岡田茂吉 明主様をお訪ねして語る 文芸春秋誌顧問 日置昌一氏 同編集局次長 近藤利弥氏(栄光 百八十六号 昭和二十七年十二月十日) | 岡田茂吉を学ぶ

明主様をお訪ねして語る 文芸春秋誌顧問 日置昌一氏 同編集局次長 近藤利弥氏(栄光 百八十六号 昭和二十七年十二月十日)

  去る十月二十五日、我国の文学雑誌のナンバーワン「文芸春秋」社から、同社顧問日置昌一氏と明主様との御対談を同誌に載せたいとの意向にて、日置氏と同社編集次長近藤利弥氏が来訪された。

  日置氏については今更御紹介申し上げる迄もなく、ラジオで子供達から「ものしりおじさん」の愛称で親しまれている博識の人である。その風采は明主様がよくおっしゃる苦労人博士、といったタイプである。

    この日の御対談は碧雲荘の応接間で行われ、本教顧問松井誠勲氏の姿も見えていた。

  明主様と「ものしり博士」との御対談は、絶えざる爆笑の裡に二時間もの長きに及んだ。以下この日の御会話の一部を茲に集録発表させて戴きます。

日置昌一氏との御対談  キリストの奇蹟くらいは弟子がやる 

 日置氏 : 本日はかねがねメシヤ教について不思議に思っていることをいろいろおたずね致し度いと思います。

    先ず観音教をメシヤ教とお変えになられましたのはどういう理由でございましょうか。

 明主様:  私は世界人類を救うのが目的ですから、その名も世界的でなくてはならぬと常々思っていたからです。つまり観音教では東洋だけに限られているからです。それから私は「メシヤ」という名前が非常に好きなのです。しかし仮名の「メシヤ教」では誤解を受けてはいけないと思って、漢字の「救世」に仮名をつけたのです。愈々時期が来たと思って変えたのです。

 日置氏 : 農村の方面にも食糧増産とかいろいろの事をなさって居られる様ですが、……もっともメシヤ(飯屋)教ですからね。(大笑)

明主様  :兎に角、肥料を全然使わないでやると米の五割増産は何でもありません。その上、できたものがおいしくて大きく出来ます。根本は肥料を使わずに、土の性能を生かす事です。

 近藤氏: 荒地でもいいのですか。

明主様 : つまり肥料をやるから荒地になるのです。酸性土壌も肥料の為です。肥料は丁度麻薬と同じです。麻薬を使うと一時気持がよくなるでしょう。それと同じで肥料やれば一時、三年や五年はいいのです。

 近藤氏 : 肥料と麻薬を全面的に否定なさるわけですね。

 明主様 : そうです。

 近藤氏 : 救世教の信者さん達は少しも薬を使わず病気を治しているのですか。

 明主様 : 薬は全部毒だからです。毒で病気症状を抑えるのです。だから病気は薬が余計に入った程治りにくいのです。肺結核でも百人中九十三人までは治ってますが、残りの七人がいけないのです。というのはこの七人が一番薬を入れているのです。

日置氏 : 世間では何万人という中から、一人二人が間違った場合に大袈裟にいっていますが、医者の方はもっと殺してますからね。

明主様: それで心臓の手術が成功したとか、死人の目玉をくり抜いて移植して治ったという様なことは、われわれの方からいうと子供だましみたいなものです。あれは医学なるものを信じさせる為の慣用手段です。この間、画家の吉井さんの四年間悪い目が五分で治ったということがありました。ですからキリストの奇蹟位のことは私の弟子が毎日やっています。

 近藤氏:  そうすると薬屋さんやお医者さんは救世教を商売仇に思うでしょう。そして大変困ってしまいますね。

 明主様 : ですから私はお医者さんは、どこにゆくかということを考えています。いずれ、世界的に薬屋や医者がなくなりますから、その救済事業は難問題ですね。

 近藤氏 : 今御家族様は?

 明主様 : 子供は六人あります。嫁に行ったり嫁を貰ったりして孫も数人できています。

 近藤氏 : 貴方の宗教の方とは関係ないのですか。

 明主様 : 関係しているのもあるし、関係していないのもあります。それも私は本人の希望にまかせています。

 近藤氏 : 子供様方の御家庭では、病気の時等医者にかかると言うような事はありませんか。

 明主様 : 絶対に医者にはゆきません。若し、薬を服んだら親子の縁を切るでしょう。(

日置昌一氏との御対談  今にアメリカ一の美術館を作る 

   日置氏 : 話は変りますが一個の宗教家が美術館を作ると言う様なことは今までに余り聞きませんが、貴方の場合どう言う御動機で造られたのですか。

   明主様 : これは動機とは言えないかもしれませんが、人間と言うものは始終生まれ変って来るのですが、私は聖徳太子に生まれたことがあるのです。大体日本で仏教を弘めたのが聖徳太子で、それは何でやったかと言えば、美術によってやったのです。しかしあの時は日本だけですから、今度私は世界的に聖徳太子と同じことをやるのだと言っているのです。箱根の美術館というのはその最初なのです。

      二、三日前にアメリカに長く居る日本人ですが、その人が来て、「アメリカに私のところにある美術品を持って行って、是非巡回展覧会をしたらいいだろう」と言うので、私は「今にアメリカにも美術館を造る」と言ってやったのです。今アメリカにある美術館を相当調べてみましたが、私から見れば、ただ名ばかりのものです。私はアメリカ一のものを造ろうと思ってます。

 日置氏 : 世間では、僅かの間に巨万の富をつくられたことに対して疑問に思ってますが、金儲けの秘伝とでも申しますか、それは何でしょうか。

 明主様 : 一番の根本は病気が治る事です。大病院や立派な医者にやって貰ってだんだん悪くなって死の間際まで来たのを、私の弟子が行って命を救われるからその感激は大変なものです。それで何をやるにも、教団でやることには金を上げなければならない気持になるのです。それから搾取的なことはやってはいけないと常に言っています。御利益を戴いている人は金の御用を待っている位です。美術館も五千万円くらいかかりましたが、それも去年の十一月あたりに話して、できたのが今年六月です。それだけで全部できたのです。

 日置氏:  造幣局はメシヤ教の為にできている様なものですね。(大笑)

  近藤氏 : 選挙前は代議士が金を借りに来ませんでしたか、よく聞くことですが自由党の吉田、鳩山が大分金に困って、両方とも子分をつくるのに金が要るので借りているという話ですが。

明主様 : 来ませんね。

 日置氏:  僕が代議士だったら、お伺いするかもしれませんね。

  明主様 :とにかく、私の方は世を救うという大きい仕事がありますので、金には苦しくて年中ピーピーしています。それから再来年は熱海に箱根のよりも大きい美術館を造るのですから、それについても色々買わなければならないから金の苦しさは大変です。その代り借金の催促の苦しさではありません。それからこういう事がある。アメリカが最近とても日本の古美術品を欲しがっているのです。「これを貴方の方で買ってくれなければアメリカの方に売る」と言うので、これはどうしてもおさえなければならないというわけです。今月に入ってからも素晴しい仏像でそう言うのがありました。

松井氏:  金森徳次郎(国立国会図書館長)さんがとても感謝しておりました。

 明主様 : そういう美術品を買わなければならないから大金が要ります。それで又いろいろこっちが経営しているものもありますからね。

 阿部執事 : 必要な金だけは不思議に集りますからね

 松井氏 : メシヤ教の信者から出た代議士が三人ありますが、これにも金はやってありません。明主様から浄霊して戴いて、これで大丈夫当選だというわけです。(大笑)

 明主様 : それですから私のところに来る人はみんな運が良くなるのです。

 日置氏 : 近藤君、僕等も来ましょうかね。

  明主様 : 徳川夢声さんも私の方に来る様になってから、よけい良くなったやうです。そういう訳で金は集りますが、出る金も大変ですよ。

  近藤氏 : 国税庁が目を光らせるでしょうね。

  明主様 : しかし宗教法人ですからその点は良いです。宗教になりたての時分は、理解がゆかずにかなり税務署から目をつけられましたが、美術館を造ったりしたので、ああこれだなという事が分ったのでしょうか、今は全然ありません。それに美術館は関係方面でも大変好感をもたれています。

 日置氏 : 文化への貢献ですからね。

  明主様 : 博物館では予算が足りないので、外国に流れる貴重な美術品も買えないというのです。それで、私の方で買って保存してくれるというので、実に国家の為になるというのです。それで文化財保護委員会も便宜を図って援助して呉れます。

日置昌一氏との御対談 『アメリカを救う』は問題になる

日置氏: なお現在のこういう時代に、いろんな新しい宗教に国民が魅力を感ずると言うことは、結局従来の日本の宗教に根本の魅力がなくなったということにあるでしょうし、又一つには国民が苦しんで淋しいのですね。

明主様:  無論そうですね。

日置氏:  ですから単にすべてを迷信邪教と片附けるのは間違っている。やはり本願寺も天理教も初めは随分いろんな法難に遭い、日蓮宗もそうですし、キリスト教もそうですからね。

明主様: 宗教には法難はつきものですね。一番法難に遭ったのはキリストでしょう。命までやられたのですからね。ところがその教が一番世界に拡がったのです。ですから法難の酷いほど価値があるのです。

日置氏:  人の心理というものは面白いもので、私の方でも、本が出て非難されると売れるのです。悪口言うと一種の広告になるのですね。それで印象に残るのですね。

 明主様:  チャタレーのアレを見ても分ります。私がこれから出そうと思っている本があるのですが、きっと問題になると思います。問題になったらしめたものです。きっと売れることになりますね。来月あたり出来ますが『アメリカを救う』という本です。

日置氏 : なるほど、今度は逆ですね。

明主様 : アメリカの病人は大変なものです。統計では現在医者にかかっている者が千七、八百万人いるのです。(全アメリカ人口の一割以上)それによってアメリカが一番困っている病気を、それは何の原因で、どうして治す、ということをすっかり書いて、大統領始め有識階級、大病院、医者に配るつもりです。今飜訳してますが、日本文の方はもうすぐできます。

日置氏:  人間というものは直接お会いしていろいろ話さなければ駄目なものですね。

明主様 : 「百聞は一見に如かず」ですからね。

日置氏 : そうですね。来て良かったですね。

明主様 : 私もあなた方指導者に知って貰うということが一番良いと思います。

日置氏:  いや、いや、どうも……。

(その2へ続く・・・・)

タイトルとURLをコピーしました