岡田茂吉 「叡智の光」(4)地上天国17号※霊的 昭和二十五年十月十五日 | 岡田茂吉を学ぶ

「叡智の光」(4)地上天国17号※霊的 昭和二十五年十月十五日

      【お伺】昭和二十三年入信致しましたY.H(二十七歳)、二十三年二月頃より腰椎カリエスにて四月より御浄霊を頂き、二十四年二月より膿が出始め、現在迄続いております。夏頃一時結核症状で衰弱致しましたが、御浄霊により元気を取戻しております。主人Mも昨年七月入信致し御神体もお迎えさせて頂いております。四歳になる子供がありますが、本年一月頃より大人も及ばぬ様な大鼾(おおいびき)をかいて寝る様になり、その頃から食欲が減り遊ばなくなり、次第に衰弱が増すので集会所に御浄霊に通っておりましたが、一度迷いまして三月十七日より一週間医者に行きました処、急に痩せ衰えましたのですぐやめ、その後は真剣に御浄霊を頂く様になりましたが、一進一退で段々衰弱し、只今では文字通り骨と皮でございます。食物は常にかたより、鯖の頭、小豆、チヨコレート等で、野菜類は全然頂きません。先日Mさんが夢を見まして、硫黄島で戦死致しました主人の弟が、子供を連れて行こうとする処を危く止めたそうです。またY.Hさんの父は、現在の妻(主人の母)で三度目であります。その間に出来た三人の子供は生存致しております。一度目の妻は二子を残して死亡、二度目の妻は一子を残して死亡しております。Y.Hさんは二度目の妻の子であります。一度目の妻の長子が十年ルイレキでなくなり、その弟が十七年結核でなくなり、二十年に主人の弟が硫黄島で戦死し、その弟が二十一年、満州より復員後、腰椎カリエスで十ケ月の患いで死亡致しました。三度目の妻の祖母は老衰にて十二年に死亡、母は二十四年同じく老衰にて死亡し、現在の家に移りまして十五年になりますが六人死んでおります。Y.Hさんの父と三度目の妻との間の三人の子供のうち、二番目の子供が(十九歳)五年前より癲癇になり、一日に二、三回軽い発作が起ります。二年前より入信し、集会所で御奉仕させて頂き、熱心に信仰し、元気になり感謝致しておりますが、発作は変わりません。此病人の祖父は縊死しております。又教導師の人が泊りました晩、何かに胸を抑えつけられたそうです。
  右の事と子供の病気、癲癇と、如何なる関係がありましょうか。

    【御垂示】此一家は霊的に非常に罪穢が溜っている。従って、この家の主人公が余程熱心に信仰して人助けをし、徳を施し、罪穢を軽減しなければ救われない。かつ御夫婦とも御神書を出来るだけ読む事である。『信仰雑話』中の「夫婦の道」という処をよく読むとよい。

        【お伺】三重県A町の信者O.Hさん(夫婦とも入信)本年一歳の長男は、生まれつき頭髪および身体全体が真っ白で、目は兎の目の様に真っ赤で御座いますが、実は二十四年一月母親が姙娠六ケ月の時、他家より白兎の料理したのをもらい、スキ焼にして食べたそうでございますが、その兎と何か霊的な関係が御座いましょうか。ほかに思い当る事も御座いませんが、如何致しましたらよろしゅう御座いましょうか。 

    【御垂示】無論、兎の霊の憑依である。然しそうなるのは、親の罪穢の為であるから、両親とも熱心に信仰をし、一人でも多く人を助けて徳を積めば、育つに従つて、普通人間のようになるものである。

        【お伺】昭和十九年に入信させて頂きました四十八歳の男子、半年程前に頭部左側に二銭銅貨位の丸い禿が出来まして、御浄霊を頂いておりますうちに、そこに白髪まじりで御座いますが元の様に段々と毛が生えて参りましたが、その大きさの禿が移動し、後頭部を廻って、ただいまは右側に移りました。移った後は、初めと同様白髪まじりの毛が生えて来ております。この様に禿が移動して行くのは霊的に何か意味がございましょうか。

    【御垂示】之は無論、霊的であって、人間の霊ではない。鳥か虫の霊である。気長に浄霊すれば必ず治る

        【お伺】三年前に入信致しました三十六歳の女、去年の秋頃より左乳に瘤が出来まして、その瘤が移動したり、無くなったり致します。瘤が出来ました時は大変苦しみます。之は霊的に、如何なる関係がありましょうか。

    【御垂示】之は龍神の霊である。固まりのできたとき、その部を浄霊し、移動しても何処迄も根気よく浄霊すれば、段々小さくなり治ってしまうものである。

タイトルとURLをコピーしました