岡田茂吉 下座の行 (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日) | 岡田茂吉を学ぶ

下座の行 (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日)

 下座の行という詞(コトバ)は昔からあるが、之は人間処世上案外重要事である。しかも信仰者に於て殊に然りである。信仰団体などに、教義を宣伝する先生に、どうも下座の行が足りないように見える事が屡々ある。昔からの諺に「能ある鷹は爪隠す」とか、「稔る程頭を下げる稲穂かな」などという句があるが、何れも下座の行をいうたものである。
  
 威張りたがる、偉く見せたがる、物識ぶりたがる、自慢したがるというように、たがる事は反って逆効果を来すものである。少し許り人から何とかいわれるようになると振りたがるのは人間の弱点であって、今迄世間一般の業務に従事し、一般人と同様な生活をしてゐた者や、社会の下積みになってゐた者が、急に先生といわれるようになると「俺はそんなに偉く見えるのか」というように、最初は嬉しく有難く思ってゐたのが、段々日を経るに従い、より偉く見られたいという欲望が、大抵の人は起るものである。それ迄は良かったが、それからがどうも面白くない。人に不快を与えるようになるが、御本人はなかなか気が付かないものである。

 神様は慢心を非常に嫌うようである。謙譲の徳といゝ、下座の行という事は実に貴いもので、文化生活に於て殊にそうである。多人数集合の場所や、汽車電車等に乗る場合、人を押し除けたり、良い座席に傲然と座したがる行動は、一種の独占心理であって面白くない。

 円滑に気持よい社会を作る事こそ民主的思想の表われであって、此事は昔も今も些かも変りはないのである。  

タイトルとURLをコピーしました