岡田茂吉 『アメリカを救う』 広告文 (読売 昭和二十八年一月二十四日) | 岡田茂吉を学ぶ

『アメリカを救う』 広告文 (読売 昭和二十八年一月二十四日)

      本書は……英訳して米国の識者に頒布する為のものであるが、特に日本の識者、医事関係者、病人にも広く読んで戴き度く、茲に邦文出版の運びになったものである。

      最近本教の調査によれば、米国に於ける病人の数は年々増加の趨勢にあり、現在医師の診療を受けている者だけでも、一千七百万人というのであるから、同国の人口一億五千万に対し一割強に当る訳である。従ってこの儘を続けるとしたら、将来恐るべき事態に立至るのは言う迄もあるまい。何しろ世界の平和維持に対し唯一の強力国家としての同国々民の体力が弱るとしたら由々しき大事である。原因は勿論医学の誤謬にあるのであるから、その誤謬を同国民一般に知らせ、真の医学に目醒めさせるのが本著の目的であって、現在最も困っている病気の一々についてもその原因、療法等を根本的に説くと共に、その例証として我浄霊法による全快者数十人の手記をも載せてあるから、日本人にも他山の石として推奨する所以である。

タイトルとURLをコピーしました