新型コロナウィルスと御教え

こんにちは、
 今、大変問題になっている”新型コロナウィルス”ですが、御教えを学ぶ好機ではないかと提案してくださった方がいらしたので、節分祭、立春祭、教祖祭と大事な節目となる参拝の学びに重点を置きたかったので、一段落して、細菌関係の御教えを出させてもらってみました。今まで出させてもらっている「文明の創造」他、などでも十分に学べるようにも思いましたが、具体的に関連する御教えを学ばせて頂くことでさらに理解を深めていただけるかなと思います。

 しかし、メシヤ様が私たちの為に理解できるようにと心を砕いて、繰り返し同じような御教えを何回もお出しいただいていることに今回気付かせて頂き、頭が下がりました。実際のところそれでも難しい内容だと、私の場合はまだ理解がおぼつかないようで申し訳ない限りなのですが・・・。
 
 この度のコロナウィルスは、人類の歴史に残る出来事になると思います。今は世の中が極端にウィルスに敏感になってしまって、天然痘はもとより、30年ぐらい前までは当たり前に子供たちがかかっていた麻疹などまで、今では麻疹の患者さんが出たらニュースになる世の中なのですから(笑)、本当に困ったものだなーと心を痛めております。

 ある時、予防接種の怖さなどを良く学んでいる、まだ乳飲み子のいる若い助産師さんに、「どうしたら我が子に麻疹を移してもらえるんでしょう?」と聞かれ、もし、自分の子供が麻疹になったらかなり肩身が狭い思いをしなくちゃいけなくなるんじゃないかと思われるような、この変なご時世に、よくぞそんなことを聞いてくださると思い、内心ビックリしました!!。どうしたらと言ってもはやらないかぎりは移りようがないし、今のご時世では麻疹も流行りようがないかもしれないですよね・・。それだから、質問してきたのでしょうが、私も何も答えてあげれませんでした。
彼女のようなしっかりした若いお母さん方の声が大きくなり、世論をかえ、感染病の正しい新常識が生まれて欲しいものです。
 友達とも話していたのですが、医学は”昔の常識が今の非常識”という事がかなり出てきていますよね。メシヤ講座で楳木代表が
メシヤ様の浄化論は生命38億年の流れの中の全てを包含している
とおっしゃっていますが人類の未来のためにも、少しでも早くメシヤ様の浄化の理論が世の中に浸透され、対処療法の医療から真の健康体を目指す方向に世の中も変わって行くことを切に願い
下記に関連の御教えとメシヤ講座添付しました。
  *トク盛りです。適宜お学びくださいませ。m(._.)m

黴菌人間  (栄百八十三号  昭和二十七年十一月十九日)
現代人が最も怖れているのは、病原としての黴菌であろう。では一体黴菌なるものの発生は、何が為であるかというと、全く人間の健康上必要なものであるばかりか、それを作るのが人間自身であるから、驚かざるを得ないのである
『文明の創造』科学篇 「無機質界」 昭和二十七年   
唯物科学の到達し得た処の極致点が、現在の原子科学であるとしたら、其の次の存在である処の世界、即ち私の唱える無機質界が明らかにされたのであるから、科学上からいっても、実に劃期的一大進歩といえよう。そうして此の世界こそ曩に述べた如く、科学と神霊との繋がりの存在であって、今茲に説く処の此の文は、つまり科学界と神霊界との中間にある空白を充填した訳である。実に此の空白こそ今日迄科学者も、哲学者も宗教家も知らんとして知り得なかった処の、神秘的謎の世界であったのである
『文明の創造』科学篇 「霊主体従」 昭和二十七年 
抑々人間とは体と霊との二原素の密接合致によって成立っているものであって、勿論体とは眼に見ゆる物質で誰にも判るが、霊とは眼に映らないものである以上、長い間分からなかったのである。処が確実に存在している一種のエーテルの如きものである。としたら方法によっては、把握出来ない筈はないのである。

タイトルとURLをコピーしました