岡田茂吉 手術について (『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行) | 岡田茂吉を学ぶ

 手術について (『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行)

 日本もそうだが特にアメリカに於ては、近来手術の進歩を誇称し、大いに励行しているが、これは大変な誤りである。というのは手術の進歩とは、医術の進歩ではなく寧ろ退歩であるからである。何となれば真の医術とは、病に冒されている臓器その物を除去するのではなく、臓器はその儘にしておいて、病だけを除去するのが本当であるからである。しかもその為肉を切り、出血をさせ、非常な痛苦を与えるのみか、内部的不具者にするのであるから、医術処か非医術であるに拘わらず、これを進歩した方法と信じているのであるから、その無智なるいうべき言葉はないのである。

 しかも人間は、身体の一部と雖も毀損(キソン)する以上、その影響のない筈はない。例えば盲腸炎にしても、膿だけ除るのならいいが、医療はそれが不可能な為、虫様突起までも共に切除してしまうのであるから、野蛮極るというべきである。何となれば造物主は人体に不必要なものは一つも造ってない筈である。これについてよく医家は盲腸は不必要だとか、腎臓は両方なくても差支えないなどというが、これは全くその必要性が不明であるからで、如何に今日の医学が幼稚であると共に、一面神への冒瀆でもある。何となればそんな理屈をいう医学者自身も神から造られたものではないか。何よりも盲腸手術後一時は健康になったようでも暫くすると他の病気が必ず起る。というのは元来盲腸の役目は下半身の毒素排除の機関であるからである。今それを詳しくかいてみるが、初め毒素は背面右側腎臓部に集溜固結し、少しずつ解けて盲腸部に移行し固結する。それが或程度に達するや浄化が起って発熱し溶解される。その苦痛が盲腸炎であるから、その際右の腎臓部を見れば必ず固結があり、圧すと痛むからよく分る。其処を浄霊するや忽ち盲腸の痛みは去り、間もなく下痢があって治るのである。

 この理によって盲腸炎発病するや、何等治療もせず、寝ているだけで三、四日乃至一週間も経てば必ず全治し、生命の危険など聊かもないのである。処が医師は手遅れになると生命の危険ありとし、手術を奨めるが、吾々から見ればその盲点に呆れるばかりである。右の如く毒素排除の役目である盲腸がなくなるとすれば、其処へ集溜せんとする毒素は、止むなく腹膜や腎臓部に溜る事となり、それが原因となって、反って盲腸炎よりも始末の悪い病気が起るし、尚又手術の際の消毒薬が濃化し排除されようとし、種々の病を起こす事がある。それは悪性歯痛、中耳炎、結膜炎、顔面の腫物等である。

タイトルとURLをコピーしました