岡田茂吉 御教え集25号 昭和二十八年八月十六日 ※睾丸が落ちて後から元通りに生えた子を医学博士七人が診察 | 岡田茂吉を学ぶ

御教え集25号 昭和二十八年八月十六日 ※睾丸が落ちて後から元通りに生えた子を医学博士七人が診察

  八月十六日

      昨日、睾丸が落ちて後から元通りに生えたという子供を招んで、医学博士が七人、岡田道一さんの骨折りで来て、すっかり診察したのです。その前に私が見ましたが、どういうふうに生えたかよく見たところが、なにしろまだ元通りと言ったところで、やっぱり相当に引き吊りみたいな凸凹になって、後から生えたという事がよく分るようになってます。かえってあんまりきれいだと疑いが起こるが、あれなら無論後から出来たという事が分ります。それでお医者さんが見た結果、この部屋でいろいろな説明をしたのです。ところがなかなか説明ができないのです。実に気の毒なくらい苦しんでいました。それで博士が一人一人批判をしましたが、小便が止まったというのは、腎臓結石だとか膀胱がどうだとか、そういう事はなかなか詳しく話しましたが、さて落ちた睾丸と陰茎が後から生えたという説明にはとても骨が折れてました。それで結局二人ばかりの医者が一人は睾丸は吊れて奥の方に引込んでいた一人のお医者さんは陰茎まで引込んでいたと言うのですが、それがなかなか苦しそうなのです。この問題の重点というのは“陰茎と睾丸が落ちて後からそれが新しく出来た”要するに新生という事が重点ですが、どうもそこにゆくとはっきり言えないわけです。それで結局において“不思議だ、奇蹟だ”という事になったのですが、奇蹟だという事を言う時には殆んど聞えないような小さな声で言ってました。だから多分そう言ったのだろうと、私は推察したのです。尤もこれは医学的説明は無理なのです。だから“医学では分らない、実に奇蹟だ”と言えば簡単に済んでしまうのですが、それを言う事ができないらしいので、そこに何とか彼んとか理窟付けようとする、それが実によく分るのです。それから教団の幹部の人との質問応答が二、三あり、最後に私がその説明というわけですが、説明して分るはずはありません。

 これは何でもない事で、霊主体従の法則さえ分れば何でもありません。それで私もかなり皮肉に言ってやりました。この問題の重点は睾丸と陰茎が落ちて、それが新生した。それでお医者さんの方では“無くなったものが出来るという事は、睾丸を包んでいる袋が伸びる事はあり得る”というのです。それから“陰茎の皮も新生するという事はある”というのです。“けれども睾丸の玉と陰茎の棒、おまけに亀頭は新規には出来ない”というわけなのです。“だから外にある程度皮などが出来る間、奥に引込んでいた”というのです。ところが中の棒、亀頭の方がずっと伸びているのです。そうして皮の方が足りないのです。だから私は聞いたのです。子供というのは皮の方が長くて包んでますが、目下あべこべなのです。だから相当皮肉に言ってやりましたが、結局私の方から見ると新生だ、医者は新生という事はあり得べからざる事だと言うが、あり得べからざる事だから奇蹟というわけなのだ、私の方ではあり得べき事になっているのだから別に不思議ではない。しかしあり得べき事を、あり得べき事と言えないのは、科学がそこまで進歩していないからだ。それについて私は今「医学革命の書」という本を書いているからして、それが出来たら、お送りするから見てもらいたいという事を言っておきました。結局においてこの原理というものは、つまり湯川博士が唱えられて居る物性論というのは、中間子の事で、中間子からヒントを得たのです。そこで物性論というものは、つまりまだ目には見えないという事を言われてますが、これは細胞の霊なのです。つまり黴菌の霊です。だからこの物性論がもう一層進むと、科学は又深い所に行くわけです。それから又進み進みして、ごく深い所に行き、そこまで私は書くから、それを読めば、この子供の道具が新生したという原理は分るから、というように話したのです。だから今信じられない、つまり奇蹟だ、理窟がつかないという事は丁度“原子爆弾を発見する前にそれを説明しても、誰も本気にする人はない。しかし一つ落せば一度に分るようなものだ”と説明したのです。この睾丸について説明しても分るはずがないから、いっそ、そういった大所高所から、根本的の事だけを言うより他にないのです。そういうような意味の事をちょっと話してやりましたが、後で聞いてみるとお医者さんも分ってはいるのでしょう“が、分ったとは言わないのです。そこに傍聴に来ていた産業経済の記者などはよく分ったそうです。

    お医者さん以外の他の人達はよく分ったらしいのです。お医者さんも分ったらしいのですが、分ったとは言い難いので、分ったとは言わないのでしょうが、とに角そういったお医者さんが此処に来て私の話を聞くという事だけでも大したものです。以前に私は“とに角今に大学の講堂に行って、少なくとも五、六十人の博士を集めて、その前で私が医学の講義をするようにならなければ駄目だ”という事を言った事がありますが、昨日のは、その小さい最初の型だと思います。ですから非常に結構な事だと思ってます。結局お医者さんが分るという事が根本です。それからこういうふうにしておけば、これから思い切って医学のいろんな事を書いても、当局にしても余程見方が違うわけです。こっちに余程自信がないと、それだけのお医者さんを相手に、此処まで集めて、一つの奇蹟的の効果を検討させるという事はできないので、その点十分昨日の収穫はあったわけです。そういうようなわけで、これからもいろんな奇蹟が出るでしょうが、とに角進んでゆくわけです。

タイトルとURLをコピーしました