岡田茂吉 新旧文化の交代 (栄光六十八号 昭和二十五年九月六日) | 岡田茂吉を学ぶ

新旧文化の交代 (栄光六十八号 昭和二十五年九月六日)

      抑々現代文化は、数千年以前の原始時代に比べると、驚くべき進歩発達を遂げ、又遂げつつある事は、今更贅言(ぜいげん)を要しない処であるが、こうなる迄には人類は如何に苦心努力して来たかは、彼の天災、戦争、病魔等に対し、惨澹たる苦闘を続けつつある人類史がよく物語ってゐる。

      斯様に、人類が進歩発達を目指して来た裏には、此世界をして恒久平和な万人が、より幸福な世界たらしむべき、意図であったのは言ふ迄もないが、其理想実現の手段として、何でも彼んでも物質文化さへ進歩発達させればいいとして、唯物科学を唯一のものとし、脇目もふらず進んで来たのである、新発見や新発明が生れる毎に人類は称讃し、謳歌し、之によって人類の福祉は増進されるとなし、一歩々々理想に近づきつつあるを想ひ、幸福の夢を追ふて来た事は誰も知る処である。

      然るに、科学の進歩は、遂に原始核破壊の発見に迄及んだのである。此大発見は本当から言えば、大いに祝福すべきに拘はらず、意外も意外、逆に一大恐怖的発見であった。

            原爆の善悪両面

      天国だと思って歩いて来た道は豈計(あにはか)らんや、実は地獄の道だったのだ。一瞬にして幾十万の生霊を奪ふといふ物質が出来て了ったのだ、恐らく歴史上之程人間の予想と喰違った事件があったであらうか、人類、特に文化民族が此戦慄を生んだ以上、其脅威から何が何でも逃れなければならないといふ大問題が起って了ったとは何たる皮肉ではなかろうか。然し乍ら退いてよく考えてみると、此物質そのものは些かも恐るべきものではない、寧ろ幸福に役立つべきすばらしい福音だ、恐れるといふ事は、戦争の道具として使ふからであって、平和に使ったとしたら、右の如く人類にとっての大発見である。そうして此物質を戦争に使用する其根本は悪であり、平和のそれは善である。とすれば、善か悪かによって、仏にもなれば鬼にもなるといふ訳である。

      此意味に於て、此物質を駆使する人間が善であれば可い訳だが、それはそう簡単にはゆかない事は勿論である。故に実際上から言って、悪を善に転換する事で之が宗教の尊き使命である事は言ふまでもない。

            世の終りと天国

      そうして、今日迄その役目をして来た処の宗教、道徳、教育、法律等も成程或程度の功績は挙げ得たが、今以て予期に反し悪の跋扈(ばっこ)によって善は虐られている。前述の如く原子物質が悪に使用されるといふ憂慮がよくそれを物語ってゐる、茲で別の面から今一層深く考えてみなくてはならない、譬へば、原爆による悪魔的破滅行為がもし許されるとしたら、人類滅亡の運命は当然来るであらう。とすれば、森羅万象を造り給ひ、之程文化を進歩せられた造物主が黙認され給ふ筈はあるまいではないか。

      斯う説いて来ると、キリストが予言された世の終りとは之でなくて何であらう、と共に此事だけの予言としたら人類は只滅亡を待つにすぎない事になる。処がキリストは又言った、天国は近づけりと、之だ、此二大予言が世界の将来を示してゐる事は明である、とすれば、世の終りも来ると共に天国も出現するといふ意味になる。而も之に附随してキリストの再臨、メシヤの出現をも予言された、そうして今一つ考えなければならない事は、原子の破壊から絶対免れんとすれば前述の如く悪を善に転化する事である、この力こそメシヤの力でなくて何であらう、唯然し、善悪の大転換が行はれるとしても善化しない悪人も多数あるに違ひないから、此様な見込みのない者は清算されるより致し方ないであらう、此事をキリストは最後の審判とも言はれた。之によって之を見れば、善悪転換、破壊と建設、旧文化と新文化との交代が今将に来らんとする直前である事を知るべきである。

            新文化の構想

      そうして、新文化の構想は已に充分用意されてゐる、之は人間の智慧や力でのそれではない、神が数万年以前から、着々準備され給いつつあった事である、而もそれは霊的のみではない、物質的事象によっても、私は現実的に視てゐるのであるから、絶対誤りはない事を保證して憚(はばか)らないのである。

タイトルとURLをコピーしました