岡田茂吉 明主様と読売新聞社科学部次長 為郷恒淳氏との御対談 現代人の悩みは何? (栄光百七十九号 昭和二十七年十月二十二日) | 岡田茂吉を学ぶ

明主様と読売新聞社科学部次長 為郷恒淳氏との御対談 現代人の悩みは何 (栄光百七十九号 昭和二十七年十月二十二日)

      秋風戦(そよ)ぐ十月四日箱根神山荘の応接間に於て

現代人の悩みはなに

為郷氏 : 私は科学部の次長をして居りますが、科学部と言いましても、自然科学ばかりではなく、精神科学の哲学、宗教と言う面もやる様に言われていますが、今のところ紙面が、あまりありませんが、そのうち紙面が出来たら宗教欄の様なものを作ろうと思っております。又其様な読者の要望もありますし、世の中がそう言う傾向でありますので……一度お目に掛って御挨拶を申し上げたいと思って居りましたところ、幸い「新宗連」の大石先生が私の大学の先輩でありますので、御無理を御願いして参上したわけです。

大石氏 : 御存知の様に今迄新聞が余り調査もしないで新宗教を悪く書いて来たので、こういう人達が教団の教祖方に会って話し合い卒直に理解してもらい、現場に当たる新聞記者を指導してもらいたいと言うのが狙いなのです。

明主様 : 良いことですね。

為郷氏 : 記者の指導もそうですが、若い記者は宗教というものは理解もないし興味もないので、大石さんのおっしゃる様には中々旨くゆかないと思ってますが。

明主様 : 我々もいわゆる宗教には余り興味がありませんよ。宗教家が斯んな事を言うのは可笑しいが、と言って科学でもしょうがないのです。特に現代の青年層などが、学校で科学を習って社会に出ると結局科学では駄目だという事が分って、やはり理屈通りに行きませんので、もっと深い大きな何かを欲しいと言う希望は必ず起るのです。では宗教をといったところで、どうも今迄の宗教と言うものは、あまりに現実離れがして、やる気になれないという感じが……非常に多いと思います。しかしそうかと言って、マルクスの方は感心出来ないので、フラフラして居る者は大変な数でありましょう。それでも何かを目標にしなければならない、という訳ですが、既成宗教はあゝ言う風に固まってしまって興味がないばかりか、もう内容根本が分ってますから、それを研究したところで理屈だけは旨く出来てますが、それに心血をそそぐとか、大いに期待をかけるとかは出来ないのです。そこで新宗教と言うことになりますが••••新宗教は今迄の既成宗教にないものをそれぞれ持っています。もちろん既成宗教と同じでは発展性もなにもないのですが ……では、どのやうな理念が未来のそう言った力になるかと言うと、それが又難かしいのです。私なら大いに自信がありますが、そうかと言って、大体新宗教と言うものは、相当長い間軽蔑されてますから、こうだと言った処で、ただちにそれに飛び附いたり呑み込む事は難かしいですし、時代もそう言う現状です。私の方ではそれらを救う自信がありますから、それを一生懸命にやっている訳なのです。今は新宗教氾濫時代ですが、之が結局整理されます。これは時の問題です。本当に良いものだけが残ると言ふ訳でしょう。

  一厘の神様のお仕組みとは

    為郷氏 : 明主様これはどんなものでしょうか。大分前から疑問に思って居りました事ですが、真理とか、正しい教えとか言うものは、世の中には一つしかないのではないでしょうか。

      明主様 : 無論そうです。真理と言うのは一つしかないのです。

      為郷氏 : そう致しますと昏迷して来る事になりますが、之が外国の様にキリスト教一本でありますと、宗教は楽なのです。

      明主様  :そうです。日本くらい多いのは無いでしょう。之は全く……が日本の特徴なのです。その点を言いますと、とにかく日本は、世界のあらゆるものを綜合して新しい文化を作るという使命があるのです。ですから日本には宗教でも他のあらゆるものでも一番数多くあります。それは芸術でも文学、美術、演芸でもそうですし、衣食住もそうです。というのは、日本から綜合したものが出来るのです。ですから真理と言うのは全般にいくのです。共産主義とか資本主義とか言うのは真理ではないのです。それが含まれ最高道徳によって律せられるもの、それが真理です。そこで宗教も、日本には世界中の宗教が綜合された様なものが出来るに違いないのです。それで真の文化と言うのは宗教が中心です。宗教から哲学、科学となっているのです。ですからアメリカの文化は結局キリスト教が中心です。最初ピューリタンがアメリカに渡ってそうして開拓したのです。そうして宗教が中心なるが故にアメリカの文化というものは世界中に非常に共通性があると言いますか…それに対して共産主義というものがしきりにやってますが、あれも必要なのです。あれも手伝って矢張り本当のものが生まれます。そうして神様と言うのは結局善悪両方を作って、それを闘はせて本当に良いものを生んでいくのです。今迄は、唯物文化が発展する時代だったので、唯物文化が善悪の争いによって生まれたのです。原子科学も飛行機でもそうです。ですから悪も必要だったのです。この見方と言うのは主神(スシン)の見方です。主神は善悪両方共造ったのです。ところが今迄の宗教というのは、善のほうの神様丈なのです。それで善のほうの神様丈では物質文化は出来ないのです。発達しないのです。ところがそういうやり方は無限ではないのです。ある時があるのです。というのは、あまり物質文化が発達した為にそれを悪が利用して、人類を滅亡させる様な時代に段々なってゆくのです。そうでしょう、原子爆弾を悪が使ったら人類は滅亡してしまいます。それでこの辺りで悪を止めると言う時が来るのです。それは独り戦争ばかりではありません。あらゆる面がそうなるのです。それで私の方で九分九厘と一厘という事を言いますが、九分九厘迄悪が勝つのですが、一厘で掌を引繰返すと言う事ですが、つまり一厘の力です。一厘の力と言うのは物質面の力ではないので見えざる霊的の力です。この力で悪を押返して今後は善の方が多くなるのです。それで悪は全然無くなると言う事はないが、つまり善の方が勝つのです。そういう時期というものは、今なのです。それでキリストが言った「世の終り」とか「最後の審判」とか言うのは、今迄の悪が勝っていた世が終るということです。それを今私はすっかり書いているのです。之は『文明の創造』という本です。それを世界中へ配るのは勿論、ノーベル賞審査会にも出します。各国の著名人にも読ませて批判をさせようと思っています。

「アメリカを救う」とは

      為郷氏:日光殿でお話を伺っていて感心したことは『アメリカを救ふ』といふ論文がありました。それから美術関係のアレを伺って感じた事は非常に文章が達意といゝますか、我々新聞記者も、そう考えているのですが、非常にむつかしい言葉を使わないで思っている事をピタッと言って、それで野卑に流れないということが、よく表われていました。

      明主様:とにかく私の説は恐ろしく飛躍的ですから聞きなれないと、ビックリしますが、実際に合って来ますから、それで判って来るのですが、結局高遠な真理を出来るだけ一般にわかりよく書くというのですから、書くのは中々やっかいです。それで私の目的というものは、世界人類を救うのです。日本丈を救うのではないのです。アメリカを救うといふ事は、実に身の程知らないと思うでしょうが、私は世界人類を救うとしたら、一番勢力のあるアメリカを救うという事が一番効果的です。それからまた、とにかくアメリカは宗教を根本として、そうして平和を維持するという点で、やはり救わなければならない国です。どうも共産主義の方を救うという事は出来ません。あの方は無神主義が根本で全然反対ですから、止むを得ません。それでアメリカは今、非常な病人で年々殖えてます。私は統計を見て驚いたのです。その統計もすっかり出します。

      為郷氏 : 種類もそうなのでしょうか。

      明主様 :種類も段々多くなって来たのです。それで病気の原因と言うのは、薬なのです。ですから薬の為に病気が起ると言う事は、単なる物理化学の為です。そこで私がいま書いているのは、理論心霊学とそれを裏づけているのが、今病気を治している奇蹟です。

      為郷氏 ; 『アメリカを救う』という論文が出ますと、アメリカ人も相当救われますね。我々もアメリカ人とつき合っての経験ですが、ダメな奴はダメで、中々多いのですが、好い奴はコツンと頭を叩いてやると、「アゝそうか」といって反省する……そういう点は、立派な所があります。

      明主様 : そういう点がアメリカを発展させた重要な原因でしょう。とにかく伝統にこだわらないで、好いものなら良い、日本人だろうが中国人だろうが、良いものは良いという、非常に広い世界主義的なそれがやはりいいのです。日本人にはそれが非常にないのです。やはり島国根性でしょうね。

      大石氏 : 人が良くなると直ぐ攻撃しますからね。

浄霊は信じなくても出来る 

      為郷氏 :それから神様は悪人を造って、その悪人を救わないのでしょうか。

      明主様 : いや救うのです。神様は悪人を作っておいて救うのです。救わなければならない必要があるのです。というのは、悪人と言うのは、要するに、汚いものは綺麗にしなければならないのです。そこで、これは精神的にも言えますが、実に面白い訳なのです。これは私は今書いていますが、一寸簡単な説明は出来ません。

      為郷氏 : 例えば悪人があって、悪人が悪人のまゝで死ぬ場合がありますが、これは救われないのですか。

      明主様 : ところがそれは霊界を信じないからです。霊界が判るという事が必要なのです。これでなければ問題の解決は出来ません。私は最初、霊界の研究をウンとやりましたが、むしろそれが出発とみていいです。ですから霊と言うものの根本を把握しなければならないです。ですから、先刻御覧になったでしょうが、病人の頭が痛いというと、こう(御浄霊)やれば良いのです。先刻の集りの時、私がみんなをやっていたのを御覧になっていたでしょう。あれで病気が治ると言う事は沢山あるのです。私は不断は別ですがお祭の時は大勢ですから時間もかかりますしこっちもやっかいですが、やってくれと言ってきかないのです。それでやってやるのですが、中には病気が治るのが沢山あるのです。大体空間で何もないのですが、中には熱くなる人が随分あるのです。こう(浄霊)やると汗をかく人も沢山ある。そうかというと、スッと気持が良くなる人、ピリピリ電気の様なものを感じる人もありますし、人によって色々です。とにかくそれによってみんな非常に具合が良くなるのです。これは何かと言うと、これが霊なのです。見えざるものです。こう(浄霊)やって、どうして病気が治るか、といふ事は理論科学的にも説明してありますが、私の方の根本は病気を治す事です。病気を治せば、あらゆる問題は皆解決がつくのです。思想問題でも何でもそうです。病気を治すといっても、健全な思想の人間になればいいのです。健全でないと言う事は、人間の霊が病気になっているのです。人間というのは体ばかりではないのです。之は科学というものは間抜けなもので、こういふものが人間としてあるのですから、人間が生きて働いて思想もあるという事は、物質ばかりではないのです。なにかがあるのです。ただ目に見えないからないといっているのです。ちょうど野蛮人に空気の説明をしてもないと言うのとおなじです。だから霊のあるという事を信じさせる事が救いの根本です。その霊を治せばいいのです。そうすると体の病気は治ってしまうのです。ですから輸血という事は私の方では笑ってますがこれ(御浄霊)が輸血です。否輸血以上のものです。なぜかと言うと、出血で今にも死にそうなのがこうやる(手を翳され)と生きかえるのです。

      為郷氏 : そう致しますとお光をなさるという事は、誰でもいいという事ではないのですか。

      明主様 : やる人は誰でもいいのです。熊公でも八公でも、人間であればいいのです。

      為郷氏 : 例えば私でもこうやればいいのでしょうか。

      明主様  そうです。博士の見離したものでも治ります。

      為郷氏 : しかし私が霊界というものを信じなければいけないのではないでしょうか。

      明主様 : そんな事はありません。ですからそこに価値があるのです。自力というのは少しもないのです。自分が一生懸命になると言う事は自力が加わる事です。ですから人間の力は不必要です。いらないのです。六つか七つかの子供が親をこうやって(浄霊)治るのですから素晴しいものです。

  無病息災の世は来る 

      為郷氏 : お光は向うに行ってまた返って来るのでしょうか。

      明主様  :そんな事はありません。透(トオ)ったきりです。私のお腹に光の玉があってそれから光が出るのですから無限なのです。

      為郷氏 :その玉というのは明主様だけがお持ちになって居られるのですか。

      明主様 : そうです。

      為郷氏 : そう致しますと仮に明主様が100年の後に霊界にお入りになりますとないことになりますが。

      明主様 : しかし霊界から出しますから同じ事です。かえってよく出ます。体があると邪魔になりますから。

      為郷氏 : それで教団の方も御安心なわけですね。

      明主様 : それからその時分になると病気もずっと減って来ます。病人が減ってしまうからほとんど必要ないくらいになるでしょう。病気の原因というのは薬ですから、体から薬を抜けば病気は起らないのです。薬を出す作用が病気です。これで(御浄霊で)やってもすっかり取り切るといふ事はできませんが、大体取るには二、三十年かかります。普通では何十年かかるかわかりません。ですからこうやる(浄霊)のは薬を取る方法です。それを知らないで、今皆薬を服んでますが危い話です。そこで薬によって病人を作っているのですが、一面、薬という事も矢張り必要があって神様が作ってあるのです。これは今度の本『文明の創造』にみんな書きますからそれを読んで下さい。唯一遍の話では中々分かりません。

  美は魂のレベルを高くする 

      為郷氏 : 美と言う事と明主様の御教えと言うものとはどういう関係があるのでしょうか。

      明主様 : つまり人間の魂のレベルを上げればいいのです。要するに文明のレベルがまだ低いのです。これを段々高くしなければならない。それには耳からの教を説く、それから目から美というものでとると魂のレベルが高くなる。それから文字を読ませる。書いたものを読ませる、そう言う色々の事によって人間の魂を向上させる。その事からどうしても美というものが必要なのです。しかし現在ある美というものは、魂を低くする事が多いのです。それは人間は享楽も必要です。しかしその享楽が目から受けるのが余りにも魂を下げるのが多いのです。ですからどうしても、こういった魂を向上させるのがなくてはならないのです。これは必要なのです。ですから世界の文明が段々発達するに従って、そういう事が非常に進歩して豊かになります。今はそういう様な傾向が余程出てきています。アメリカなんかもヨーロッパでもそうですが、美術館というのも大分方々にできています。之で現実に美術の機関が流行(はや)って来ました。フランスの大家の画でも日本人なんかが片っ端から見られるのですから。そこで日本美術の今度アメリカで展覧会をやりますが、私の方でも少し出品しますが、そんな様な具合で、 美術による、こういう関係が濃くなってきます。アメリカ等は美術館は非常に発展してます。美術についても、相当関心を持つ様になってます。

      為郷氏 : 私はどうも西洋の油絵とかマチスは少しは興味がありますがピカソは全然ありません。

      明主様 : あれはまったく行き過ぎですよ。

      為郷氏 日本画ですと、いゝと思ったり、何となく清々しいのですが。

      明主様 : 私もそうなのです。一般人が見ていいなと楽しめるのでなければ美術の目的はない、と言っていいのです。兎に角美術の目的は出来るだけ多くの人が楽しめる、と言うものです。目の利いた人だけがわかると言うのは駄目なのです。目の利いた者も、目の利かないものも、理解が出来る、そう深いものでなくてもとにかくいいなあと思われなければ駄目です。ところがピカソの絵は考えなければ駄目です。又考えてもわからないのです。ですから今フランスではピカソは狂人だと言う説が出ていると聞いた事があります。ああ言うのは遠からずなくなります。ピカソの絵についてはいつか論文を書いて新聞に出しました。

      為郷氏 : それではお忙しい処をどうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました