、医学の誤謬たるや何と評すべきか言葉はないのである。今日迄数千年間此理を知らなかった為何億の人間が犠牲になったかは計り知れないであらう。然るに私が此発見をしたといふ事は、時期到って神が人類救済の為、私を通じて公開されたのである、といふ事はいよいよ人類の理想である病無き世界が茲に実現するのである。

タイトルとURLをコピーしました