世界夢物語 (栄百八十九号 昭和二十八年一月一日)

私は宗教家であり乍ら、軍事に関した事をかいてみようと思うのであるが、何しろ夢物語だからそのつもりで読んで貰いたい。勿論逆夢にはなりっこないが、どの程度迄正夢になるか、これは今後の実際に徴して分るであろうから、一応の参考として貰えば幸甚である。それは現在に於ける世界の情勢である。言う迄もなく凡ゆる問題中、最も重大なるものとしては、何といっても朝鮮問題であろう。何しろ廿五年六月廿五日から始って二年半に及んだ今日でも、まだ何等解決の曙光さえ見られず、依然たる膠着(コウチャク)状態のままであるからである。なおその間にも休戦交渉は幾度となく蒸返されていながら、聊かも進展の色なく依然たるものである。処で今回当選したアイク次期大統領であるが、氏は外交々渉では到底見込はなく、実力以外解決不可能であるとし、先日朝鮮へ飛び、現地の状況を親しく視察をして帰ったのは周知の通りである。そうして帰国後マッカーサー元帥を招致し、ダレス氏も交えて会談二時間に及んだそうだが、勿論その内容は極秘にされているから知る由もないが、私には大体分ったような気がする。
これに就いて懐い起す事は、一昨年マ元帥が突如大統領から解任を受け、心ならずも帰国の余儀なきに立至った際、私は非常に残念に思いみんなにも話した事がある。それは当時北鮮軍は敗北の結果、鴨緑江(オウリョッコウ)近くまで追詰められたので、元帥は茲ぞとばかり中国の沿岸封鎖、満洲爆撃の作戦を提言し、一挙に敵を打倒しようとした事で、この作戦こそ最も機を得たものと思って私は賞めた位であった。処が右の如く措しくもその機会を逸した為、その後はアノのような不透明な戦局となってしまったので、丁度蛇の生殺しにした様なものである。それが今度のア元帥の決意の因ともなったのであるから、結局に於て時を遅らし、敵の立直りに都合よくしたようなもので、その為一年前よりズッと骨が折れる事になったに違いない。
そうして今回両元帥の会見となったのも、ア元帥が当時のマ元帥の作戦計画に、大いに共鳴する処あったからでもあろうが、それはそれとして種々の情報の内、最も重要な点は戦線不拡大を条件として敵に打撃を与え、戦局収拾の目鼻をつけようとの国連軍の意図である。だがその通りに果して成功すればいいが、これは大いに疑問である。それをこれから説明してみるが、判り易くする為に先ず三段に分けてみよう。

先ず第一段は右の如き戦略を実行するとして、現在二百廿粁に亘る戦線をして、最も括(クビ)れた点が百粁ということであるから、その線まで進出する戦略らしい。だがこれは容易な業ではあるまい。というのは敵も一年余りに渉って、相当の準備も出来ているであろうから、成程最初は国連軍が今迄とは異った積極的に出る以上、相当の進出はするとしても、進むに従い味方は漸次遠くなり、補給その他の点で不利となるに反し、敵の方は有利になる以上、或地点迄で一進一退の戦況を辿ることになろう。而も戦線拡大は制限がある以上、思うようにならない困難もある。
茲で他の面に就いてもいってみたい事は、ア元帥これからの計画である。それは実力行使に当っては、出来るだけ国連軍以外の力を利用する方針のようである。その為韓国軍の猛訓練は勿論、蒋介石軍の出撃をも考慮するであろう。近くマ元帥の台湾行が報ぜられているのもその為であろうし、又日本軍及び比律賓(フィリッピン)軍を予備として万一に備える意図もあるようだから、何れは日本政府の了解を求めて来ることも考えられる。それらを予想して政府も本年から保安隊の大増強と訓練は勿論、武器生産も大馬力をかけることになり、それと共に政府は政治上、思想上反国家的分子の取締も大いに強化するに違いないから、赤化運動も影を潜めるであろう。といったようにア元帥の肚の中は事情の許す限り、亜細亜各民族協力の下に敵を打倒し、解決する方策である。としたらそれら準備にもいくら急いでも、半年や一年位はかかるとみねばなるまいから、国民はそのつまりで覚悟を決めてよかろう。
そうして初めにかいたような戦略が成功したとしても、恐らくそれで解決とはなるまい。というのは矢張膠着状態になるであろうからで、茲に到って当然第二段の作戦に移らざるを得なくなる。それは満鮮国境に向っての突破作戦である。つまり北鮮の満州寄りに溝を作ることである。勿論これには優秀なる兵力を集中し、爆撃と地上兵器を以て最大限の突撃作戦である。そうしてこれが成功すれば茲に中共と北鮮との連絡は遮断され、北鮮軍は孤立状態になるから、茲に於て国連軍は南北朝鮮を合併させ、一丸となって満州へ後退した中共軍と相対峙し、睨み合いになると共に、予て機を窺っていた蒋介石軍は猛然と本土侵入の挙に出るから、茲に敵は北は連合軍、東は国府軍、空からは爆撃の雨というように、三面攻撃を受けるのみか、沿岸封鎖も手伝って、流石の中共軍も遂に兜を脱がざるを得なくなり、茲に講和条約締結となるのは勿論、日本の敗戦時と同様蒋介石か又は幕僚中の然るべき人物を起用して首班とし、中国全土に民主政治が施かれ、一段落となる。以上の如き経路は余りに具体的なので、変に思うかも知れないが、実際は多少の迂余曲折もあり、時機の早い遅いもあるであろうが、大体はそのような経路を辿ることと予想されるのである。
茲でソ連に就てもかかねばならないが、以上の如く中共が降伏に到るまで、恐らくソ連は戦争に介入しないであろう。成程或時期までは兵器や経済力の応援は極力するであろうが、それ以上には出でまいと思う。何となれば現在の軍備は、まだアメリカを相手とする程にはなっていないばかりか、若し勝敗のつかぬまま膠着状態にでもなるとしたら、鉄のカーテン内の国々は背を向ける危険もあるからである。としたらこの点は先ず安心出来るが、そうかといって中共降伏で戦争終結になるとは思えない。問題は寧(ムシロ)これからで、愈々世界の桧舞台上龍虎相争う大活劇の幕は切って落されるであろうからである。
これが第三段の開幕であるが、これこそソ連最後の切札であって、これに対する準備は大体出来ている筈である。尤もヨーロッパ各国も米国もその予想の下に軍備を進めてはいるが、まだ其処まで分っていないとみえて、生温(ナマヌル)いこと夥しいから、その時になって大いに周章狼狽するであろう。私はこの点に就いても詳しくかきたいが、神様はまだ御許にならないから致し方ないが、何れ詳細知らせる時が来る筈である。
次にこれだけは言えるからかいてみるが、最後に到って世界は狂乱怒涛の真只中に捲込まれるであろうが、そうなっても日本は割合苦難が少なくて済むことになっている。併しこれは比較上の話で、日本も或程度の脅威を受け、難局に直面する場合もあるから、今からその覚悟はしておく必要がある。そうしてこの第三次戦争ともいうべき大禍乱が済んでから後の世界はどうなるかというと、これも私はよく分っているが、結果からいえば世界は夢想だもしなかった程の一大変貌と共に、光明輝く地上天国の第一段階に入るのである。これこそ既定の神の大経綸であって、信ずると信ぜざるとに拘らず絶対であるから、そのつもりでいて貰いたい。なお最後に附け加えたいことは、その時全人類は本教を伏し拝み、歓天喜地、手の舞足の踏む処を知らざる場面が現出するのは勿論である。(栄百八十九号 昭和二十八年一月一日)

タイトルとURLをコピーしました