岡田茂吉 『アメリカを救う』「序論」 昭和二十八年一月一日 発行 | 岡田茂吉を学ぶ

『アメリカを救う』「序論」 昭和二十八年一月一日 発行

アメリカを救う
岡田茂吉著

序  論

 今回本教信者立松文二君が、米国ノートルディム大学(カソリック系)に留学、一ヶ年を経た最近一先ず帰朝したので、予て依頼してあった現在米国における主なる病気の統計を精査記録したものを持って来たので、私は一見するや愕然としたのである。それは同国における驚くべき病者の氾濫であって、全く私の説を立証して余りあるからである。そうして今日日本人の誰もが思っている事は、つい最近まで世界医学の覇権を握っていた彼の独逸を凌駕して、隆々たる今日の米国医学の事であるから、定めし素晴しい成果を挙げているに相違あるまいと共に、私もそう思っていた処、事実は余りに裏切られており、その悲惨なる現状には、到底見るに忍びないものがある。従って今後もこの趨勢が続くとしたら、この恐るべき状態は益々深刻の度を加え、何れは国を挙げての一大危機に直面する日の来ないと誰か言い得るであろう。

 しかも米国が現在国を挙げてその対策に腐心し努力しつつある彼のソ連の軍備と、共産主義の脅威であるが、これも重大には違いないが、それとは別の意味でのこの健康問題に至っては、寧ろそれ以上の重大性があろう。何となれば共産主義が如何に侵略の爪を伸ばすと雖も、自由主義国家群の連合によって、軍備を充実すれば防止出来ない事はないが、この方はそうはゆかない。何故なれば現代医学の余りにも無力であるからで、まだその原因すら分っていないばかりか、仮令分っても解決の手段は絶対あり得ないからである。としたら前途は全く暗黒の一語に尽きるであろう。これを吾々から見れば現代医学そのものに、恐るべき一大欠陥が伏在している事である。にも拘わらず全然それに気が附かず、寧ろ反対な方向に進んでいるのである。それは左記の総計を見れば分る通り、年を経る毎に加速度的に、あらゆる病気が殖えつつある現状で、若しもこの儘としたら、向後一世紀を出でずして今日の強大な米国と雖も、急速度に衰退の止むなきに至るのは断言できるのである。その例として現在ヨーロッパに於ける高度の文明国家としての彼の英仏である。両国近来の衰え振りはどうであろうか。彼のトラファルガー戦争時代の英国といい、ナポレオン戦争時代の仏国といい、その国民の元気を今日と較べたら、余りの異いさに驚かざるを得ないのである。この原因こそ全く誤れる医学の結果に外ならない事は、以下の解説によって判る筈である。

 そうして今私は世界の文明各国を見渡した処、兎に角キリスト教を以て立国の方針となし、一般国民は神を信じ、正義の行われている国としては、先ず米国を以て第一とせねばなるまい。それが米国繁栄の基礎でもあり、今日の如き偉大なる国家となった原動力でもあろう。という意味に於て今日世界の平和を維持できる力を持つ国としたら、同国を措いて他にない事は言う迄もない。この意味に於て何よりも先ずこの国の国民の健康をよりよくする事こそ焦眉の急であり、世界の平和と人類の幸福に対する最大条件であろう。従って私は一日も速かに同国に於ける病気蔓延の趨勢を食止めると共に、なお進んで病なき米国たらしめるべく、先ずこの著によって自覚を促さんとするのである。そこで私は統計の順に一々の病気について、その原因と治す手段と、予防方法と、治病実績とを詳しく書いて英文に訳し、大統領始め各方面の識者、医事関係者等に頒布するのである。

 処で日本人についても言いたい事は、米国医学が如上(ジョジョウ)の如き真相であるに拘わらず、今日最も進歩せる医学と誤信し、これを採入れようとしているのであるから、実に恐るべき迷妄である。これも全く唯物科学心酔の結果、米国医学の外形的進歩に眩惑されたからであろうが、これを考えれば日本も米国と同様洵に危い哉である。故に日本の当事者もこの著を読んで、速かに目醒められん事を望むのである。最後に一言したい事は、医学が進歩する程病人が増えるという厳たる事実は、現在米国が遺憾なく全世界に示している事である。

                                  著 者 識

タイトルとURLをコピーしました