岡田茂吉 御教え集25号 昭和二十八年八月七日 | 岡田茂吉を学ぶ

御教え集25号 昭和二十八年八月七日

 二十二年八月に宗教法人になってから、今月で満六年目になるわけです。六年のその間にも、私は疥癬で約半年は寝たきりで、あとは寝たり起きたりくらいで、信者さんの面会もできなかったわけです。その他にも脱税問題とか静岡問題というために暇を欠いたし、それから又いろんな精神的打撃を受けたりして、約一年くらいというものは無駄に費(ツイヤ)したようなものですから、正味五年になります。それで二十二年八月までは浄化療法で、民間療法的にやっていて、信仰の方はごく表面的でなく、蔭でやっていたのです。それも漸く終戦になってから信仰の自由を許されたので、ボツボツ信仰的になったのが二十二年の春辺りです。そこで準備をして、二十二年八月に法人の許可を受けたわけです。ですからその当時はごく微々たるもので、二十二年八月からやっと表面的にやれるようになったのです。それが僅か五年でこれだけに発展したという事は、古い信者さんなどもそうでしょうが、私が一番驚いているくらいです。それは将来は素晴らしいという事は大体神様からお知らせされていますが、しかしこう早くこんなに素晴らしい発展をするという事は全く想像以上なのです。ですからこの発展の仕方から言うと、これから五年もたてばどんなになるか見当がつかないくらいです。それで日本の方は、箱根はとも角此処だけは出来上りましたし、これから熱海をやり、次は京都という工合にだんだん出来てゆきますが、なにしろ世界を救うのですから、外国の方も肝腎です。ハワイの方は今年の三月に手をつけ始めました。ところが又馬鹿々々しく発展してしまったのです。それと信者も沢山出来ますし、なにしろ樋口さんと安食さんと二人ですから、体が幾つあっても足りないくらいの忙がしさで、こっちへの報告の手紙を書く事もできないくらいの有り様です。ですから樋口さんからの報告は先月は来なかったと思います。つい二、三日前に久しぶりで来ましたが、あっちも支部とかそういったものが大分出来てきました。

 そうして最近は相当広い家を借りられて、其処を本拠にする事になったのです。それで支部長もハワイ在住のハワイの人で信者になった、随分熱心な人が後から後から出て来て、今のところは出張所のようなものですが、そういう人がみんなで支部をつくってます。そうして向うは島が沢山ありますから、何とか島と言って小さな支部のようなものが出来つつあります。ですからこの分で行ったら、今に大変な事になります。又ばかにお蔭があるのです。そうしてお蔭があると直ぐにも信仰にはいるのです。この点は日本とはまるっきり違います。けれども日本も最初はそうだったのです。最初渋井さんなどが主になってやった時分には面白いように信者が増えたのです。ですから別に日本がハワイとそう違うほどの事もないのです。ところが相当発展しかかった時に、第一番に脱税問題が最初ですが、それに新聞がデカデカに書く、それから何だ彼んだといろんなデマを飛ばしたり、まるっきりインチキ邪教というように盛んに宣伝したのです。それでこっちは順調に発展したものを、そこでガンと鉄槌を下されたようなものです。それでそれをしのいで、そこを起き上がろうとすると、又何だ彼んだといろいろな事の妨害があり、そこにもっていって静岡問題が起こったのです。これこそ一時は殆んど致命的なくらいでした。そういうような事があったために一般が非常に警戒心を起こしたので、あなた方が随分病気を治したり奇蹟を現わしたりして、そのために重病が治っても、警戒心を緩めないのです。

 それで治ったら、そこで素直に信じそうなものだが、なかなか信じない。そこにもっていって周囲の人が“新聞にあれほど盛んに出ているのだからロクなものではない。気をつけなければいけない”といろんな事を言う。そこでこの次に病人が出たり、自分がどうかしても、救世教で治った事を忘れて、やっぱりお医者に行くのです。お医者に行くと悪くなるに決まってますから、そこでやっぱり救世教でなければ駄目だと、それから本当に分って来て信仰にはいるというような経路は、始終お蔭話にも出てますから分りますが、そういうような工合で、非常に宣伝がし難いのです。いろいろなモジャモジャが始終障(サワ)っています。けれどもなにしろこっちの神様の力は素晴らしいですから、そんなものはドシドシしのいで、先が幾らギューギュー押さえても、発展の力の方がそれを突破してしまうわけです。宗教というものは昔からそういうものです。けれども今日は磔(ハリツケ)になったり島流しに遭ったりという事がないだけに大いに楽です。ハワイなどはそういう事が全然ないです。二、三新聞に少し書き出したので、奴さん達始めたなと思ったので、早速こっちの出版物を送ったのです。そういう時はこれに限るのです。そうするとそれからはピタリと沈黙してしまいました。尤もハワイはちょっとまずい事があるのです。それは踊る宗教などが行って、かなり新宗教に対する軽蔑心をつくったのです。それから他の宗教が行っても、今まで永住しないのです。少しやってみては帰ってしまうのです。だからハワイの人は救世教などもいい加減やって金を集めたらドロンを決めるだろうというので、その疑いが多分にあったようです。だからやはり支部なら支部をしっかりつくればその点に安心しますから、そこで支部を急いでつくろうとしたところが、丁度適当な所が見付かったものですから、これからやります。なにしろ最初の家は小さな所で、一軒というわけではないが、一間か二間使ったが、来る信者が多くなったので家の中にはいりきれないで外に立っていたが、今度の所は大分はいりそうです。これとても間もなく足りなくなるに決まってます。まあ神様がいい工合にするでしょうが、実に凄いほどの発展ぶりです。ところでアメリカの方はいろいろな事情のために、やっと今月の月初めという事ですから、もう行ったでしょうが、ロスアンジェルスを本拠にして活動をする事になってます。ところが神様はなかなか気がきいてます。つまり足掛りをつくったのです。その人は無論日本人ですが、相当長くロスアンジェルスに居て、以前多分樋口さんから聞いたのだと思いますが、自分の病気をどうしても治したいというのです。ところが日本に教修を受けに来る事はできませんし、それから樋口さんはまだ何時行くか分らないというので、何とか便宜を与えて信者にしてもらいたいというわけなのです。それでしようがないから昨年十月に御守を送ってやったのです。それをかけると自分の病気が非常によくなったのです。それから御神書などを読むというわけで、人の病気もやってみるとよく治るので、だんだんに知れて来たとみえて、現在十人以上が教修を希望しているそうです。その報告がつい二、三日前に来たので読ませます。

    (米国通信  五)【註  栄光二二三号】

 今のような工合で、非常に面白いのです。これからだんだん世界的になるに従って、辺鄙な所や変な所は、先方からもなかなか来るわけにもゆかず、こっちから出張するのも大変ですから、そういう場合手紙で教修させられるようなわけです。それでそういう人が活動して、だんだん信者をつくると便利です。実に楽です。これは昔の宗教の教祖にはこういう事は全然できなかつたと思います。尤も交通とか郵便という文化的の施設がなかったから仕方がないが、こういうようで発展できるとすると、少なくとも飛行機、無線時代に相応(フサワ)しいと思います。ところが他の宗教は今もって昔のやり方をしてますが、或いは他の宗教ではそういうやり方はできないかも知れませんが、とに角面白いと思います。と共にこれが世界的に知れたら“なるほど、これは大したものだ、今までの宗教とは全然違う”という事が、よく分るわけです。ロスアンジェルスでは大変な金持が息子を頼みたいという事を言ってますが、これがアメリカ人に分り出したら、これは又大変です。それにアメリカ人くらい分りのよい人間はありません。分りがよいという事は、つまり国が新しいためです。日本は無論そうですが、古い国というものは、つまり伝統的に自分の国の歴史とかそういう事を非常に重んじていて、だから他の国から良いものが出て来ても、容易にそれに手を出さないという点が大いにあります。現在の日本は別です。今はアメリカの物でさえあれば何でもよいと思って飛び付きますが、それは他の国にはないようです。というのは中国では今もって西洋の医学を取り入れないのです。やはり漢方医学です。これは医学ばかりでなくあらゆる文化が、中国はどういうものだか取り入れないのです。そのために文化が遅れるという点も大いにあるから、決してよい事はありません。ところがその点においては日本は非常に結構なわけですが、ただ日本は少し行き過ぎという事が今日の悪い点です。けれども行き過ぎたとすればそれを訂正されるに違いないから、その点はよいです。これは東洋ばかりでなく、西洋もヨーロッパ辺りの事をよく聞いてみると、お国自慢というか国粋主義という事が大いにあるのです。フランス辺りの事を聞いても、アメリカの真似はしないのです。特にフランスは服装や芸術方面ではアメリカなどを非常に軽蔑して、アメリカ人は田舎者だと、全然相手にしないそうで、田舎者扱いです。これを日本人にも少し取り入れたいと思うくらいです。何というか、ケバケバしい垢抜けのしないような今の婦人の服装は、アメリカ式を取り入れているからです。これをフランス人辺りが見ると問題にならないでしょう。しかしどういうものか映画女優などはフランスに行きたがります。それから芸術家は勿論フランスですが、これは非常に結構だと思ってます。そういうようで、国が新しいと“良くさえあればよい、病気は治ればよいではないか”という単純な考え方ですが、しかしこの単純が本当なのです。ところが日本人はその単純を嫌うのです。何でもややこしい事がよいと思っているのです。ですから医学なども、微に入り細にわたって細かいです。黴菌医学という事を非常に有難がるのは、細かい事がよいと思っているおかしな考え方のためです。

タイトルとURLをコピーしました