御講話 昭和10(1935)年5月11日

 先ほど最初に堀口さんのお話の中に、今度できた御守りのことがありましたが、これはよく説明しなければお分かりにならないことと思いますから、少し説明しようと思います。
 いままでの御守りは一円でお頒(わか)ちしていたんですが、今度のは十円でお頒ちいたしています。
 観音様の御目的は、病貧争をなくするのであります。でそのうちでも、一番肝腎なことは病気なんであります。
 これはこの前にお話したことでありますが、この病気を根本的になくするんであります。
 観音様からお知らせ受けたところによると、日本では三千年以前、外国では国により五千年、七千年、あるいは九千年という具合ですが、それ以前には病気というものはなかったんであります。ちょっとの病気くらいはあったでしょうが、今日言うような病気はなかった。従って人間は百歳以上までみな生きたものであります。よく歴史に、神武天皇以前になると、十五代あるいは十代くらいにわたる天皇があります。それは文献にもあるところでありますが、たいていは百歳以上まで生きておられますが、あれは本当なんであります。
 それではなぜ病気というものが発生したか。また、なぜ人類が早死にするようになったか、ということになりますと、これにはたいへんなわけがあるのであります。
 このお話をすると、それはたいへんなことで、大問題だということになるのであります。
 それゆえ、この話はなるたけ時期を遅らせようと思っておりましたが、一日も早くしなければいけないことと思うのであります。どうもいずれはお話しなければならぬことではあるし、これがまたあまりに意外な話なんで、ほとんど信ぜられぬくらいの話であります。しかし、まず早く発表したい気がしきりにするので、今夜お話することにいたします。
 それはなにかと申しますと、人間に病気というものが発生し、早死にするようになったということは、これは薬というものができたためであります。
 ですから、うっかり言うと、たいへんな意外な話でありますから、とうてい信じられないのであります。
 この薬によって、人間の寿命が縮められた。薬のない時代はみんな人間が百歳以上まで生きていたんだと、こういうことを観音様から知らされたんであります。
 それを聞いて私もびっくりしたんであります。それから、医学の進歩によって、実は人類を滅亡せんとするくらいになってきたのであります。
 ですから、こういうことを言えば狂人としか思われないのですが、と言うて、これをこうしておいてはたいへんなことになります。というために観音様がいよいよお助けになるということになるんであります。
 で、これはだんだんと世の中にはっきり判ってくるんであります。なぜはっきり判ってくるかと言いますと、観音会ではっきり判らせるんでなくして、お医者自身が判ってくるんであります。でありますから、ただこれだけ言っておけば、後はお医者さんに任しておけばよいので、だんだん時節が経つに従って、薬や医学では治らぬということが判り、次に、薬や医学のために人間の生命をたいへんに縮めてることが判ってくるのであります。今日、渋谷の塩野谷博士の所へ昨日まで通っていた人が来られましたが、その人から聞いてみると、その博士は掌で治すんだそうです。そして治療する前に、観音経を称えるんだそうであります。そして観音経をやって一生懸命御祈願してから掌で治すんだそうで、これが医学博士であります。昨日まで受けた人が言うのですから間違いない事実です。これはお医者自身が判ったので、いくら医術や薬をやっても駄目だということが判った。いわゆる先覚者であります。で、その人はそうとう前からやってる医者より、大いに繁昌しているんであります。
 もし薬を使わず、そういうやり方が悪かったならば、そういうように繁昌しないわけで、患者がますます増えるというのは、そういうやり方でやってるほうがよく治るということを、お医者自身が証拠立てたというわけであります。
 でありますから、医者や薬で人間生命を縮めるというだけのもので、それを実行しなくてもいいのです。お医者や薬屋さんが実行するようになるんであります。
 そうなりますと、医者や薬で駄目だとすれば、今度はそれに代わるものができなくてはならぬ。で、それに代わるべきものとして、先刻言った十円の御守りができたのであります。これを懐へ入れておきますと、別になにもしないでも病気は治るのであります。これはなにもしないほど治るんであります。なにかするほど、それだけ遅れるんであります。また、これは一人でなく、だれがかけてもよいのですから、一人が治ればまた他の方にかけさせれば救われるのですから、金のできない方も、これを借りればよいわけでありますから、こんな力強いことはありません。ある程度の病気は絶対にこの御守りによって治ることになっております。支部長がもし遠く離れておられた場合、また遠国の方など特にお受けしておかれたら結構と思うのであります。

 たとえてみますと御手代であります。扇子に字の書いたもの、病気の治る意味の字の書いたもの、それを患部に当てると治る。扇子の字で病気が治るという、これを科学的にみればあまりにも不可思議千万な話で、信仰してる人は常識でありますが、ぜんぜん知らない人が見たならば、こんなべらぼうなことはない、そんな理屈はないというでしょうが、ところが、博士が見放した病気が立派に治るんであります。
 その扇子を病気の所へ当てれば、治る意味のことが書いてあるんですから、その字が働くんであります。文字が働くなどということは、いかにも大きな力です。それが観音力であります。
 観音力はいろいろな働きがありますが、文字が働くということもすばらしいものなんであります。
 そういうわけでありますから、いまさっき言いました十円の御守りを懐へ入れておけば、あらゆる病気が治る意味が書いてあり、その意味通り書いてある扇子で始終治されているゆえ病気は治るんでありますから、どうしても治るんであります。そうしなければ世界中が救われぬのであります。一軒に一人病気ができこの御守りを受けて治れば、他の病人に持たせばよいのであります。そんな馬鹿なことがあるものかと言ってもなんと言っても治るんであります。そういう人の言葉よりも観音様の字のほうが力がある。
 しからば、そういうことで病気が治るのなら、病気を治す手段の一つとしてなぜもっと早く出さないかと思われる方もありましょうが、やはりそれも時期で、時期が来なくては出せないのであります。ちょうど、日の上るようなもので、だんだん日の光が強くなるので、強くなるに従って、そういうようなことが出てくるのであります。
 その上の御守りが、指圧療法の御守りであります。その御守りをかけて指圧をすると、指の先から光が出て病気がどしどし治る。懐へ入れておれば治るのであります。いまにそれをお医者にかけさせようと思っているのであります。
 そうすれば、ラジウムだとか種々の薬がいらなくて治るようになるから、だんだんと人間が百歳以上まで生きるという、昔の時代が来るのであります。
 指圧の御守りは百円で受けておけば、指圧だけで立派にごはんが食べられるのであります。その百円というのは、一遍に払い込まなくても月賦でもよいのであります。それで御守りは一円、十円、百円と三段になりました。
 これからは、すべてが三段になるんで、観音様のやられることはすべて三つになるんであります。
 今度越しました家とこの本部と東光社と、やはりこれも三つになっております。三つになって、私の住居がちょうど真ん中になり、ちょうどすばる星……すなわち三つの星の形になっております。その星のオレゴン星というのは四つあります。その真ん中に三つあり、一つは狂っていくらか近くなっております。ちょうど三つ星になっております。その一角をすばる星と言い、世の中を救う星ということになっております。
 ちょうど住まいも三つ星の型になっております。
 御守り様もそういう意味になります。
 も一つは、遠くの病人は、その御守りを送ってやればいいんです。そうすれば遠くの人も救われるわけであります。それを一軒の家に一つ置いておけば、それによって病人がなくなり、初めて病気のない世界ができるんであります。
 日本医学が行なわれ、医者が食えなくなるんじゃないかというと、お医者の懐へ御守りを入れれば薬などはなくてすみ、早く治るから食うに困ることはなかろうと思う。それですからお医者からは苦情はなかろうと思います。で、いずれお金に不自由をしない御守りもできます。その御守りをかけると、お金に不自由をしない。つまり貧をなくすることになります。それも時機が来ればお渡しすることになります。
 これはどういうふうにお金が入るかというと、その人相応に入るんであります。なぜならば、人間は生まれながらに持って生まれただけの徳分があります。その徳分いっぱいに入るんであります。いまは徳分だけのものも入ってこないんですが、その御守りによって徳分だけのものは入ってくるんですが、生活問題、農村問題など起ると、これによって解決するんであります。
 観音会にお入りになれば、遠からずそういう御守りがいただけるんでありますから。いまから前祝いは早すぎますが・・・・・・
 で、薬、医者はどういうわけでできたかと言いますと、邪神が自分の思う通りにしようという、陰謀的企みからそういうものができたんであります。古い話はいま必要ありませんが、要するに西洋医学からできたもので、西洋医学というものは、ユダヤ人が作ったものであります。
 だいたい今日の科学は、今日の文明というものはすべてユダヤ人が作ったもので、あらゆる学問とか機械というものは、ユダヤ文明でできたものであります。
 従って、今日の医学もユダヤから出たものであります。ユダヤの奥の奥に世界を支配しようとする一つの神があり、その神が自分が世界を乗っ取るのについて、世界の平和とか幸福を奪わねば、世界を奪ることができぬ。それでそういうものを作った。
 フリーメーソンというのを知ってる方はお判りですが、二千年も前からフリーメーソンという結社を造り、今日もさかんに活動しているんであります。陸軍中将の四王天延孝(のぶたか)という人が研究家として知られていますが、このフリーメーソンは、最初石屋の組合だったんで、それがだんだん変化してこういう結社を造り、日本でも有数な人がたくさん入ってるそうであります。よく知りませんが、幣原(しではら)とか財部(たからべ)とかいうのも会員だそうで、ああいう階級にまでもあるんであります。
 日本にもそうとう侵入していますが、外国では英国皇帝とか、大きい金持ちロスチャイルドなどあり、そういう階級はみんなフリーメーソン結社の社友になっているんであります。社友はなにごとも非常に秘密にしていて、秘密結社になっているんで、社友がちょっとでも秘密をもらすとすぐに殺されるんであります。ですから、結社の社員で抜け出そうとしても、どうしても抜けることができぬ。抜けてどこへ行っても必ず殺されるんであります。この間なにかの本でそういうことの話が出ていました。そういう結社で、一名石屋というんで、医者ということがやはり石屋ということになります。
 そのフリーメーソンが医学を造り、病気を治るように見せかけて、人間の生命をとるんであります。この医学に全世界の人間が生命を任せているんで、全世界の人間の生命はユダヤ人に任せてあるのであります。医者に生命を任してるんですが、その医者のやってることはユダヤ人が造ったもので、深く考えるとユダヤ人に全世界の人間は、生殺与奪の権を握られてるのであります。
 ユダヤ人はその他の世界の金権とか、各新聞雑誌とか、言論機関一切を掌握しているのであります。そうしてあくまでも世界を蹂躙しようとしているんであります。
 で、観音様は日本の神様で、伊都能売之大御神とも、国常立大神とも、天照皇御神様にもなるんであります。
 で、観音様は、それをそうさせまいとして蹂躙(ジュウリン)されないために、たいへんな仕事を始められるのであります。
 ヨーロッパにおける現われとして、ヒトラーであります。
 ヨーロッパにおけるそれに対する反対運動であります。ユダヤ人を追っ払ったり、御自分のマークは観音様の紋をつけております。で、観音様は、ドイツだけはフリーメーソンのない国をまず造られる。要するに観音様の国をまず造られるのであります。ですから、ドイツの背後に観音力がありますから、疲弊しているにもかかわらず、非常な力があります。その証拠にはヒトラーの宣言によって、全欧州がブルブルとしております。
 これは非常に不思議に見えますが、背後には観音様が控えておられるのですから、これからドイツはすばらしい威力を発揮して行くものなんであります。ナチスのやり方は観音会と違って、どこまでも体的でありますから、観音会のごとく平和的ではないのであります。
 それで、ユダヤはだんだんと追い詰められて、結局頭下げ観音運動と握手する。すなわち服従してくる。それで初めて大光明世界が建設されて行くんであります。
 まず医学を改革するというのは、そういう大きな意味から出ているのであります。医学や薬を改革して、本当に健康な人間を作るということは、ユダヤの支配から脱し、日本の神様に頭を下げる。そうすれば初めて体は丈夫になるんであります。ですから、これほど結構なことはないのであります。
 『光明世界』に日本医学建設を書きましたが、ユダヤ人は薬や医学で治るように見せかけて、生命を縮めているんで、それを実にうまくやっているんであります。いままでの人間は一人も見分ける人はなかったんで、これ以上のものはないと思っていたんであります。
 要するに騙されていたんであります。それを観音様が見破らしむべく、私に教えてくだすったんであります。
 大きなことをいって自慢するんでもなんでもないんで、本当に眼のさめる人が、本当の健康の意味を知ったことになるんであります。医学の妨害をするなどという、そんなちっぽけなことではないのであります。病人のない世を造るという、大きな仕事なんであります。
 そういうわけでありますから、今後は、先刻お話した御守りも、大いに利用していただきたいのであります。
 まるで夢の世界へ行ったようであります。痛い所へちょっと載せれば治ってしまいます。まるで嘘のような話であります。
 も一つ、よく妊娠すると腹帯を頼まれますが、先刻の上領さんのお話で、歌によって天地を動かす。歌により天地の神が感動するということを言われましたが、事実間違いないことであります。私もよく歌を使っております。この腹帯も白い晒布に歌が書いてあります。それを締めるとなにごともなく安産するんであります。一々こしらえるのは非常に面倒ですから、私のほうで布を入れ代わりも入れて、二本にして、長さ七尺五寸三分になっており、麻も入れてるし、おひねりもつけてあげます。陣痛が起ったらすぐにこれをいただけば、非常に軽くすむんであります。晒布の歌は、

  胎(みご)もれるこれの身魂を安らかに守らせ給へ伊都能売之神

 というのであります。
 以前は、守らせ給へ塩釜の神と書いたものですが、塩釜さんはお観音様よりずーっと下でありますから、それはいけない。お観音様というと、水神様とか塩釜様よりずーっと位が上ですから、それだけの御守護があるんであります。値段は決められませぬが、思し召しでよろしいのであります。ご親類など帯の御守りとして用意してありますから、いつでもお受けになったらいいと思います。
 次に、観音様の宣伝の場合には、議論や理屈、これは非常にいけない。絶対にいけない。議論めいたり、理屈めいたりするのは観音行ではないのでありますから、そのつもりで、お蔭話は非常にいいのであります。それで、講演も議論や理屈をよしたんであります。みんなお蔭話にしました。まして講演などで議論や理屈言うのに間違いがある。近ごろはそういう謬(あやま)りがあるのでよしたんであります。
 それで、そうした話は、議論や理屈でしたりしては、観音様の御趣意と違うから、顕著な御神徳のあったときは、ご遠慮なく話していただきたいと思います。せっかくの御神徳のあったのを蔵い込んでおってはつまりませぬ。いただいた御神徳はどしどし発表していただきたい。それがやがて観音様へ感謝の意味になり、お話するのを慣れない、きまりの悪い方は、支部長とか幹部の方に代わって話してもらえばいいのであります。お蔭は取り放しにしないで、たくさんの人に別ける。みんなに分配してあげる。そうすると後どしどしと御神徳をいただけるわけであります。

こちらの御講和は私には少し理解しにくいところがあります。メシヤ様御自身でもお述べになっていらっしゃいますが、社会情勢などからも、ご晩年近くになって、ようやく思ったことをお話したり、書いたり出来やすくなったという事もあった様です。

タイトルとURLをコピーしました