『文明の創造』科学篇「薬毒の害」(昭和二十七年)

  前項に説いた如く、人間の罪が魂の穢れとなり、それが心を介して霊の曇りとなり、それの浄化が病気であるとしたら、其曇りを解消する以外、病を治す方法のあり得ない事は余りにも明かである。処が西洋に於てはヒポクラテス、東洋に於ては彼の神農氏が、病人に薬剤又は薬草を服(の)ますと、一時的苦痛が緩和されるので、之を可として医術の始祖となったのであるから、此時から既に誤謬は発生した訳である。成程薬を用いれば、一時的苦痛が減るので、之こそ病を治すべき方法と、単純に考えたもので、其時代の人智の程度としては、無理もなかったのである。それが現在迄続けて来たのであるから、今迄の人間の迷蒙さは不思議としか思えないのである。

   処が、私が生まれた事によって、此人類の不幸の源泉たる病気が解決される事となったので、全く有難い時が来た訳である。従って之によって文明は百八十度の転換となり、理想世界実現となるのは勿論であろう。

 右の如く、人類は古い時代から薬剤を体内に入れつつ、今日に到ったのであるから、現代人悉くは薬剤中毒に罹(かか)っている。曩(さき)にも述べた如く、薬剤なるものは有毒物である以上、体内に残存して病原となるに拘わらず、医学は薬毒は自然消滅するように思っているが、之が大変な誤りで、実は薬毒は生命の在(あ)らん限り消滅しないのが原則である。之に就て私の体験をかいてみよう。私は今から三十六年以前、入歯をする為歯を抜き、其穴へ消毒薬を詰めた処、歯痛を起し始めたので、それを治すべく又薬を用いた処、漸次痛みは増すばかりなので、次から次へ有名な歯科医に罹ったが、どうしても治らず、遂に二進(にっち)も三進(さっち)もゆかなくなって了った。何しろそれ迄に四本の歯を抜いた位であるから、如何に酷(ひど)かったかが判るであろう。それでも治らず、而も薬毒は頭脳迄も犯して来たので私は結局発狂か自殺かの運命にまで押詰められて了ったのである。然(しか)るに天末(いま)だ吾を捨てざるか、或動機によって薬の為である事が判り、それから歯科医を廃(や)めた処、漸次治って今日に到ったのであるが、驚いた事には今以て少しではあるが痛みが残っており、毎日のように自分で浄霊をしている。之によってみても薬毒は数十年掛っても消滅しない事がよく判るであろう。

   右によっても分る如く、薬剤は決して消えない事である。ではどういう訳かというと、本来造物主は人間を造ると共に、人間が生きてゆけるだけの食料や其他一切のものを造られており其為に土壌や海川に其力を附与され、植物鉱物等は元より、空気日月星辰悉(ことごと)くがそうである。そうして単に食物といっても一定の条件がある。条件というのは食うべきものと、食うべからざるものとが別けられてある。従って其必要から人間には味覚を与え、食物には味を含ませてある。又食物の種類も色々あり、悉く人間の健康や環境に適合するよう造られている。例えば塩分が必要な時には塩辛い物が食いたくなり、甘味が必要な時は甘味が食べたくなり、水分の必要な場合は咽喉(のど)が渇くというように、自然は必要によって意欲が起るように造られている。それと共に消化機能も一定の条件に適うように出来ている。即ち食うべきものは悉く消化されるが、食うべからざるものは、処理されないで残存する。此理によって薬剤は異物であるから、消化処理されないので、之が古くなると毒素に変化して了う。その毒素の排除作用が病気であるから、病原はとりも直さず薬剤という事になる。喀痰、鼻汁、汗、膿、毒血などは悉く薬毒の変化したものであるから、世に薬剤程恐るべきものはないのである。

  之を知らなかった人類は、病気を治そうとして病気を作って来た訳である。何と重大誤謬を犯して来た事に気がつくであろう。実に世に之程な愚な話はあるまい。としたら此一事だけを人類に知らせるとしたら、如何に大なる救いであるかは、今更贅言(ぜいげん)を要しないであろう。何よりも此私の説を信じて、専門家諸君は病気と対照してみるがいい。一点の誤りない事を知るであろう。

   右によってみても判る如く、長い間人類は病気に対する誤った解釈が因(もと)となり、病気の解決処か、逆に病気を作り病気の種類を増やしつつ今日に到ったのである。然も此誤謬(ごびゅう)が貧之と戦争の原因ともなっているのであるから、何よりも此蒙を啓(ひら)かなければ真の文明は生れる筈(はず)はないのである。従って現在の人間は薬毒の無い原始時代の人間に比べれば、その健康の劣弱さは比較にはならない程で、無薬時代の人間の寿齢が、百歳以上が普通であった事など、種々の記録や文献等にみても余りに明かである。私は彼の武内宿弥(たけのうちすくね)の寿齢三百六歳という有名な話は、本当とは思っていなかったが、先年武内家の家系を見た処、之は確実である事が判った。武内家の祖先の中、最長寿者は三百四十九歳で、次は三百二十何歳、次は三百十何歳、武内宿弥は確か四番目であったと記憶している。此時代は今から二千年以前から千六、七百年前位にかけてであるから、まだ漢薬の渡来以前であった事は間違いない。又神武天皇から千数百年迄は、天皇の寿齢は殆ど百歳以上であった事は記録に明かである。
 近来、米国及び日本人の寿齢が、些(いささ)か延びたといって喜んでいるが、此原因は医学の進歩の為ではなく、他に原因があり、之は後にかく事にするが、要するに一切の病原は薬毒である事が判ればいいのである。病気の為の痛み、痒(かゆ)み、発熱、不快感等、凡べての苦痛は、悉く薬毒が原因である事は、私の多数の経験によるも絶対誤りはない。勿論遺伝黴(ばい)毒も、癩病(らいびょう)、天然痘、麻疹(はしか)、百日咳等の先天的保有毒素も悉く薬毒である。何よりも現代人で全然無病の人は、恐らく十人に一人もないであろう。どの人をみても何かしらの病気を持っている。数人の家族で病人のない家は、珍しいとされており、一人や二人は一年の内に入院する者のない家庭は殆んどあるまいと共に、一年中一滴の薬を服まない人も稀であろう。此様に現代人は弱体となっているから、病気を恐れる事甚だしく、此為に要する費用、不安、努力の為に及ぼす影響も、蓋(けだ)し甚大なものがあろう。

   従而(したがって)、此世界から薬剤悉くを海へ投げ捨てたとしたら、其時を期とし病気は漸減(ぜんげん)し、何十年後には、病なき世界の実現は断言し得るのである。

 次に、之から主なる病気に就(つい)て解説してみるが、人体の基本的機能としては、何といっても、心臓、肺臓、胃の腑の三つであるから、これから先にかいてみよう。

タイトルとURLをコピーしました