岡田茂吉 ピカソ展を観て (栄光 百三十五号 昭和二十六年十二月十九日) | 岡田茂吉を学ぶ

ピカソ展を観て (栄光 百三十五号 昭和二十六年十二月十九日)

     私は此間東京へ行った処、恰度高島屋でピカソ展開催中との事を聞き、恰度幸いと行ってみたので、今其感想を書いてみるが、先づ一通り廻って観て唖然とした事は、私としても現在世界的大きな存在としてのピカソともいうべき巨匠である以上、素晴らしいものであるに違いないだろうし、而も評判も大したもので、新聞などに出ている日本の批評家の誰もが、挙って賞めている位だからと、少なからぬ期待を持っていたので、其気になって丹念に観たつもりであるが、観れば観る程先づ分らないと言った方がいい。そこでありの儘をかいてみれば、先づ第一之が絵画というものであろうかという疑問である。一体何処に美しさがあり、何処に良さがあるのであろうか、之を室内に飾って、果して楽しめる人が一人でもあるであろうか、というように考えれば考える程分らなくなって了う。

      卒直に言って私は、アノ幾何学的毒々しい色彩で、児童のかいたような絵の何処に、絵画的生命があるのであろうかとは思ってみたが、ピカソ程の大家の描いたものである以上、何処かに何かがあるに違いない。何を狙ったものであろうかと、作者の心理探究の様な意図で、ジット見つめてみても、イコール零でしかない。又人物にしろアノ怪奇な眼、鼻、口、胴体、四肢等が歪んだり、バラバラになったりしていて、酷な言い方かも知れないが、跳ね飛ばされた轢(れき)死者か、原子爆弾で殺られた死人としか思えないのは、私ばかりではあるまい。実に之を観せられる大衆こそ、可哀想なものと思う、恐らく此絵に対する誰もは之こそ有名なピカソの絵だ、之こそ世界的名画に違いなかろうと思って見ても、サッパリ解らない、併し素晴らしい物には違いなかろうと思うだけで、其絵の好さも悪さも分る筈がない。所謂大部分は豚に真珠でしかあるまい。というと恐らく此様にズバリ直言する者は、今の日本には一人もあるまい。私だけと思っている。先ず絵画は此位にしておいて、次の陶器であるが、之は少し奇抜すぎるが、併し何かしら鋭い動的な時代感覚がよく出ていて捨て難い点もある。といって現在日本の新しい陶芸家の作品の方が上とさえ私には思われたのである。

      では此様なピカソの作品に対して、何が故に今日の如く世界的賞讃の的になったかというと、それには立派な理由がある。其事を説明するに就ては、先づ現代教育からかかねばならないが、今日どの国もそうであるように、美術に関しての教育は、余りに等閑視されている事である。誰も知る通り先づ小学校に於ては、簡単な図画、粘土細工、木工の玩具位を生徒に作らせ、中学以上になるとスケッチ風の洋画的のものを教える位で、見るものとしては、決まり切った御手本か先生の絵位であろう。そうして学校を出てからも、余程の美術趣味のある人でない限り、一般は新聞雑誌の挿絵か、知人の家庭に於ける応接室か床の間に掛けてある絵画位で、其他としては一年に一度か二度位新聞の評判や、友人に誘われ、展覧会に行って観る位のものであるから、真の意味に於ける美術智識などは殆んどないと言ってもよかろう。而も専門家も好事家も凡そ美術に携る人で、其意欲を充たそうと思っても、満足な機関は今の日本にはないのであるから、今仮に新古の優秀な絵画を是非観たいとしても不可能で、反って日本人であり乍ら西洋の名画なら、外国へ行けば完備した美術館があって、遺憾なく観られるのである。という訳で東洋美術、即ち支那日本の名画などホンの一部しか観られないのが現状である。成程博物館や、私設美術館もあるにはあるが、殆んど論ずるには足りない程であって、何しろ博物館は歴史的、考古学的の物が主となってをり美術そのものからいえば寔に貧弱である。外客などが日本の古美術を観たいと思って、博物館に行ってみる場合、之が東洋の美術かと思うと、大抵の人は失望するであろうと私は思わざるを得ないので、其上年中同じものを陳列しているのであるから、日本人であっても余程の人でない限り、観に行く人は極めて少い実状である。成程博物館は仏教美術だけは充実してをり、立派な物も数多く備えてはいるが、肝腎な一般人に理解が出来趣味が湧くような絵画や、其他の美術品にしても洵に物足りないのである。之では大衆の美術思想を呼び醒ますなどの力は到底あり得まい。此様な訳で徒らに額に八の字を寄せ、教科書を読むような古美術では、いくら由緒ある物であっても、楽しんで観る気にはなれないので、いつ迄経っても美術に親しむ人は増えないであろう。としたら此点大いに考えなければなるまいが、併し古美術は国家の誇りでもある以上、大いに尊重するのは勿論、充分保存の方法も講ずべきは、今更言う迄もない。

      其他としては私設美術館であるが、之は美術紹介の為の春秋二季上野に開催する幾つもの展覧会であるが、其中の絵画だけにみても、日本の洋画は数は非常に多いが、まだ西洋模倣の域を脱していないようで、注目を払うに足る程のものは至って少なく、そうかといって日本画にしても行詰り状態で大部分の傾向は日本絵具で描いた油絵に過ぎないと言っていい位で、而も大家は大家なりに、今更流行を追う訳にもゆかず、旧来の儘(まま)では人が認めてくれず、というヂレンマに陥っている。其気持が画面によく表われている。私は昨年迄は秋の展覧会は欠かした事はなかったが、今年はどうしても、行く気になれないので、遂々(トウトウ)行かなかったが、それ程見る気になれないからである。以上現在の美術に関しての色々を思った儘かいたのであるが、之を以てみても、今日の日本人は美術に関する本当の教育を受けていない以上、鑑識眼などは殆んど零に近いと言ってよかろう。其様な訳で人がいいというからいいんだろう、新聞などがジャンジャン賞めているから、素晴らしいものに違いあるまい、之を見ないと流行遅れになるから、行かづんばあるべからずといったように押掛けるのであろうから、恰度映画のベストテンのようなもので一種の人気作用でしかあるまい。此意味に於てマチスもピカソも、現代に於ける大いに恵まれた存在といってよかろう。

      以上の如く現代教育上の、最も欠陥とされている美術教育こそ、今後は大いに奨励しなければならないが、而も此事は平和思想涵養にも役立つものであろうし、美術思想こそ世界共通の理念であり、将来は国際的に美術品の交流等も旺んに行われるであろう。又此事が共産思想を防止する上にも相当効果があるであろうから、此意味に於て、私は社会的にも大いに美術教育を旺んにし、大衆の美術趣味を昂(タカ)めなければならないと思うのである。其上今日迄特権者の専有物のようになっていた美術趣味を、民衆にも普く均霑(キンテン)させられるとしたら、此事も結構な社会事業であろう。而もそれが製作者の刺戟ともなり、作品に対する正しい批判力を有つ社会ともなるので、美術界も健全なる発達を遂げるのは当然である。そうなってこそ日本に於ても、世界的大傑作品が生れるのは必定であろう。それに就ても今私は残念に思う事は、マチス、ピカソの如き現在生きている画家の作品が、日本に迄来てヤンヤと言われる事で、之を考えればいつかは日本人の画家の作品が、アメリカやヨーロッパへ展覧会を開き、大騒ぎされる時期の早く来れかしと念願して止まないものである。

      最後に私の事を少しかいてみるが、今造っている箱根熱海の美術館である。箱根の方は来年の夏迄に出来る予定だが、言う迄もなく前述の如く美術教育の欠陥を補い、日本人全体に大いに美術思想を涵養させたい趣旨であるから、陳列の品も一般人にも理解出来得ると共に、専門家としても最も欲求している優秀品を網羅しようと計画しているのである。勿論東洋美術を基本とし、新古を問わず各時代に於ける名人の傑作

    品を選び、大いに内容の充実を図るのである。そうして差当っては日本人を目標としているが、将来は世界各国の専門家、好事家、一般大衆の憧れのシンボルとしての、世界に誇り得る大美術館としたい考えである。

   

タイトルとURLをコピーしました