岡田茂吉 『文明の創造』総篇 地上天国(文明の創造 昭和二十七年) | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』総篇 地上天国(文明の創造 昭和二十七年) 

  地上天国とはバイブルから出た言葉であり、仏教ではミロクの世といい、西洋ではユートピアなどというが、勿論意味は同一であって、つまり理想世界である。之が曩にかいた如く神の目的であるから、現在迄の歴史は其世界を造る過程であったので、幾変遷を経て漸く天国の一歩手前に来たのが現在である。此世界を一口にいえば、病貧争絶無の世界である。処が此三大災厄の中の王座を占めているのが病気であるから、病気さえ解決すれば、貧乏も争いも自ら解消するのは、言を俟(ま)たない処である。

 以上の意味に於て、私は病気に就て根本原因を、凡ゆる面から徹底的に解剖し明かにするのである。而も之は医学と異なって、人智によって生れた学問上の研究理論ではなく、神の啓示を土台とし、実験によって得たる真理であるから毫末も誤りはないのである。そうして実験とは今日迄何万に上る私の弟子が、毎日何十万に上る患者の治療に当たっており、其治療率の素晴らしい事は、医学の一に対し百といっても、決して過言ではない程である。

 右の如く驚くべき治病の実績が、此地球上に出現したに拘わらず、全人類は治る力のない医学を無上のものと誤信し、病苦に悩み、長く生きられる生命を中途に挫折して了う其無智悲惨なる現状は、到底黙視出来ないのである。此様な末期的惨状を神として、そう長く放任して置けないのは当然である。という理由と来るべき理想世界の住民としての健康人を作らんが為との二つの理由によって、茲に医学の迷妄を発表するのである。

タイトルとURLをコピーしました