岡田茂吉 世界的名所としての瑞雲郷 (救世 四十九号 昭和二十五年二月十一日) | 岡田茂吉を学ぶ

世界的名所としての瑞雲郷 (救世 四十九号 昭和二十五年二月十一日)

      今、私が造りつつある熱海桃山の地上天国の模型は、最初は関東一と謂(い)われていたが、工事が進むにつれて日本一といわれ、最近に至っては世界一と謂われている、成程宗教的建造物として世界で有名なのは、旧い所ではギリシャのパルテノンであり、近世のものとしては彼のローマのヴァチカン宮殿、英国のウェストミンスター寺院であろう、又寺院以外の建造物として有名なのは中国の北京城で、其規模の雄大にして壮麗なる建築美は、実に世界一と言ってもよかろう、そうして日本に於ては何といっても日光東照宮で之だけは世界に誇り得る唯一のものであろう。

      それ等に比較すれば此瑞雲郷は、勿論金の掛り方は何百分の一にも足りない貧弱なものではあるが、他の面即ち位置といい全貌といい、周囲の景観といい眺める限りの山水の美は、恐らく広い世界に匹敵するものはあるまい、これはその道の人々の異口同音に称讃する処である、これを詳しくかいてみるが、先(ま)ず何よりも自然に具わる環境である、勿論左程山は高くはなく海抜百米(メートル)位であろう、而(しか)も駅から数丁位で、徒歩で十五分自動車で五分位であるから便利の好い事此上もない、そうして予定としては三期に分割して建造する筈であるが、現在第一期の分を造営中で、その敷地だけ今年半(なかば)頃に出来る予定で、一番高い所の敷地千二百坪へ間口十八間、奥行二十間三百六十坪の殿堂を建築の予定である、様式は最も近代的で、現在世界を風靡しつつある彼のフランスのコルビュジェ式で、私はそれを一層新しい様式に設計した、屋根なし全部白亜で、極端に簡素なデザインである、面白い事には此コルヴュジェ式は日本の茶席の建築から生れたものだそうである、そうして此敷地の片側は高さ四間、延長五十余間の石垣で最早完成しておりこれだけでも観者(みるもの)はその壮大に驚くのである。

 右の殿堂中心に、それを取巻いている起伏せる小山の自然的変化に富める曲線美は、実に何ともいえない好さで、どうみても神様が準備された事を思わない訳にはゆかないのである、それ等全体を麓から眺める時恐らく現世にあるを忘れ、夢の国に遊ぶ思いがするであろう。

      之に対し目下の予定としては梅の老木百本、吉野桜百本、八重桜五十本、大躑躅(つつじ)数十本、其他沈丁花(じんちょうげ)、薔薇、ライラック、藤、山吹、椿等の潅木を初め、チュウリップ、ヒヤシンス、水仙、春菊、アネモネ、パンジー、カーネーション、シクラメン等々の草花で、何れも春咲の物のみを植えるのであるから、完成の暁はその美観たる、恐らく想像もつかない程で、勿論世界にもないであろう。

      右は第一期分だけであるが、次いで第二期、第三期が完成する暁、世界的名所として、日本の誇りの一つとなる事は間違いないと信じている、従って観光外客は、日光の東照宮と熱海の地上天国を観なければならない事になるのは、今から期待し得らるるのである。

      最後に言いたい事は、右の如き建造物を企画した抑々(そもそも)の目的は、私の常に言う、日本の使命は芸術国家であるとして、日本の自然美と人工美とをタイアップした処の渾然たる一大芸術品を造るにあるので、それには先ず位置の選定が肝腎である、その為日本中を踏査した結果、熱海こそ理想的最優秀地である事を知ったのである、言うまでもなく気候温和にして温泉あり山あり海あり島(初島及び大島)あり、海岸線の紆余曲折変化に富める景観は他に比すべきものがない、而も交通至便なる関西と関東との中間に位し、国立公園たる箱根伊豆半島に隣接している等々、実に申分ない天与の勝地である、而も熱海中の最も風景絶佳な土地二万有余坪を次々手に入れたのである、勿論数年前の非常に安い時からであるから、全く神が遠い以前から準備された事は一点の疑いない処で、実に地上天国の模型を造るべき条件は悉く具備している事が判るのである。

タイトルとURLをコピーしました