岡田茂吉 夜の終り近づけり汝等悔改めよ(光新聞四十二号昭和二十四年十二月三十一日) | 岡田茂吉を学ぶ

夜の終り近づけり汝等悔改めよ(光新聞四十二号昭和二十四年十二月三十一日)

      大聖キリストの曰った「世の終り近づけり汝等悔改めよ」と、又一面「天国は近づけり汝等悔改めよ」との此二つの警告は此意味を本当に説いたものは未だ曽つてなかったようである、勿論時期到らなかった為でもあるが、私が常に言う処の今日迄は夜の世界であったからで、それが時期愈々来って夜の世界は茲に終焉を告げ昼の世界に転換する事となったという意味とよく合致している事である、即ち世の終りとは夜の終りであり、天国とは昼の世界を言うのである、即ち今日迄の苦悩に満ちた暗黒世界は夜の表徴であり、昼の世界とは光明遍(アマネ)く罪悪も苦悩も打断れた歓喜の世界である、此説明を聞いて納得のゆくものは勿論信仰心を有する人であり信仰心の全然ない唯物主義者は之だけでは判り得ないであろうから彼等をも判らせるべく此夜昼転換の真相を茲にかくのである。

      抑々夜昼転換の順序であるが、之は私の常にいう如く眼に見えぬ幽幻界から始まってそれが霊界に移写し、それが又現界に移写するのである、茲で最初の転換である幽幻界とは三次元の世界で此時が西暦一八八一年で次の霊界即ち二次元の転換が一九三○年であり次の現界の転換こそ今や目捷に迫りつつある一大危機の開始である、一言にして言えば、世界は今や黎明の寸前にあり正に東天に太陽が上らんとしている時である、とすれば現在の霊界は科学的にみて如何なる状態にあるかを説明してみよう。

      いうまでもなく霊界に於ては夜の期間中は水素が主で火素が従であったものが昼の世界に入るや其反対に火素が主で水素が従となるのである、即ち暗が明に変るのである、それだけなら別段心配する事はないが、実は之によって空前の大変化が起るのである、といふのは未だ嘗(カツ)て経験にない程の破壊と創造が行はれる、即ち霊界に於ては濁が清となり、そのまゝ現界に移写されるから現界は如何に大いなる変異を起すか想像にあまりある、勿論霊界に火素が殖える結果として浄化力発生と共に時の経過に正比例して漸次強化されるのである、其の表れとして善悪正邪は明かとなり全人類に浄化が行はれる、元々人間の病気とは火素による浄化作用であるから体内に汚濁を多量に保有してゐる者ほど強烈なる浄化が行はれるのは当然である、然し今日迄の病気なるものは浄化が至極緩慢に来たので生命の危険に迄は及ぼさなかったが、最後の世の病気は頗る急激なる大浄化であるから極めて迅速な経過をとる、例えば頭痛咳嗽下痢等二つか三つ位の症状なれば生命が脅やかされる迄には至らないが、之が七つも八つも一度に発生するとすれば到底堪えられるものではない、此場合医師に診せるも全然病原が分らないから急速の死は免れないのである。

      何と恐るべきではないか、斯様な大浄化が人類を襲う結果一大恐怖時代が出現し滅ぶ者数知れずという事も想像され得るのである、此事に対してもキリストは最後の審判の言葉を以て一大警告を発せられてゐる、ただ今日迄此審判の真相と時期が判然と分らなかったので人類は真の自覚を得られなかったのである、然るにいよいよ時の迫った今、神は私をして茲に一大警告を与えるべく、具体的に書かしめ給うたのである。

      以上の意味に於て、大審判が今や全人類の頭上に蔽(オオ)ひ被らんとする此秋(トキ)一人でも多くの人間を救ひ給ふのが神の大愛である以上大審判の執行者であり人間の生命を握られ給うのであるから神の御手に縋って罪を許されるより外に此難関を切り抜ける方法は絶対ないのである、即ち人類が負へる罪の重荷を神の御手によって取除かれ清められる以外救はれる道はないからである。

      私は此最後の救の執行者として、神の委任のままに責任を遂行すべく茲に一大警鐘を鳴らすのである以上、耳を塞ぎ聞くを欲せざる人は自から滅びの運命を選ぶ人と言ふより外に言葉はない、愈々の時になって悔改むるも最早取返しのつかない事を警告して筆ををくのである。

タイトルとURLをコピーしました