岡田茂吉 観音教団とは何乎 (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日) | 岡田茂吉を学ぶ

観音教団とは何乎 (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日)

 本教団は地上天国出現を目的とし、物質文化の進歩と相俟って宗教文化を創成普及せんとするものである。

地上天国とは病貧争絶無の世界、全く人類理想の世界を言うにある事は、前項に詳説した通りである。彼の釈尊が唱えた五六七の世も、キリストが予言せし「天国は近づけり」という事も、日蓮の叫ばれた義農の世も、天理教の理想とせる「一列揃って甘露台の世」も、吾等の曰ふ「地上天国」と同様の意味である。但だ異る処は『時』の問題であるが、右の諸宗祖は『時』を知らせなかった。然るに其時期が非常に近づきつつある事を、私は覚り得たのである。時が近づきつつあるという事は何を意味するか、それは釈尊の唱えた仏滅であり、法滅尽であり、キリストの世の終り、又は最後の審判の時が切迫した事を想わせるのである。此儘にして地上天国が来るとすれば、人類は洵に幸福であるが、新しき理想世界が建設されるというに就ては、其前に旧世界の清算がなくてはならない訳である。恰度(チョウド)新しき家を建てんとするには旧(フル)き家を破壊し、土地を清浄化されなくてはならない。勿論旧き家にも役立つものは相当あろうから、それは残さるるであろう。その取捨選択は神がなし給う事は勿論である。故に人間は残されるもの、即ち新世界に役立つ者とならなければならない。それによって大いなる切替時を易く越えらるる事で所謂(イワユル)神の試験にパスするのである。その唯一(タダヒトツ)の方法としての信仰である事を次に説明してみよう。

以上説く如く世界の大転換期を乗越す資格とは、病貧争絶無の世界に生存なし得る人間であって文字通り病気のない健康人、貧苦から脱出した人間、和を好み争を嫌う人間である。此三大資格を有する人間であれば神は滅し給う必要がないばかりか、来るべき新世界の有能人として遇される訳で、神の意図と人間の理想との食違いはない事を私は信ずるのである。然らば右の三大資格を得んとする方法ありや、本教団は右の資格者たらしむべく教導し、神の恩恵を取次がんとするものである。

タイトルとURLをコピーしました