岡田茂吉 世界はどうなる (栄光 六十七号 昭和二十五年八月三十日) | 岡田茂吉を学ぶ

世界はどうなる (栄光 六十七号 昭和二十五年八月三十日)

    朝鮮問題を契機として世界の状勢は一変した、今迄誰しも想像してゐた事ではあるが長い間の冷い戦争が遂に熱い戦争になって了ったからだ、それが目前の現実である、お隣りから第三次大戦の口火としか想はれない戦争が始まらうとは誰しも予期しなかったであらう、最早対岸の火災視してはおられない事態となったのは勿論だが、と言って今日本はどうする事も出来ない無防備国家である、只吉田首相の言ふ如く精神的援助より外に方法はない、然し乍ら今後の推移によってはいつ如何なる局面の転回があるやも知れない事は予め覚悟しておかねばなるまい。

      そうして米国の戦力を以てしたら共産軍と雖も三十八度線迄押込められるのは間違ひはないがそれで戦争が終りを告げたとは想えない、最近の外電によれば中共軍十五万が援助の準備をしてゐるとかの報や印度支那、イラン、イラク、ユーゴー、ブルガリヤ、トルコ、ギリシャ、東西ドイツ等々も何時発火されるか知れない危機を孕(はら)んでゐる、元来戦争なるものは理屈や打算ではどうにもならない時の勢ひである、スタートを切ったが最後突当る処まで行かなければ治まらないのは二回の大戦の経験によっても知らるるのである、而も今後の戦争は最後に到れば原爆水爆の打ち合ひとなるのは必定でこうなれば最早戦争ではない、破壊である、世界の破滅とはならない迄も其惨禍たるや想像だも出来ないであらう、処で此様な怖るべき悲惨事を充分承知して居ながら人類は何故喰止め得る事は出来ないのであらうか、此疑問に対し参考の為吾等宗教人としての見解を茲にかくのである。

      聖書に曰く「ヨハネは水の洗霊をなしキリストは火の洗霊をなす」とある、ヨハネの水の洗霊は既に彼の有名なノアの洪水で済んだ筈である、だが然し、火の洗霊は未だ表はれてはゐない、と共に其時キリストの再臨が約束されてゐる、火の洗霊とは勿論霊と体二方面の浄化作用である、霊の浄化とは即ち霊の曇りを焼滅する事で現在吾等が行ってゐる病気治療の方法で、之も火の洗霊の一面である、処が水素爆弾に到っては何しろ五万度といふ高熱であるそうだから何物をも焼尽して了うだらう、之は体即ち物質に対する火の洗礼である、以上の如く世界的に霊体の火の洗霊が行はれるとしたら一大恐怖であり、人類史上空前の大浄化作用である。

      斯くして地球上にある一切の汚穢は払拭され、拭ふが如き此地上に、燦(さん)として建設されるものそれが天国でなくて何であらう、然し之だけでは単なる予言にすぎないが、吾々人類は此火の洗霊に遭っても焼かれず、滅びず、生き残る人間にならねばならない、然し此様な幸福が可能でありやといふに吾等はそれが可能である事を断言する、何となれば焼かれるといふ事は曇り即ち汚穢があるからで、汚穢のない浄体となれば焼かれる理由がないからで、其様な浄体になる方法こそ最後に現はれるべき絶対的救いの力に縋る事で茲に警告する所以である。

タイトルとURLをコピーしました