岡田茂吉 『文明の創造』天国篇 「ミロクの世の実相」昭和27年 | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』天国篇 「ミロクの世の実相」昭和27年

 之を先ず国際上から説明してみるが、世界各国の国境は、現在のままではあるが、実質的には撤廃されたと同様になるのである。つまり隣国に対する権力は平等となる以上、侵略などは絶対なくなるというよりも、侵略の必要がなくなるのである。茲で侵略に就て少しかいてみるが、今日迄は侵略にも止むを得ざるそれと、そうでない侵略との二つがあった。前者の方は例えば或一国の人口が益々殖えるので、国土が狭くなり、為に過剰人口の穿け口を求めなければならないが、それを快く受け入れる国がないとしたら、どんな手段によっても、そうしなければならない事になる。茲に戦争に愬(うった)えざるを得ないのであるが、ミロクの世になれば、そういう事情は絶対起らない。というのは世界には広漠たる原野を抱えて、人口稀薄の国はいくらでもあるから、日本の如く国土狭く、人口過剰な国家があるとしても、簡単に解決されるのである。それは世界議会があって、如何なる問題でも、慎重審議の上可決する。勿論今日の如き自国本位の、我利的根性など全然ないから、如何なる法案も正しいものである以上、円満に成立するのは勿論で、一ヵ年何万人でも、過剰人口は夫々(それぞれ)の国家へ公正に配分され、争いの余地などあり得ないのである。之がミロクの世の世界議会であるが、併しそうなっても各々の国には、其国の国会もあるにはあるが、今とは違い議員の素質も立派で、自利的観念を棄て何事も世界的人類愛的に解決する。従って現在の議場の如き、甲論乙駁(こうろんおつばく)、喧々囂々(けんけんごうごう)たる場面などは更になく、何事も説明だけで、和気藹々裡(わきあいあいり)に即決されて了(しま)うので、時間なども今日の十分の一にも足りないであろう。其様な訳で会期も三月に一回位で、一回の日数は半日宛三日位で済むであろう。

 之にも理由がある。それは法律というものが非常に少なくなる。言う迄もなく法律なるものは善人には必要がなく、悪人に対してのみの必要品であるからで、悪人のない世界となれば、そうなるのは当然である。此様な議会を頭に措いて、現在の議会を見たならどうであろうか、忌憚なく言えば文化的野蛮人の集合場といってもいいであろう。

 茲で世界議会の事を別の面からかいてみるが、近来アメリカに於て、唱導されている世界国家というのがそれであって、此説が出たという事も、ミロクの世の近まっている示唆であろう。そうして世界議会とは、今日の議会を世界的に拡げたものと思えばいい。勿論其中心の首脳者こそ、今日の大統領と同様で、即ち世界大統領が出来るのである。此任期は三年であって、勿論世界各国の議員の中から銓衡(せんこう)員が選ばれ、大統領を選ぶのであるが、其議員はその国の人口数に割当てられる。つまり之が世界議員である。

 それから今一つの後者の侵略者であるが、其時代は最早世界各国は武力がないので、戦争は不可能となり、前述の如く凡(すべ)て合理的平和的に、人口調節が出来る以上、之をかく必要もない訳である。  (栄百三十七号  昭和二十七年一月一日)

タイトルとURLをコピーしました