『文明の創造』天国建設の順序と悪の追放をアップ。メシヤ講座の解説も同時掲載!

御講話 昭和10年5月1日

 ただいま竹村会長がお話になりましたごとく、私は昨年の今日、麹町平河町へ病気治しによって、大きな経綸を始めたんであります。そして、今年の一月元旦から観音会を創立しまして、ちょうど四カ月経たわけであります。それで、そのわずか四カ月間に日に月にと申し上げたいのですが、実は日に日に発展してまいりつつあるのであります。
 それで、八年前から観音様が種々な仕組みをなされたんでありますが、それがみな五月一日から始まっているんであります。それで、今年も五月から必ずや一大転換するものと期待していたところが、つい一週間ばかり前までは、ある点は非常に変わらんとしつつあるが、目に見えるなにものもなかったんであります。すると、ひょっと清水さんが来たとき、家を探してもらいたいと頼んだんであります。いままで家を探すときは必ず清水さんを働かした。そうすると必ずあるんであります。これはまた妙な因縁で、家のことも去年から他の人に頼んだがないのです。ところが、今度は清水さんに頼んだところ、清水さんは、「待っていました、いつかそういうお言葉があろうかと思っていた、いよいよこれでめっかるんだ」というわけで、さっそく探したんです。ところが私の希望するような家があったんであります。ちょっと見ただけであったんで、そんな家が貸家としてちょっと見ただけであるべき家ではないのであります。
 応神堂の家を探す際には、九尺の床の間があって門構えの家で、家賃は七、八十円の家を探すようにという条件であったんですが、今度は、地所の高い所で堂々たる立派な家でなければ駄目だと言ったんで、なかなか難しい条件だったんです。ところが二、三日経って言ってきた。そういう家がそう早くあるわけはないのですが、二、三日前行ってみましたところ思ったよりはいい。まず申し分のないという家なんであります。ところがそれを先方の言うままにすると、先方で五月一日に契約したいと言うのです。ちょうど五月の一日から大変したことになります。先刻契約がすんだところで、これもなかなかそういうふうに家を貸すのは非常に偉い。容易に貸すわけはないのであります。
 無論竹村さんの御尽力もありましたでしょうが、とにかく非常にスラスラと思ったよりは楽に巧くいったわけなんであります。
 それで、一日に契約して引っ越すのはいつかと思っておりますと、昨夕観音様からお示しがあって、五月五日に越すように、とのことでして判ったのです。なるほど五月五日に越さすために、わざわざどんづまりまで延ばしたんだ。もしか早くすると五月一日に越すところなんですから、観音様のほうで間際に決めさせたので、壁も損じ、変てこな西洋間があって、畳を入れたりほうぼう修繕したりして、ちょうど五日に越すとよいのです。
 また、五月五日ということはたいへん観音様にとって意味があり、私が前に神界すなわち神様のほうの世界の経綸にかかったとき、桃太郎として初めて仕事のため出た日もやはり五月五日でありました。今度の五月五日もやはり桃太郎の仕事をすることになります。五月五日の鯉幟(のぼり)は今度の観音会のことの謎であったんであります。
 鯉というものは出世魚と言って一番出世するものの意であります。鯉は魚の観音様で、真鯉は鱗が三十三枚あるんで、三十三枚ないのは真鯉ではない。先に勘定してみたことがありますが、たしかに三十三枚あります。
 よく巧く行くことを登龍門をくぐるとか、または登龍門を登るとか言います。
 これは、支那のある川を鯉が昇り、だんだん昇って行くと上流のほうに登龍門というのがあってそこまで鯉が登ると言うことであります。
 鯉は出世魚ということから、五月五日に鯉幟を祝うのであります。
 江戸っ子は五月の鯉の吹流し口先斗(ばか)りで腸(はらわた)はなしということがありますが、これも神秘のあることで、私は江戸っ子ですから、口先ばかりで腸はないというほうであります。五月の鯉幟の口……
 観音様がやっておられるとすると、いい方から言えばそれになるから結構であります。
 観音様は一番位の高い所から一番低い位へ落ちて、それから一番高い位へのぼられるのであります。
 今年の五月五日から一歩出世したということになります。これは自分自身で出世したというのではなく、惟神(かむながら)で観音様がそうするんであります。
 そういうわけで五月ということはたいへんな意味があるのでありますから、今月から非常に模様が変わってくるんであります。
 観音会はいっそう急速に高く変わってくる。また、広く信者ができるとともに、また高い所へできてくるわけで、それについて不思議なことがあります。
 今日東光社で、いま新聞売ってる人が三人ありますが、先にはもっとたくさんおったんですが、ほうぼうへ散らしたためにちょうど三人だけ残っているんであります。それが、今日の売れ方が一人が五十一、一人が六十一、一人が七十一でちょうど五六七となり、みな一部ずつよけいに売れているんであります。一部ずつよけいに売れたということは、一は初まりであります。いつも言う五六七はミロクですから、今日がミロクの始まりということになるんであります。
 も一つ不思議なことは、一月から先月まで四カ月間に、御神体を奉斉した方が三百六十二人あるのでありまして、これも五六七の始まりということになります。かくのごとく実に神秘であります。
 いままで、新聞を長い間売っておりまして、前にはたいてい『愛善新聞』売ったんですが、長い人は三年も売っております。ところがそのことはすべて、今日『東方の光』を売る稽古になっております。今日のように三人行って、五六七という不思議な数字が出たことは未だかつてないことであります。
 なぜ観音様は、そういう不思議をなさるかというと、それは観音力はこのように自由自在であることをお見せになるんであります……でありますから、どんなことでもわけないということをずいぶん私はいままで見せられたのであります。
 その結果、私が観音力の絶対を信じた、病貧争のない世界、あるいは世界統一くらいもなんでもなくできるという確信を得られたんであります。
 で、これから第二段の経綸の初めになりますから、抱負としてその経綸の一端をお話するわけであります。梯子段ならいままで一段上がったんで、今日からまた一段昇るのであります。
 この前、応神堂ができてから応神堂に対し本部ができました。ところが今度の家は応神堂よりはずっと立派ですから、それに相応して本部ができるんであります。できるかどうかじゃない、必ずできるんであります。人間のやることですと、できるかしらということがありましょうが、観音様のやられることですから、必ずできるんであります。それができると、今度は借りないでも思った通りなものができるんで、だんだん大きく拡がって行く。これは実に判で押すよりも間違いなく行くのであります。
 いつもお話する、大光明世界建設、病貧争のない世界ということは、いったいどういうふうにすればできるかということになりますが、これについてはその根本があります。
 なんでも物事には根本があります。根本さえできれば、枝はほおっておいてもできてしまうのであります。
 しからば根本はなにかと言いますと、この世界は人間でなっておりますから、根本は人間であります。
 人間が立派に完全になればいい。その根本が立派になればいい。で、人間は霊と体、精神と身体とでなっている。それが本当に立ち直ればそれでいいんであります。
 すると、その根本は人間の精神と肉体、それを健全なものにすることであって、それをどうすればいいかが問題であります。

 人間というものは、健康で働かしむべきものに神様からこしらえてある。決して病気などすべきものではない。病気するのはよくよく天理に外れたこと、間違ったことをしてるに違いない。
 それで現代は病気の人ばかりで、健康な人というものは珍しい。達者で健康ならば結構という。元来病気はあるべきものではない。
 病気が治らねば、世の中は直らぬ。
 よく医学を悪く言いますが、医学が悪いのではない。ありのまま言うと医学ではなかなか病気が治らぬ。治らぬために種々の方法をとって、機械とか薬がいるのであって、今日の医学の病名とか機械とか、薬の名をみんな覚えるのは不可能のことと思います。
 本当に治るものならば、たった一つでいいと思う。なんとなれば、病気の原因は一つですから、その病気の原因というのは罪穢であります。
 それで、その罪穢を除(と)る機械ができれば、病気はみんな治るのであります。治す方法は一つなのであります。その人の弱い所へ罪穢が溜まり病気になるのですから、その罪穢を除る薬なり、機械ができればよいのであります。それは、薬や機械では除れぬ。そういうものを作ったら治るかというと、ロボットならば科学で作ったもので治りますが、もっともっと人間というものは、想像もつかぬ霊妙なものでありますから、どうしても、人間の肉体の問題は科学より深い神秘的なもので解決せねばならぬのであります。
 ところが、その機械ができた。それを観音会で発表したんであります。すなわち罪穢を除る機械であります。それは人間を使わねばできない。
 人間は神が生まされた。神の代わりができるものなんであります。人間を使って人間の罪穢を除るのであります。今度、本部で指圧療法を始めるということは、罪穢を許す、罪穢吸収機関を発売するわけで、指圧療法の習いたい方はどなたでもお教えする。
 教える部分もあり、頭が悪いとか、目が悪いとか、肩が凝るとかいうのを直す急所を教えるんであります。
 いま仮に肺の悪い人があるとすると、医者は肺病とみます。ところがその肺の元があります。
 役者が舞台で踊るにも、楽屋で化粧し、創作家の脚本によって動くのであります。それゆえ演劇は楽屋と脚本が元であります。
 で、そのように肺の痰が出るにはどっかにその本があります。それが医学では判らないのであります。
 私は観音様から教えられたところにより、急所を教えるんであります。急所をやって行きますから病気は必ず真から治ってゆく。現われた所を治すのは制えるだけのもので、ちょうど、芝居を見て云々するようなもので、どうしてもその楽屋のほうを治さねばなりません。それには、まず一カ月以上かかります。一カ月ほどで判る人もあり、人によってはそれでも難しいこともあります。
 も一つは学校で教わるごとく覚えたのみではなく、世の人を救うという大信念がなくてはならぬ。
 世界人類を救う、大光明世界建設のために力をつくすという高い意志がなくてはならぬ。そういう高い意志がないと間違いが起るのであります。そういう間違いない意志、人格的にみて間違いないとみれば、分院の開設を許すことになるんで、だんだんそういう人を増やして行くんであります。
 そして、「岡田式神霊指圧療法」はとてもよく治る。料金も安く短時日で治るという信用を得、また非常に親切で真剣に治すという、あらゆることの信用を得なければならぬのであります。
 そうすれば、観音会へ入る信者がたくさんできる。そうして、入った人は病貧争がなくなるというふうになる。結局、各町内に一カ所ずつ指圧療法の分院ができるようになり、初めて人間は薬や医者の治し方は違う、日本医学より他に病気を治すものはない。どうしても、日本式健康法でなければならぬことを社会の人が知って、それで初めて健康問題は解決するのであります。そういう観音様の御目的であられるのであります。
 でありますから、これからは指圧療法の先生の養成をする。それが罪穢を除る機械になるのであります。
 いままであらゆるものがみな枝葉末節に走っております。これが実に不思議であります。元を閑却して現われた枝ばかり改めて、それをなくそうとしていたんであります。
 先刻お話した通り、あらゆる方法で人間に悪いことをさせぬ機関を作るということは、要するに枝葉末節の方法であって、観音会はすべて根本を攻める。なくすんであります。そういう末節の機関、法律とか警察をなくすんであります。それは個人の心を治すんで、悪いことをしない心の人間を造ればよいのであります。それでこそ初めて人類が人間としての価値がありと思うのです。うっちゃらかしておいても悪いことしない。これが万物の霊長たるもののゆえんであります。
 キリスト教では、人は神に似せて作られたということがありますが、神に似せて作ってあっても行なうことが獣であってはいけない。少なくとも四足の境涯を抜け出た人でなくてはならない。
 西洋文明のほうは、人間が悪いことしないような道具は実に発展しております。獣を入れる檻は実にうまく作ってあると言っていいのであります。
 日本の大和魂は檻もなにもなくても、決して悪いことをしない。そういう高等な人間を作る。それが観音会の主なる目的であります。ほったらかしておいても悪いことをしない。病気をしない。これだけで後のどんな問題も解決するんであります。そうすれば、食えない人間がなくなる。
 人間が目につかないことで金を払う約束を実行しないために、どのくらい円滑を欠いているか判らない。人間がもし約束を履行するようになれば裁判所などはいらぬ。帳簿の記載なども……
 金に困ることがない。実に円滑極まる。貿易の発展はたいへんなものであります。賄賂をとったりなどせねば貿易ができぬようでは非常に困る。賄賂をとったためどのくらい手数がかかるか分からぬ。その賄賂でとった金をもって病院を建てたり……
 こういう犯罪まで行かない程度のもので、人間が多くの労力を失ってるのはいかにも大きい。
 こういう無益なことがなくなりますから、生産能力は非常なものになるので……
 大光明世界ができると、人間は三時間働いただけでも食うものに困らなくなる。今日の交通機関や、衣食住などとても善美になるんであります。庶民一般も非常に立派な着物を着る。立派な家屋に住むことになるんであります。今日の労力の少なくとも半分は、軍備とか○○○とか病気のため、あるいは機械のため費やす。
 種々の監獄とか警察を作って、悪いことさせぬ種々の機関を作る。学問にしてもよけいな学問が半分以上あります。そういうことのために食って楽しむというよりは、悪のためにする入費が多い。悪に属する苦しみ楽しみの方面の労力は、八、九割くらいの見当と思うのであります。
 そう考えるとき、人類はいかに知らず知らずの間に、間違ったことをしているかが判るのであります。観音様は、そういう間違ったことをだんだんこれからかえて行くんであります。
 それでは、そんな間違った世の中をなんで神が作ったか。万能の神としておかしい理屈になる。ところが元来人間は、またあらゆるものは、霊と体とでできております。これを別ければ、陰と陽、火と水のごときもの……さらに分ければ、善と悪になります。
 霊は絶対の善、体は絶対の悪になります。というように考えて行くと判りますが、絶対の善と絶対の悪と両方あるのであります。物質は全部悪でできております。で、悪はいかん……とは言えぬ。善悪相混じて、初めて森羅万象ができているんであります。
 これを発達するのに、物質を発達させるにはどうしても悪でなくてはならぬ。善ばかりでは物質の発達はできぬのであります。
 それで神は物質の発達のために悪を勝たしたんであります。しかしぜんぜん悪を勝たせば世界は破滅するゆえ、悪をある程度まで勝たしたんであります。戦争とか病気とかといえども、そのために必要だったんであります。
 一言例を挙げて言えば、
 みな、嫌う黴菌でありますが、これがたいへん必要なものなんで、コレラとか、赤痢とか、肺病とか、チフスとか、黴菌とかが絶対必要であります。もしこれがなかったならば、人類は滅亡しているんであります。それは変だというようにとれますが、あれはなんだかというと人間の汚物を掃除すべき役で、これを媒介する蝿はたいへんな役割をしてるんであります。これはたいへん衛生に逆らうようですが、あらゆるものは、不必要なものは存在を許されぬのであります。
 万能力、絶対力は不可なる物は一瞬にして殺すんであります。ただ人間の目でそれを悪いと勝手に決めるだけのもので、神のほうでは必要なものであります。
 黴菌はなんのためにあるかというと、人間は汚いものが溜まるんで、それを掃除しなければ早死にするんであります。
 で、やむを得ず黴菌が作られたもので、チフスだの肺炎だのあるために人間は長生きしてるんであります。私も三十くらいのときチフスをやったんで寿命が伸びたんであります。
 つまり汚い物が溜まるのを、黴菌がついて毒素をとるのであります。腸チフスだの赤痢だのいうのは、掃除する工作のため病人を起す。
 でありますから人間に汚物が溜まらなくなれば、黴菌はなくなるのであります。
 ですから、大光明世界が建設されれば、伝染病などはなくなるんであります。それはたくさん溜まることがなくなるから必要はなくなるのであります。
 で悪の必要があって、神は悪を許されたんであります。
 もしか悪がなければ戦争とか、争闘がなく種々な発明などがなかったのに違いない。
 もし欧州大戦がなかったならば、飛行機とか無線科学は今日までに発達しなかったでしょう。そのために、人間はいかに苦しんだことかしれません。それで知らず知らず文化が発達したんであります。
 これまで発達すれば、大光明世界ができる条件が備わった。もうここいらでよそうというのが神様の思し召しなんであります。実にありがたい時期になったものであります。物質文明の発達は逆でなければならぬ。それで悪を上にし善を下にしたんであります。これをさすために、ユダヤ人を使って悪で発達せしめたんであります。で悪の役をしたのがユダヤ人で、ユダヤ人の本体は素盞嗚尊で素盞嗚尊の本体は伊邪冊尊(いざなみのみこと)であります。
 いままでの人類は病気をし、悪いことをしたがる人間にしてあったのは、そういうためにしてあったので、これはよく言うことも悪く言うこともできないのであります。やむを得ずのことであります。でいつまでもこれを真理としていてはならぬ。目醒めなければならぬ。それで、今度はどうなるかと言えば、善悪一致になる。それは善の世界であります。善の世界でありますから、善には非ず悪には非ず、善であり、悪であり、善にはならず悪にもならぬ。というのは善が上に位する。善を上にするから人間を苦しめない。今日の発達した文化を非常によく発達さす。それを今後観音会が中心となって実行する。見本を見せるのであります。観音会の人、観音会の家庭が、その見本になって行くんであります。
 その観音会の人は観音行をすればいい。つまり、あたりまえのことをしておれば家は富み栄え、いままでの社会の人が羨む家庭ができる。だんだん進んで行くに従い立別けがついて行くんであります。
 ますますはっきりする。観音信仰の人はますますよくなる。出世をする。大きくなる。そして、観音会員の家庭は目立ってよくなってくる。
 もうそういう時期になると、宣伝の必要がないくらいになる。嘘のような時機が来るんであります。いままで始終言ってきたことが、順々に出てきつつあるのであります。でありますからいよいよ進展の時期となり、今月からいっそう顕著になってくるんでありますから、そういうお考えをもってやられるよう。
 そうなれば、いままでより判る人が多くなってくる。病気の治したい方はどしどし開放的に授けますから、申し込んでください。
 いずれ大きな本部もでき、日本医学の病院も造りますが、そのときは西洋医学も、漢方医学も、いくらか取り入れるかもしれません。そして日本医学を造り、いかによく治るかということが判りますから、逆輸出するつもりであります。医学はいまもって大輪入超過になっております。これをだんだん、日本医学を造って輸出する考えであります。でありますから、たいへん国益になると思います。指圧療法をするにはいいと許可を与えれば御守りを上げます。それへ字をかき懐へ入れると観音力が出るんです。そういうものを一つ百円で売ります。百円は現金でも月賦でもよいので、ただ御守りを懐へ入れてやれば、飯が食って行けるんですから楽なものであります。そういう御守りを大いに輸出しようと思うのです。西洋の薬のように種々造らなくても、一つで何千人何百人とできるんですから。
 実際言うとあらゆるものは、日本でいいものができる。そうすると、初めて世界を統一することになる。また御守りをかければ、悪いことができなくなる御守りもできるから、悪人をなくすもわけはない。また貧乏にならない御守りもできるんであります。ですからこれは実際にできるんであります。
 ですから嘘のような本当のことが実現するんですから、人類社会の組織はすべて大転換をする。自然にするんで、それが観音力なんで人間が苦しんでしない。楽にやっていてたいへんなことができる。骨を折らないほど観音力であります。じーっとして私は家にいればよい。みな観音力でできるんだと、観音様は言われるんであります。ただ座っておれば必要なものまた必要な人が集まってくるんであります。それは、私が引っ張るんでなくて、先方から来るんであります。
(解釈:日本医学に取り入れる検討対象は、西洋医学では抜歯や事故に対する消毒薬不使用の縫合外科処置、中国医学の運動法つまり太極拳など。薬においては、抜歯における麻酔薬を除いて一切不可)

タイトルとURLをコピーしました