岡田茂吉 予防接種は野蛮行為      2001年5月(メシヤ講座) | 岡田茂吉を学ぶ

[メシヤ講座] 予防接種は野蛮行為  2001年5月(メシヤ講座) (私達の学び目からウロコの内容より)

<質問者>子育てに関連してですが、三種混合などの予防接種についてどのように対処したら? 

<楳木代表>
様々な要因を加味していかねばなりませんが、一般に予防接種が行き届いていない時代の子供たちと行き届いた時代の子供たちを比べてみてもらいますと、年輩者なら以前の方が良かったと言います。何がと言いますと、性格的なことです。青洟を垂らしていた時代と現代を比べても同じような返事です。精神への影響を感じているのですね。メシヤ様の教えでは『予防接種や手術は野蛮行為だ』とあります。これは、霊体一致の法則により、「異物を入れると血が汚れ、血が汚れると霊が穢れる」ということです。また「肉体のある部位を切除すると、霊細胞も切除されてしまい来世の生活に支障を来たす」ということです。現代人は、などの異物を体内に入れることに鈍感になっていますが、覚醒剤などを例に引くと解りやすいと思います。ア-チストなどが麻に惹かれる場合があります。創造的活動というのは脳内にド-パミンが分泌されるのですが、その前にド-パミンを誘い出す誘導物質が出ます。その誘導物質が豊富に出る人が天才的活動ができるのです。しかし、あまり出ない人は、人工的誘導物質の麻や覚醒剤に頼ろうとするわけです。ところが、脳内に自然に出てくる誘導物質は、すぐに分解します。依存がつかないうちに分解してしまいます。しかし外から入れる人工誘導物質は、分解しない訳です。そして依存がつきます。それが中毒です。人工物質にはこうした落とし穴がある訳です。 出産後の初乳には、赤ちゃんにとってとても大切な働きがあることは以前話しましたが、体臭もお母さんに似てきます。また離乳食を食べ始めると、便の匂いが強くなりますね。これは消化のための菌が正常に増えていっているからです。さてその菌はどうして赤ちゃんの体内にできたのでしょう?ご存知のように、口移しで食べさせてあげることによって菌も一緒に入っていくのですね。ですから大いに口移しをしなくてはいけません。中には、歯周病の心配をする方もいますが、その予防のために涎が出るのですよ。巧くできているのです。こうした生命の神秘に、驚いたり、感動したり、感謝して子育てをしていただきたい話ですが、麻疹などは人間にとって大切な役割があるので、安静にして浄霊をいただけばその子のためには良いのですが・・。ただ、浄霊力を知らない人では予防接種も仕方ないですね。個々人の自由ですから。
<学び>
メシヤ様の教えでは『予防接種や手術は野蛮行為だ』とあります。これは、霊体一致の法則により、異物を入れると血が汚れ、血が汚れると霊が穢れる」
誠に一言でいいつくされていて素晴らしいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました