岡田茂吉 神の芸術 (地十一号 昭和二十四年十二月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

神の芸術 (地上天国十一号 昭和二十四年十二月二十日) 

  抑々現代人として今は如何なる時代であるかという事を認識しなければならない-
といふ前提を以て何を私は言はうとするのであらうか?外でもない、ラジオやテレヴィジョンの発明によって、全世界に起りつつある凡ゆる出来事を一瞬にして知り得るという事程、それほど物質文化は夢の間に進歩したのである。一体全体これは何を意味するのであるかといふ此点が頗る重要事であって、何よりも之に気付かないとすれば、現代文化を語る資格はないというべきである。

 彼の米国に於て、数年前より唱え始められて来た世界国家、世界政府という言葉こそ、近き将来呱々の声を挙ぐべき理想世界を暗示してゐる事でなくて何であらう。実に一大問題である。そうなる暁は勿論世界大統領も選出されるであらう、如何なる国家と雖もその国民中から大統領候補者を出し得る事とならう。此新世界が生れるに就ては凡ゆる部門に渉って大変革が行はるべきは勿論でその中にあって根幹をなすべきものは人類思想の革命であらう。勿論凡ゆる主義は一掃されると共に思想の統一が行はれるであらう。

      これを判り易くする為一の例證を示してみるが先づ茲に大画伯が世界といふ一大絵画を描くとする。其場合各種の線と色彩とを以て最高の美を表現し、欠点のない神技を表現するであらう。勿論世界的絵画を描く準備としては、数千年か数万年を要したであらう事は想像に難からないであらう。そうして最も重要事であるのは最初の線で、即ち之が長い歳月を費して作り上げた国境線で、此線が出来上れば今度は色彩である。其場合赤も青も黄色も白も紫や其他頗る多彩な絵具が要る。仮に之を民族や国に当嵌めてみよう。仮定的であるからその積りで読まれたい。其他の国々もそれぞれ特有の色彩の役目を果すのである。此巧みな線と多彩な色によって世界的名画は出来上るのであって、之こそ万能の神の一大芸術でなくて何であらう。処が今日迄の人類は自国特有の色彩を以て無上のものとなし、その一色のみで世界名画を描かうとするのであるから成功する筈はなかったのである。勿論時を無視した点もある。日本や独逸の敗戦が之を雄弁に物語ってゐる。此理によって主義や思想というものは、自分の作った一種類の絵具であるから、線の外まで塗り潰そうとしても不可能であるばかりか、他の同目的のものと摩擦を生ずる事になり、之が闘争の原因となり、結局人類愛を基本として、神が描く世界名画の邪魔になる以上一時は成功しても永くは持続しなかったのである。見よ古来から幾多の英雄が輩出したが、其殆んどが神の芸術妨害の咎(トガ)によって終に成敗されたではないか。是によって之をみれば、今後の強大国家は他国を自国色に塗るのではなく、その国特有の色をより鮮かに美しくしてやる事である。斯様な政策をとってこそ神意に添ふ事となり理想世界は実現するであらう。

      以上の意味によって宗教を考えてみる必要がある。宗教と雖も各宗各派が色の塗り合ひをしてゐた現在までの行り方では、時代の進歩に伴はないのみか、神の経綸と食違ふ事にならう。故に文化の進歩の奥にある神の深意を認識し、今や新しく生れんとする理想世界建設の為、全宗教を挙げて一丸となり、吾等と共に手を携えて邁進しようではないか。

タイトルとURLをコピーしました