岡田茂吉 『文明の創造』天国篇  昭和27年 | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』天国篇  昭和27年

  私は科学篇、宗教篇を次々かいて来たが、之から最後の天国篇をかくのである。併(しか)し此所論は真の意味に於ける前人未説のものであって、文明世界設計の根幹ともなるものであるから、そのつもりで読んで貰いたいのである。併し初めて之を読む人は、現実と余りに懸け離れた理想論としか思われまいが、決してそうではない。立派な実現性のある事は、読むに従って分るであろう。抑々、主神の御目的である地上天国を建設する基本条件としては、何よりも大自然の実相そのままを表わす事である。というのはいつも言う如く、宇宙一切の構成は、日月地が根本となっており、此本質が火水土であるから此三位一体の力によって、万物は生成され、化育され、世界は無限の発展を遂げつつあるのである。処が今日迄の霊界は、屡屡(しばしば)説く如く夜であったが為、日は隠れていたのである。つまり月土日の順序となっていた。無論之は正しい順序ではないから、之迄の世界は一切に調和が欠け、紊(みだ)れに乱れて、現在見るが如き地獄世界を現出したのである。之というのも善と悪について曩(さき)に説いた如く、善悪の軋轢(あつれき)が必要であったからで、全く深甚なる神意に外(ほか)ならないのである。其期間中僅(わず)かに宗教によって緩和されて来た事もかいたが、全く釈尊の唱えた苦の娑婆(しゃば)と諦(あきら)めの言葉も、キリストの贖罪(しょくざい)と隣人愛もその意味に外ならなかった。

 処で私の唱える夜の世界が、昼の世界に転換するという事であるが、本来宇宙の原則としては、日月地の三段階が正しい順序であるに拘(かか)わらず、そうでなかったのは前述の如き意味であったからで、それが今度愈々完全の形となるのである。言わば世界は百八十度の転換であって、実に空前の一大異変である。従って現在の文化形体も一変するのは勿論、其大綱としては、前述の如き大自然の形となる以上、一切の機構も三段階になり、分れて六となり、又分れて九となる、つまり三六九で、之を縮めればミロクとなる。地上天国一名ミロクの世とは此事である。ではミロクの世とは具体的にはどのような世界であるかを、順次説いてみよう。

タイトルとURLをコピーしました