十、 恐怖心鼓吹の衛生学と黴菌の必要 ( 日本医術講義録 第一篇 昭和十年)

凡そ、此世に在りとあらゆる物は、人類生活に対し、無益な物は一つもないのである。人間が今日迄の経験や学問により解釈して以て、有害だとか無益だとか決める丈であって、人類生活を向上させ、進歩発展を宰(ツカサド)り給ふ、神の御心に依らなければ、真実の意義は決して解らないのである。此神の御意志を、私は宣べ伝へるのであるから、今日の人間より見て頗る意外な事や、反対な説が多々あるであらふが、之が真理であるから、意を潜めて、熟読玩味すれば、豁然(カツゼン)と蒙を啓き能ふのである。
人間が、最も忌み嫌ふ、彼の蠅といふ虫は、実は、人類生活に最も有用なる役目を遂行してゐるのであって、設し、此蠅なる虫がないとすれば、人類は軈(ヤガ)て滅亡するやも料(ハカ)られないのである。何故なれば、此貴重なる蠅は、黴菌を伝播する役目をしてゐるからである。而も、それが最も恐るべき伝染病の黴菌に於てをやである。
現在の人間が、諸々の罪穢を犯す為に、それが精霊に曇りを生ぜしめる、その曇にも当然種類があるのである。それは、犯す罪穢に種類があるが故である。故に、其罪穢相応が曇となり、その曇の相応が血液の濁りとなるのである。その血液の濁りが一定の程度を越ゆれば、其人自身が死を招くのみならず、その子孫にまで、虚弱者を生ずべき怖れあるなれば、此場合その人間の生命と、その子孫の健康をして完全なるものたらしめざるべからず。それが、種々の黴菌をして、その濁りの血即ち、毒血排除の工作をさすのである。其工作者こそ、実に、各種の黴菌其物である。
故に神は、凡ゆる種類の黴菌を作られ、その黴菌が絶えず伝播されて、人間の肉体の凡ゆる箇所から、侵入する様に出来てゐるのである。侵入した黴菌が、己の掃除すべき毒血がなければ、その黴菌は力が弱り、而も、血液の活力によって殺されて了ふのである。それが謂はば純な血液の殺菌力なのである。然るに、一度、黴菌が侵入するや、その黴菌に適合すべき毒血がありたる際は、非常なる黴菌の生活力を増し、どしどし繁殖してゆくのである。毒血の有丈繁殖して、そうして、その毒血を体外へ排泄し、又は消滅せしむるのである。その活動が熱となり、下痢となり、嘔吐となり、痛み等となるのである。それでその毒血が減るに従而、病気は治癒されてゆくのである。設し、其人が、黴菌の侵入を受けなかったとすれば、それは十が十仆(タオ)れるべき運命に在ったのであるが、幸ひにも黴菌の侵入に依って浄血法が行はれたる為、万に一つの生命を恵まれるのであるから、その病気を起して呉れた黴菌及び、それを運搬して呉れた蠅虫に、大いに感謝していいのである。唯然し、余り毒血過多なる者は、其浄血工作中、仆れるのは止むを得ないのである。故に此浄血工作は、大自然が人類を永続せしむる為の優生運動とも言ふべきである。
今述べた如くである以上、黴菌を恐れる事は、頗る誤りである事を識るであらふ。故に、此真実を知った人は、黴菌に対する恐怖心は全然無くなるを以て、その安心を得た幸福感も少くはないであらふ。然るに、此理を知らない現代人は、黴菌を恐るる事、鉄砲弾の如く、知識階級又は上流社会程、この不安が多いのであって、稀には、黴菌恐怖病なる一種の新しい疾患さへ現はれてゐるのである。夫等の患者は、黴菌恐怖の余り、外出も碌々出来得ないのであって、それは、汽車や電車へ乗る事が恐ろしいからである。そうして絶えず、家に在っては消毒薬で手を洗ひ、衣服住居を消毒させ、甚しいのになると、其為の看護人を傭ひ入れて、而も、其看護婦の外出を禁じ、事毎に極端なる干渉をなすを以て、大抵は驚いて逃げ出すのである。是等は悉く謬(アヤマ)れる黴菌恐怖から起ったものである。之程でなくとも、大なり小なりの恐怖病者は随分多いのである。
是等の恐怖病者も、此真実を識ったなら、如何に救はるるであらふか。然し、茲に一言断ってをき度い事は、黴菌恐るるに足らずと雖も、不潔は、最も不可(イケナ)いのである。光明世界は、真善美の世界であるが故に、飽迄、醜を避け、美であり、清潔でなければならないのであって、形が麗はしく、心が美はしく、生活が、社会が美はしくならなければならない。詰り、美はしい処に、病と貧は無いからである。
今一つ、重大なる事がある。それは、伝染病の黴菌の如く、不純なる黴菌は、観音の霊光に遇へば忽ちに死滅するといふ事である。霊的に言へば不純黴菌は、暗黒界に属する生物であるから、光明に照らされれば、生命は保てないのである。故に、観音の光に触れる人は、先づ、伝染病には罹らないと言ってもいいのであって、偶々罹るとするも、頗る軽微で、速かに治癒するのである。之は、実験上、永年、私が体験してゐる所である。光明世界完成の暁は、伝染病が絶滅するといふ事は、之を以ても判る筈である

タイトルとURLをコピーしました