御教え集5号 昭和二十六年十二月二十三日 御聖誕祭 ※ミロクの世

    それから、五六七の世に就いて、「文明の創造」の天国篇を書始めたですが、天国篇の最初の――大体基礎的の意味ですね。そう言う事を書いたんですが、今読ませます。

    (御論文「⇒天国篇」)  【註  栄光  第一三七号】
      天国篇 「ミロクの世の実相」

      之から、色々――経済、教育、芸術、社会機構ですね。そう言うものも、私が書いていく積りです。人類世界と言うのは、こうなるべきものだ。こうすべきものだ。こうすれば、戦争とか病気とか貧乏とか言う――色んなそう言う苦しい事はなくなると言う説明書ですね。で、之を、出来上つたら、英文に訳して世界中の主な識者ですね。そう言う方面に読ませるんです。要するに、新しい文明ですね。新しい文明の教育ですね。それをして、そうして成る程こう言うやり方は本当だと言う――昔から――西洋の学者の言う――つまりユートピヤ的な理想や、色々書いたのがあるにはある様ですが、つまり徹底しなかつたものを――今後は、はつきりと、こうだ。と言う様に書いていくんですね。私はあんまり見ないけれども、そう言う風に思われるんです。そうして、つまり、やる事が――設計書と言うのが、之が天国の福音なんです。

    聖書にある「天国の福音を普く述べ伝えらるべし」と言うのは、之なんですね。「然る後末期到る」と言うんですね。そうして、浄化力が強くなる。浄化力が強くなつて、一番現われるのは病気ですね。人類が、病気が起つて、どんどん死んじやうんです。そうすると、医学で治そうとして、一寸触ると、ころつと死んじやうと言うんです。注射したら、即座に死ぬ。つまり浄化力が強いから、固まつている時間がないから、医学じや駄目です。で、メシヤ教が言つたあれに違いないと言うので、わーつと来て、頭を下げるんです。そう単純に――直ぐにはいかないですが、結局そこにいくんです。そうして五六七の世が出来るんです。今読んだのは、世の中の――世界の組織ですね。その根本ですね――そう言うものを書いたんですがね。「文明の創造」と言う本は、天国の福音と――その「天国の福音を普く述べ伝えらるべし」と言つた処で、之は世界人類に知らせなければならない。それを信じないで亡びるのは、自業自得なんですからね。神様の方は、ちやんとやる丈の事はやつて、世界中に沢山、掴まる様に綱を出している。掴まらないのは、掴まらない者が悪いんだから、亡びるよりしようがないですね。そう言う根本は、意味があるんです。段々メシヤ教の動きと、世界的に浄化が段々強くなると言う事や何かも、それから色んな事がありますけれども、結局段々そこにいくと、大体解る訳ですね.

タイトルとURLをコピーしました