最後の審判とは何か (栄二百十三号 昭和二十八年六月十七日)

   最後の審判に就いてこれからかいてみるが、その根本としては言うまでもなく世界的大清算であって、長い間溜りに溜った処の罪穢の浄化作用である。従って余りに穢(キタナ)くどうにもならないものは、地上から永遠に抹殺される外はないから、恐ろしいのである。という訳で将来役立つものは勿論残されると共に、役立たないものは処理されてしまうのは致し方ないのである。それは口で言えば甚だ簡単だが、これが人間にとっての脅威は、前古味曽有の大異変であるから、到底筆や言葉では表わせないのである。つまり根本は、善と悪との立別けであって、善人は無罪となり、悪人は有罪者となる訳で、決定的審判が行われるのである。従って現在地上にある人間悉くは、裁きの前の動物に等しき運命に置かれているのだから大問題である。然も悲しい哉、赦される者は極く少数で、救われない者の方が大多数である事で、その割合は数字では表わせないが、大体右と思えば差支えないのである。
 勿論日本人も同様であるから、助かりたい人はこの際至急頭の切替えをする事である。この事は昔から各聖者が神の代弁者としてハッキリ予言されている通りで、言わばその時が来たのである。それも人類全部が救われるとは言わなかった。ただ神の大愛によって一人でも多くを救えと曰われただけであって、その使命を以て生まれたのが我救世(メシヤ)教であるから、先ずこの認識が何より肝腎である。右の如く救われる人よりも救われない人の方が多いとしたら、この事を信者はよく心得て置かなければならない。というのは病気を治し救おうとする場合その見別けが必要である。成程誰も彼も一人残らず救ってやりたいのは山々だが、右の如くであり時の進むに従い、救われる人と救われない人とは自ら判るようになるからで、これは神意である以上、如何共し難いのである。従って浄霊を嫌ったり、話に耳を傾けなかったり、逆にとったりする人は、已に救われない側に運命づけられたからで、そういう人を何程分らせようとしても無駄であり、反って救わるべき人が疎かになるから注意すべきである。
 又折角御蔭を頂いても大病が治り一時は感激しても、時の経つに従い忘れたり、迷ったりする人もあるが斯ういう人は已に縁が切れ、滅びの方へ廻ったのだから、手放した方がいいのである。以上によっても分る如く、これからは入信させようとする場合、素直に受入れる人はいいが、そうでない人は縁なき衆生として諦めるより仕方がないので、この意味に従い最後に近づくにつれて信者諸君は先ず善悪を判別する事である。

タイトルとURLをコピーしました