岡田茂吉 御教え集18号 昭和二十八年一月二日 | 岡田茂吉を学ぶ

御教え集18号 昭和二十八年一月二日 ※数字二十

      仕事の模様は大体今お話した様な具合ですが、それについて面白い事は、数字についてお話してみると、今年は二十八年ですが、この「二十」というのは「天地を結ぶ」という事です。つまり「王」という字みたいですが、二十は霊体を結ぶという事になります。ですから私は結婚の日取りを決める場合に二十何日と、二十を一番よく使います。これは霊体、陰陽、男女、それを結ぶというのですから、大抵私は二十一日を選びます。これは二人を結んでそれから始まるというわけです。それで二十というのも、これが不断の時の二十は別に大した事はないが、昭和二十年という事に大変な意味があるのです。昭和の「昭」の字は日偏に召すという字ですが、「召す」というのは「しろしめす」という事で、「統治する」とか「治める」という事です。これは昔から言いますが「天照大御神がこの国土をしろしめし給う」という事がありますが、そういう事です。それで「日」というのは「昼間の世界」という事です。丸にチョンを日の字に書いたので、つまり象形文字です。そういう様で「日がしろしめす」という事ですが、それで天照大御神がしろしめすという意味でもないが、昼間の世界で太陽神が統治するという意味になります。それで「和」(輪)というのは、「丸」で、「世界」という事です。ですから、字で解釈すると面白いのですが、今のところはあんまり言えませんが、いずれ話します。そういう様で、昼の世界になるについては霊体が結ばるという、つまり伊都能売です。それから五、六、七はミロクですが、それが済んで今年は二十八年ですから、いよいよ開くという事になります。

      この「八」という字も非常に意味があります。「八」は「富士山」になるのです。富士山の形は八の形になるのです。それで富士山を一名昔から「八スの山」と言うのです。「八が統(ス)べる」というわけです。それで「八」は「五三」ですから伊都能売にもなります。そういう様な訳で、これは日本の将来のあり方を表わしているのです。これはあんまり詳しく言うと、又一人よがりみたいになってしまいますからあんまりは言えませんが、そういう様でミロクが開けるという、それが二十八年からになります。それで丁度救世教の経綸も凡てそういう形になりつつあります。それがよく分ります。

      それで今年の『栄光』の「正月号」に「世界夢物語」というのを書いておきましたが、あれは大体の漠とした見当ぐらいのところを書いてあるのです。それであれがいろいろに変化しますが、大体はあの線をいくのです。あれは中途までしか書いてありませんが、あの中途までは常識で考えてもあのくらいの事は分かるわけですが、あれから先が非常に神秘なのです。これははっきり書く事はできませんが、ただこれだけは言ってもいいと思う事は、何時も言うとおり今度の御神業は破壊と建設です。つまり最後の審判とか天国というのは、破壊と建設が同時に行なわれるという事を、私は前から言ってます。それで「世界夢物語」は、その破壊の順序を書いたのです。そうするとその破壊というものは建設の方と一緒になるのです。建設されただけは破壊されていくと言ってもいいのです。というのは建設というのは日が昇る事です。光が強くなる事です。それで強くなるだけは闇の方がそれだけ消えていくのです。そうすると今までの文化というのは闇の文化ですが、それが消えていくのです。そうするとその建設の雛形が箱根と熱海になります。箱根は霊界の方で熱海は現界の方になります。日は霊界、水は現界です。そうすると熱海のメシヤ会館が建設の第一歩になるのです。ですからメシヤ会館が出来るとそれが世界に写って、そうして世界にメシヤ会館が出来るわけです。それには今まであった汚いものは取り払われて綺麗にされなければならない。という事になると、日本は今言う日の経綸になるからして、それだけ日の光が強くなると、だんだん世界的に汚いものが消えていくのです。つまり黒の部分がだんだん薄くなって白が拡がっていくという事になります。そうすると、その拡がり方の順序が「世界夢物語」に書いてある順序になるわけです。だからメシヤ会館が出来ると、それから本当に目立って始まるのです。ですから私はまだ半年や一年の準備期間がいるという事を書いてありますが、メシヤ会館が丁度今年一ぱいで出来る予定ですから、時もそういう事になるわけです。ですからして世界がどうなっていくかという事は、こっちの建設の方を見ていれば分かるわけです。そうすると今までの文化は破壊される方がずっと多いですから、そこでそれをキリストは「世の終り」と言ったわけです。そういう様に考えていくと、大体は見当がつきます。そうかと言って、これはあんまりはっきりと具体的に言う事はどうもおもしろくありません。建設の方はいい気持ちになりますが、破壊されて滅亡する方は、実にどうも悲観しなければならないから、そうすると「救世教というどうも厄介なものが出た」と恨んだりしますから、そういう事があってはいけないから、そこでできるだけぼかして、救世教の信者だけが大体をよく知っているという事にしておかなければ具合が悪いのです。

      そういう訳で、いずれ京都の方も始まります。それで熱海が現界で、京都は何かと言いますと、京都もやはり現界ですが、こういう様に考えるといいです。熱海の方は西洋で京都の方は東洋という様にも考えていいです。それで地というものはアジアに一番表われているのです。アジアがかたまっているのです。それからヨーロッパが水になっているのです。それでアメリカはまたちょっと違いますが、そういう様な具合で世界的にいろいろな型ができているのです。ですからさっき言ったとおり二十の霊体という事は、これは何時も言うとおり、アメリカが体の中心で日本が霊の中心ですから、そこで二十年に終戦になったという事は霊体が結んだという事です。ですからアメリカと日本とは霊的には二十年に結んだのです。ですから二十年八月十五日に終戦になったという事はそういう意味が根本になってます。そこで今度アメリカを開拓し始めるという事は、それが小さく具体的に現われるわけです。そういう様な具合で神様の事は実に深く、いろいろな型によって始まっていくのです。それは私にはよく分ります。しかし時期によって、やはり発表できる場合とできない事があるのです。ですからその見当がつく救世教信者のおかげというものは、そういう点にも大いにあります。つまり先が分るのです。世の中はどうなるかという事も、五里霧中とは違いますから、こういう点に比べると外の宗教は全然たわいないくらいのものです。いまどき、何百年前何千年前の教義とかを有難がって説いているのですから……。しかしあんまりそれを言うと先が怒りますし、それでは悪いから、あんまり言えません。しかし今言った様な経綸と比べてみると、ほかの宗教は実に気の毒なくらいに思います。それでも、ほかの宗教もそういう事が分かるには分りますが、やはり時の問題です。何時までも分からない事はありません。やはり神様が何かの形で分からせて救われます。ですからそういう経綸がいずれ起って来ますが、なにしろそういう事に対しても非常に大きな事ですから、むしろ私も、神様はどういう様にやるかと思って興味を持って見ているくらいです。

タイトルとURLをコピーしました