岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「薬毒の種々相」(昭和二十七年)  | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「薬毒の種々相」(昭和二十七年) 

  凡ゆる病原が薬毒である事は、充分納得出来たであろうが、単に薬毒といっても、非常に多くの種類がある以上、それによる症状も自(おのずか)ら千差万別であるのは言う迄もない。それ等に就(つい)て詳しくかいてみよう。

 先(ま)ず洋薬であるが、之にも服薬、注射、消毒薬、塗布薬等種類があるから、先ず服薬から取上げてみるが、之は昔から一番多く用いられており、其種類も何千何万あるか、数え切れない程あって、気が付いてみれば之等も可笑しいのである。何故なれば、如何なる病気と雖(いえど)も、其原因は一つであって、其現われ方の局部によって、種々なる病名が付くのであるから、本当から言えば、効く薬なら唯(た)った一つでいい訳である。処が右の如く多数あるという事は、全く真に効く薬がないからである。

 そうして口から服む薬は、強すぎると口が荒れたり、中毒したりするから、大いに弱めたと言い条(ながら)、何しろ一日数回で何日、何十何百日も服(の)むとしたら、いくら少ない毒素でも相当の量に上るのである。そうして面白い事には洋薬による苦痛は鋭い痛み、痒み、高熱、麻痺等凡て強烈であるが、漢薬の苦痛は鈍痛、重懈(おもだる)さ、微熱等で緩徐(かんじょ)的である。又疫痢(えきり)に対する箆麻子(ひまし)油とか、便秘に用いるカスカラ錠とか、其他色々な新しい薬もあるが、成程一時は効くが結局は悪くなる。下剤も糞便処理の機能を弱らせるから、一層便秘する事になる。又下剤を服む、便秘するというように鼬鼠(いたち)ゴッコになり、遂に慢性便秘症となるのである。而(しか)も僅(わず)かづつでも其薬毒が溜る以上、他の新しい病原となるが、此為の病気は腎臓が多い。又腸を掃除するといって下剤を服ませるが、之なども実に馬鹿々々しい話で、掃除はチャンと腸自体が具合よくするのだから、余計な事をして妨害するからいい訳はないのである。言う迄もなく不潔不必要なものが溜れば、腸は下痢にして出すように出来ている。疫痢なども私の長い経験上、箆麻子油を服まさない方が結果がいいのである。茲で浣腸に就ても注意したいが、之も非常に悪い。ヤハリ之も下剤と同様、腸の活動を鈍らせるからである。考えてもみるがいい。糞便という汚物が溜れば、自然に肛門から出るように出来ている。それだのに外部から誘導して出すなどは、何たる反自然的行為であろうか、考える迄もなく駄目に決っている。又よく解熱手段として浣腸を行うが、之は熱と糞便とは何等関係ない事を知らないからである。以前斯ういう患者を扱った事がある。それは三歳の男児で、腹が太鼓のようになっている。訊いてみると生まれて早々から浣腸を続けて来たので、段々癖になり、浣腸をしなければ便が出ないようになって了ったので、遂(つい)悪いと知りつつも、余り苦しがるので止める事が出来ないと言うので、私は医学の無智に呆れたのである。今一つは医学は便秘すると自家中毒を発(おこ)すとよく言われるが、之なども全然意味をなさない。医学は便が溜ると、便毒が身体中に廻るように想うのだろうが、実に滑稽である。便はどんなに溜っても便の袋以外に滲出(しんしゅつ)するものではない。溜れば溜る程段々固くなるだけであるから、何程溜っても健康には些かも支障はないのである。私の経験から言っても、一、二ヶ月位はザラで、ひどいのになると半ヶ年も出ない者があったが何ともなかった。以前或婦人雑誌に出ていたが、二ヶ年もの人があったそうだが、何共(なんとも)なかったという事である。之で見ても便秘は心配ないのである。

 次に、感冒、結核、胃、腸等に関する薬剤は既に述べたが、其外(ほか)脳に対する鎮静剤、点眼薬、含嗽(うがい)薬、利尿剤、毒下(くだ)し、温め薬、強壮剤、増血剤、風邪引かぬ薬、咳止、痛み止等々凡ゆる薬剤は、悉く病気増悪の原因となっても、病気を治し得るものは一つもないのである。それに就て種々な実例を示してみるが、先ず頭痛に用いる鎮痛剤など、一時は一寸(ちょっと)効果を見せるが、遂には癖になって、不知不識(しらずしらず)の裡(うち)に其余毒が溜り、種々な病原となる。又点眼薬は最も不可で、目星などでも固(かた)めて了うから、反(かえ)って治り難(にく)くなる。又世人は知らないが、点眼薬はトラホームの原因ともなるから注意すべきである。之は点眼薬にもよるが、事実は眼瞼(まぶた)の粘膜へ薬毒が滲透し、年月を経て発疹となって出ようとするからである。又悲しくもないのに常に涙の出る人は、点眼薬が時を経て涙に変化したものであるから、出るだけ出れば自然に治って了う。処が医学は涙嚢(るいのう)の故障などというが、見当違いも甚だしい。又目脂(めやに)は前頭部の毒素又は眼の奥の浄化によって排泄されるものであるから非常にいいので、何よりも如何なる眼病でも目脂が出るようになれば必ず治るのである。

 次は鼻薬であるが、鼻薬の中、特に恐るべきはコカイン中毒である。よくコカインを吸う癖の人があるが、一時爽快なので止められなくなり、長い間に脳を冒して、夭折(ようせつ)する人も少なくないが、特に芸能人に多いようである。

 次に含嗽(うがい)薬であるが、之は極く希薄な毒ではあるが、終始用いていると、口内の粘膿に滲透し、毒素となって排泄する時、粘膜が荒れたり、加答児(かたる)を起したり、舌がザラザラしたり、小さな腫物など出来たりするから廃(や)めた方がいい。特に咽喉(のど)を使う芸能人には最も悪い。又一般水薬に就ても同じ事が言える。長い間にヤハリ粘膜から滲透した薬毒は右と同様になるが、薬が強い為悪性である。而も意外な事には舌癌も之が原因である。処が医学は薬で治そうとするから、病を追加する訳である。又薬入り歯磨なども、歯を弱める事甚だしいのである。

 次は塗布薬であるが、之も仲々馬鹿にはならない。塗布薬の毒素が皮膚から滲透して、種々の病原となる事がよくある。以前斯ういう患者があった。最初身体の一部に湿疹が出来た処、医師は悪性として強い塗布薬を塗ったので、段々拡がり二、三年の内には全身に及んで了った。それまで有名な病院に掛かっていたが、もう駄目と曰(い)われ、私の所へやって来たのであるが、私は一目見て驚いたのは、身体中隙間もなく紫色になっており、処々に湿疹が崩れ、汁が流れており、痒みよりもそれを打消す痛みの方が酷(ひど)いそうで、夜も碌々眠れないという始末なので、流石の私も見込ないとしとして断ったが、それから一、二ヶ月後死んだのである。

 又斯ういう面白いのがあった。此患者は肩や背中が凝るので、有名な或膏薬を始終貼っていた処、長年に及んだので、膏薬の跡が背中一面幾何学的模様のようになって了い、いくら洗っても落ちないという事であった。それは膏薬の薬毒が皮膚から滲透して、染めたようになって了ったので、而も絶えず相当痛みがあるので、私も随分骨折ったが、余程強い毒と見えて、一年位で大体治ったが、たかが膏薬などと思うが、決して馬鹿にはならない事を知ったのである。

  今一つ全然世人の気のつかない事がある。それは有名な仁丹で、此中毒も相当なもので、之は幾人もの例で知った事だが、仁丹常用者は消化機能が弱り、顔色も悪く病気に罹り易くなる。今日問題となっている麻薬中毒の軽いようなものである。

 茲で、薬毒中の王者ともいうべきものを一つかいてみるが、それは彼の駆黴(くばい)剤としての六〇六号、一名サルバルサンである。之は砒素(ひそ)剤が原料となっている位で、耳掻一杯で致死量となる程の劇薬であるから、浄化停止の力も強いので、梅毒の発疹などにはよく効く訳である。勿論浄化によって皮膚へ押出された発疹であるから、一度サルバルサンを注射するや、症状は忽ち引込むという訳で、一時は綺麗になるが根本的ではない。之は医学でもサルバルサンは一時的で、他の駆黴療法を併せ行わねばならないとしている通りである。之に就て私は大発見をした。というのはサルバルサンの薬毒は頭脳に上り易く、上ると意外にも精神病になる事が多いのである。すると医診は梅毒が脳に上ったと思うが、何ぞ知らん、実際はサルバルサンが脳を犯したのである。之は専門家諸君に於ても、此理を心得て充分研究されたら分る筈である。

 次に、一般注射に就ての誤った点であるが、注射と雖も一時的浄化停止であるから、効力も一定期間だけであるが、副作用がなければ結構だが、其余毒は他の病原となるから厄介である。そうして近来伝染病に対し、それぞれの予防注射を懸命に行っているが、遺憾乍ら伝染病の根源が全然不明であり、治す方法もないから、止むを得ないとしても、予期の効果は仲々得られ難(にく)いのである。処が我浄霊法によれば梅毒も伝染病も、至極簡単に治るのだから、之が一般に知れ渡ったとしたら、予防注射の必要などは全然なくなり、大いに助かるのである。茲で予防注射による弊害をかいてみるが、先ず予防注射による薬毒の悪影響が、最も明かに表われるのは、膝から下に小さな腫物が出来る事である。之も放任しておけば、或程度腫れて自然に穴が穿き膿化した注射薬が出て治るものであるが、それを知らない医学は、塗布薬を用いたり、切開したりするので長引く事になる。而も注射によっては、脱疽や瘭疽(ひょうそ)の原因ともなり、指を切られる事さえある。而も運の悪い人は、それが因で生命に迄及ぶ事さえ往々ある。以前私はそういう患者を扱った事がある。四十歳位の人妻で、注射の薬毒が足首へ垂れて、腫物となった処、医療は切開したので仲々治らず、益々悪化し激痛も加わり、拡がってもゆくので、医師は足首と膝との中間を切断するより方法がないというので躊躇(ちゅうちょ)していた処、私の話を聞き訪ねて来たのである。何故それ程悪化したかというと、全く切開後使用した消毒薬の為である。

 茲で、消毒薬に就て説明してみるが、之は薬毒中最も恐るべきものである。元来消毒薬とは殺菌力が非常に強いので、中毒を起し易く、而も手術の場合、直接筋肉に滲透するから、猶更(なおさら)影響も大きい訳である。故に之が為種々の病原となるので、此理と実際とを、医家は照し合してみて貰いたいのである。

 右の例として、今も記憶にまざまざ残っているものに斯ういうのがあった。七、八歳の女児、珍しい病気との事で、その家へ招かれた処一目見て驚いたのは、患者は右側の唇から頬へかけて、鶏卵大位頬が欠損していて、歯茎まで丸見えである。勿論食物を口へ入れても出て了うから、僅かに牛乳を流し込むようにして、漸(ようや)く生きているという始末である。その原因を訊(き)いてみて二度吃驚(びっくり)した。というのは、最初口辺に小豆粒位の腫物が出来たので、医師に診て貰うと、之は水癌という非常に悪性なものだから、強い薬で焼いて了わなくてはいけないと言って、その様にした処、一週間で右の如く焼け切れたというのである。察するに消毒薬ではないが余程強い薬であった為であろうが、手のつけようがないので、私は断って帰ったが、それから一ヶ月程経て死んだとの事であるが、之なども実に考えさせられるのである。

 そうして、注射薬にしろ消毒薬にしろ、目方の重い軽いがあって、重い程下降し、最も重いのは膝から下、足の裏迄垂れて来て固まる。そうなると足の裏が痛くて地につけないで歩行困難となる。又薬によっては下降して膝から下に溜り、痺(しび)れるので脚気とよく問違えられる。其他神経痛、リョウマチスの原因も薬毒であるから、私は何よりも先ず薬毒の恐るべき事を、専門家に自覚させたいので、之だけでも人類に与える福祉は、蓋(けだ)し計り知れないものがあろう。

タイトルとURLをコピーしました