岡田茂吉 夫婦の道 (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日) | 岡田茂吉を学ぶ

夫婦の道 (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日)

 近来、見合結婚が良いか、恋愛結婚が良いかは、相当喧しく論じられてゐる。然し乍ら之を霊的に解釈をする時は、どういう訳になるかを説いてみよう。

我国は都会は固より如何なる山間僻地と雖も、必ず鎮守様即ち産土(ウブスナ)の神様が鎮まりゐます産土神社又は氏神様がある。之は恰度現界に於ける区役所のようなもので、人間社会に於る冠婚葬祭は固より、出産等に至るまで、産土の神様が担任されておらるるのである。昔から子が産まれるや、必ず御宮詣りに行く習慣があるが、之は子供を授けて下さった神様に御礼詣りをするのである。之と同様結婚に於ても産土神が男女を結合させるので、其際恋愛による場合と、見合による場合と、孰(イズレ)れも産土神の思召によるのである。然しそれを知らない人間は、人為的に成立するものと思う為、世間に沢山ある夫婦喧嘩の末、「貴様出て行け」などと言うのは、如何に間違ってゐるかという事である。折角神様の思召によって結ばれた妻であり、夫であるものを、人間が勝手にどう斯ういう事は、神様に対して甚だしい無礼となるではないか。如何に気に入らぬ夫でも、気に入らぬ妻でも、縁があって神様が決めて下さった以上、疎(オロソ)かに思う事は申訳ない訳で、有難く感謝すべきである。故に其事を知って、感謝の心を持って見直したならば、好い妻であり、好い夫であると、思えるようになる事は請合である。

今一つ重要な事があるが、それは子供の死であって、その原因たるや夫の不品行に基くのである。例えば妻以外の女との関係がそれで、此罪は重大であって、殆んど死に価する程のものである。而も世の中には妾を二人も三人も、中には拾数人に及ぶものさえあるという事を聞くが、実に恐ろしい事である。之等の罪を霊界に於る祖霊は非常に怒るばかりか、子孫繁栄の妨げとなり、罪の重さによっては一家断絶の不幸に陥る事さえあるので、祖霊は極力止めようとして凡有(アラユ)る手段を尽すが、なかなか目覚めないものである。而も罪は益々増大する以上、早くその罪を贖(アガナ)わなければならない。それは主人たるべきものが責任を負うべきであるが、そうなると家族の生活や将来に悪影響を及ぼす事になるから、祖霊は主人の身代りとして子供を犠牲に供するのである。此様な事は世間にあまりに多いものであるから、読者諸士は注意を払われたい。必ず思当る事がある筈である。

そうして夫婦喧嘩の主なる原因は第一が妻君の嫉妬、第二は生活難であろう。故に前述の如き霊界的事情を主人が認識するとしたら、嫉妬の原因は無くなる訳で、夫婦は神様の御意志で結ばれた事や、妻以外の婦人関係は重罪に当る事を認識したならば、良き夫となり、良き妻となり、夫婦円満にならざるを得ないであろう。私は、決して夫婦円満にする為の作話ではない、事実長年に渉り幾多の経験と相俟って、神様から教えられたものである以上、一点の嘘はない事を断言する。

聖書の中から右に関した教を左に記してみよう。

   ○神の合せたるものを、人たるもの離すべからず。

   ○人は其妻に合ひ、二人の者一体となるべし。

   ○汝の妻をもて足れりとせよ。

私は此一文を世の既婚者諸君に呈するものである。

タイトルとURLをコピーしました