黴菌の発生  (結核信仰療法 昭和二十七年十二月一日)

      前項に説いた如く、結核菌は、自然発生であるとしたら、では何処から如何なる過程を経て発生したかを、何人にも理解し易いよう理論物理学的に、理論心理学的にかいてみるが、何しろ見えざる霊を対象とするのであるから容易でない事は、今日迄何人と雖も試みた者のないにみても明らかである。というのは事実の裏附が困難であったからでもあろうが、私は事実を根拠とした理論を発表するのであるから、仮令唯物科学を以て如何に反対すると雖も、打ち破る事は不可能である。

     それに就て前以て知っておかねばならない事は、世界というものゝ構成である。之程進歩した現在の学問でも、其処迄は未だ判明していないに反し、私はそこ迄徹底して説くのであるから、静かに心を潜めて此文を熟読すれば、何人と雖も此発見の偉大さに驚くと共に、医学の誤謬に目醒めない訳にはゆかないであろう。そうして先ず此世界の構成であるが、それは一次元の物質界と、二次元の空気界と、三次元の霊気界との三段階から成立っているものである。処が現在迄の学問では、一次元と二次元の世界だけしか判っていない為、此二つの世界を基本として形成されたものが現代科学であるから、其点に一大欠陥があったのである。というのは右の無とされていた此三次元の世界こそ、実は一切万有の力の根源であって、此力によって万物は生成し化育し、無限の発展を遂げつゝあるのである。処がそれに未知である学者は、現在の科学を以てすれば、何物をも解決出来得るとする此科学過信の誤りが、三次元の霊気界を否定し、今日の如き不具的医学を作って了ったのである。其結果今迄に種々説明した如く、表われた病気症状を抑えるだけで、根本的治病は不可能なる為、結核は減らないのである。

     右の如く根本から外れた医学としたら、進歩すればする程横道に迷い込んで枝葉末節に囚われて了い、凡ての病原を黴菌にして了ったのである。其証拠には甲の病気を解決しようとすれば、乙、丙の病気が発るというように、只形を変えるだけの事で、之が余病である。偖て論旨を進めて右の霊界と人間とは一体どういう関係にあるかというと、勿論人間と雖も右の三段階中の存在である以上、肉体は物質であり、水分も空気でヤハリ物質であるが、今一つの見えざる霊こそ実は人間の本体であって、之が病気の発生源である。処が唯物医学は病気とは肉体だけのものと思い、一切の病原を肉体に帰し、外部からの黴菌浸入の為との、言わば外敵説に反し、吾々の方は内敵説であり、医学の感染説に対し、吾々は自然発生説である。併し外部説は機械で分り得るが、内部説は分り難い為、今日の如き迷妄に陥って了ったのである。それを以下順を逐って解説してみよう。

     茲で一体人間の霊なるものは、何であるかというと、科学的に言えば非常に密度が高く超稀薄なものであって、現在進歩した原子顕微鏡でも、到底見る事は出来ない程の超々極微粒子であるにも拘わらず、之こそ前記の如く人間の本体であるから、全く想像もつかない程の神秘幽幻なものである。此理によって病原の最初は此霊の全部又は一部に曇りが発生する。曇りにも其原因に二種ある。一は人間が犯す罪穢によるものと、二は薬毒によるものとである。前者の罪穢とは言う迄もなく因果説に属するもので、人を苦しめるとか、社会を毒すとかいうつまり悪の行為からであり、後者の薬毒とは先天性のそれと後天性のそれとの合併したものであるが、それは別の項に譲るとして、茲では曇り其ものに就てかいてみるが、曇りの本質は恰度大空の雲の如きもので、言わば水素の密合体である。之にも不純性と純粋性とがあり、後者は晴れた日の鱗雲や段々雲に等しいもので結構だが、前者に至っては何れは風雨発生して払拭されなければならない。之が天体の浄化作用であって、人間の病気もそれと同様であるに拘わず、それを知らない医学は、折角の浄化作用を停止するのであるから、此不純性の曇りは漸次濃度を増してゆくと共に、茲に一種のバクテリヤが発生する。之は無機質植物性の如きもので、時の進むに従い段々生育し、遂には有機質に変化する。此有機物こそ黴菌の卵であって、此卵が時を経て一人前の親となり個性となって、初めて顕微鏡で見得る程度になるのである。此理を知ったなら彼のヴィールスも分るであろう。即ちヴィールスとは右の如くまだ親にならない黴菌の子供であるから、顕微鏡では見えないが、確かに育って親となり病原となるので、之は学問でも認めている。

     以上の理によって根本的に病気を治すとしたら、右の如き黴菌の発生源である霊の曇りを解消する以外に、真の治病法のない事は明らかである。としたら此原理こそ現代科学の水準よりも、遙かに高度である事も認識出来るであろう。では其曇りの解消はどうすればいゝかというと、私は此方法を神から教えられ併せて其力をも授けられたのであるから、本著の附録に見る如き、素晴しい実績を挙げつゝあるのである。以上の如く私は病理の根本に迄突き進んで説いたのであるが、尚一層深く解説したいが、そうなると宗教的分野に入り、第三者には信じ難いから、茲では出来るだけ科学的に解り易く説明するつもりである。

     それに就ての曇りの解消とは一体どういう意味かを説明してみると斯うである。即ち施術者は患者の患部に対って掌を翳すや、施術者の掌から一種の光波が放射されるのである。では此光波とは何かというと、分り易く言えば之は太陽の精であって、私は之を火素と名附けた。即ち空気の本質は水素であるに対し、霊気の本質は火素であるからで、勿論火素といえば火には違いないが、人間が現在目で見、熱く感じるそれは火素の体であって、右の火素とはつまり火霊である。此火霊が人霊の曇りに向って放射されるや、曇りの中の不純分子だけ焼燼され、其灰に相応する分子が排泄物となって体外へ排除され、純粋分子は漿液中に混入されて了い、茲に曇り即ち病原は解消されるのである。

     では本教信者になると、其様な治病力ある火霊が、何故放射され得るかというと、之は信者が首に掛けている御守から発する光波である。此御守というのは私が書いた文字で、光、光明、大光明の三種あるが、之こそ主の神(エホバ)の神霊が、私の霊体を中継として御守に伝達され、御守から信者の掌を透して放射されるのである。併し此説明を聞かされても、直に信ずる事は出来まい。寧ろ反感を抱く者さえあるかも知れない。そんな馬鹿な事が此世の中にあって堪るもんか、インチキにも程があるとするかも知れないが、それも無理とは思わない。何となれば有史以来、斯くの如き超物理的例はないからである。然し事実は飽迄事実であり、百の議論よりも一の事実に如かずである。之を一言にしていえば、愈々天の時来って、神は人類救済の大任を私に命じられたのである。其一着手としての医学の革命であるから、此事を知ったなら今私の行っている事は、何等不思議はない筈である。

     以上の如く此項は頗る神秘的な説明になったが、之は神秘でも何でもない。実は純然たる科学である。故に之を読んで神秘と思われるとしたら、それは現在科学のレベルが低いからで、将来一層も二層も進んだ暁、容易に理解出来るのは勿論である。其処に到って初めて科学と宗教との一致点が見出され、真の文明は生れるのである。そうして今日口を開けば学問の目的は、真理の探究にありとしているが、私からいえば最早真理は発見されたので、其解説が此著である。

     茲迄説明しても尚信ずる事は困難であろうが、抑々真理とは何かというと、端的に言えば現実其ものである。例えば東から太陽が出るのも、人間が生れて死ぬのも現実であって真理であるとしたら私が説く処の神秘な説と雖も、理想でも桁外れでもない。現実其ものである。まだ色々言いたい事があるが、結核問題とは段々離れて了うから、此位にして置くとする。(結信 昭和二十七年十二月一日)

タイトルとURLをコピーしました