岡田茂吉 浄霊医術 『アメリカを救う』 昭和28年1月1日発行 | 岡田茂吉を学ぶ

浄霊医術 『アメリカを救う』 昭和28年1月1日発行

 これから米国に於ける現在の病気状況の調査表と併わせて、私が創成した治療法(浄霊法)によって全快した人達の感謝報告を載せるが、これは全部本人手記のものであるから一点の間違はないので、万一疑のある人は、宿所姓名を詳しくかいてあるから、本人にブツかって聞けば何よりである。しかし専門家も一般人もこれを見たら、現代医学に比べて余りに卓越せる治病力に到底信じられないであろう。しかも施術の方法は患者から数尺離れて、空間に手を翳すだけで、時間は十分乃至三十分位の短時間で終り、何等の器具も費用も要らないで、一人で一日数十人の患者を施術出来るのであるから、これこそ最も進歩せる理想的医術である。そうして文中明主様とあるのは無論私の事である。

 尚驚くべき一事は、何等医学の養素もなく普通教育程度の者なら、商人でも、労働者でも、農民でも、官吏、会社員でも、数日間の教修によって、この技術が習得されるのである。その結果大病院から見放された者、博士から死の宣告を受けた患者でも、一時的ではなく根本的に治るのであるから、実に二十世紀の奇跡である処か、世界肇って以来未曾有の大奇跡と言ってよかろう。今この治病効果を医学に比べたら、医学が一とすればこれは百といっても過言ではあるまい。故にこの医術が世界中に行渡るとしたら、茲に病亡き世界の実現は期して待つべきである。

 では斯く如き素晴らしい治病法が、何故今世紀に生まれたかというと、これを徹底的に説くには、どうしても宗教的にはならざるを得ないと共に、進んで本教信者になるより仕方ないが、それは別として本著の目的は、現在のアメリカの状況を知って到底黙止出来ないので、取敢えず警告の第一歩として発表するのである。そうしてこれに関して最も重要な一事はこのような驚くべき病理の発見と、それに伴のう治病力を与えられたという理由であるが、これこそ神エホバの神意の発動によって、私をして最後の救いを行わしめんが為であって、この点深く銘記されたいのである。その証拠として彼のキリストの治病奇跡である。現在数十万に上る私の弟子が日々顕わしつつある奇跡は、キリストと比較して勝るとも劣らない例も数多くあるので、これら等多数の奇跡中から、その一部を載せたのである。

 そうしてこの報告は、目下の所一ヶ月百数十から二百通に上ってをり、しかも月々増えつつあるので、本教発行の週刊栄光新聞並びに月刊雑誌に満載されているが、近来載せ切れなくなったので、嬉しい悲鳴を挙げている程である。又実例中特に癌、結核、精神病、小児麻痺の四種は、現在米国で最も困っている病気であるから六例宛を載せ、他は三例宛にしたが、この例も別段顕著なものを選んだのではなく、手当たり放題採り上げたものである。というのは何れも大同小異で選択の必要がないからである。

 処で遺憾に思うのは、この著を読んで心が動き、直ぐにも浄霊を受けたい米国の人も多数出来るであろうが、今の処不可能であるから暫く待たれたいのである。というのは我方において出来るだけ早く、優秀な浄霊施術者を選んで出張させるべく、目下準備中であり、遅くも来年上半期中には実現の運びになる予定であるからである。しかしこの著を熟読玩味しただけでも病気の本体と医学の根本が或程度分る以上、それだけでも相当の効果がある筈である。ではこれから個々の病気について解説する事にする。

タイトルとURLをコピーしました