岡田茂吉 御講話 昭和10(1935)年11月1日 | 岡田茂吉を学ぶ

御講話 昭和10(1935)年11月1日

 いま会長さんからお話の通り五日の観音詣りのことでありますが、今度玉川郷ができまして、それと同時に、あちらから初めて来た三十三体のお観音がこちらへお出でになった。それで、ご承知の通り十月十日に最初御開帳されたんですが、その日がちょうど観音詣りの初日で、今度は十一月十一日に秋の大祭をするということのお知らせがありますが、十一日が観音詣りの最終の日です。これで三十三日間になります。そして、初日と終日が玉川郷で大祭することになった。これは深い意味があり、今度三十三カ所の観音様が来られた。これはこちらへお祝いに来られたということになり、いよいよ本当の観音様の活動が始まるについて、はるばるお祝いに来られたのです。関西十カ国になっておるそうです。そういうわけで、今度私達がまわるのは、はるばると御苦労様でしたという御挨拶に行くわけです。

 いつかもお話した通り、玉川郷は西と東の間になっている。いままで東京本部は東の経綸をしていた、ところが、玉川郷は西と東のほうですから、今度は西の経綸が始まる。それで、今度三十三体のお観音様がお帰りになると、大いにあちらでお働きになる。いままではさらに西のほうは開けなかった。発展がなかった。それで、今度十二、十三日過ぎると西のほうへ芽が出てくるんだそうであります。

 そういうわけでありますから、今度の観音様の御開帳は、観音会とはたいへんな関係がありますから、どうしても万障を繰り合わしても行かなければならないわけで、将来西の経綸の初めになる。そのつもりでできるだけお出でになったほうがよいと思う。朝の八時からですから、お腹がすきますから、二食の人でも弁当持って来られるがいいと思う。

 医療士の方に申しますが、中には郵送して来た方もありましょうが、これは私のほうで送ったんでない。全国治療士大会ですが、この会で送って来たものもそうとうあるでしょうが、私のほうへも来て、これはたいへんいいと思いますから、三日に都合のつく方は出ていただきたいと思う。

 驚いたのは、治療士という意味の療治する者が全国にいかに多いかということで、そうとうの団体を作ってやっている。すばらしいものです。これにも書いてあるが、種類は指圧もあれば浄血浄化とか自彊(じきょう)とか気合とか、とにかく薬を使わずに治す。中には電気など多少の機械を使うのもある。鍼灸、按摩マッサージは、医学のほうへ入り属してる。鍼や灸は試験を受けて、その免状を警視庁からもろうてやっている。治療士のほうはまだそこまで行かない。

 このように治療士が増してくるに従い、医者なども脅威を感じて弾圧しようとしきりにやっている。それに対しこちらも、医者よりもこちらが治ることを主張する。そして社会へ知らす。それらのことにつき、会とか組合を作ってだんだんにやってるようですが、観音会としては、それほどに重要視はしないが、一つの勢力として今後医者の方面に対抗するに、一人でも頭数が多いほうがいい。最後は理屈はどうでも頭数が多いほど通る。で、頭数を多くする意味において一人でも多く行き、会員になっていただきたい。なにかと便宜なことがあるらしい。先方も頭数が多いことを望み、こっちも頭数の多いほうがいい場合が多いと思う。これについても一つの運動が興ろうとしている。

 新興宗教でいまさかんに俎上(そじょう)に載せられているのは、ひとのみちと生長の家で、生長の家など矢面に立って喧嘩腰でやっている。悲壮な奮闘をしている。それに対し、仏教を中心としたものがそのほうで、それに対抗すべくよりより運動をほうぼうでやっている。これに加勢しているものは共産主義で、新興宗教のほうはどこまでも霊的唯心的に行くし、共産主義はどこまでも唯物的ですから、反対で弾圧しようとする。それで既成宗教のほうの弾圧と、共産主義のほうがいくらか相通じているような形で、これが文書に講演に新興宗教とは言わず、邪教撲滅というのをこれから始めるらしい。それに対して観音会は、それほど社会的に評判になっていないが、こちらも社会的に認められたり、表立ったりするのはわけはないけれど、現在本部へはたくさん人が来ても収容することができないから、目立たないようにしている。いずれ玉川郷へ大きなお宮ができれば、大いにやろうと思うのです。いまのところはできる範囲でやっているつもりです。そういう状態になっているから、観音会の観音運動は非常におもしろいと思う。観音会は新興宗教とも言えない。観音様は古いから、しかし言うことは新興宗教的なことを言っている。しかし、運動という名がついているから、新興宗教にみなされる。

 ブチまけて言えば、このことは商売争いにすぎない。新しい宗教ができてそうとう信者を獲得して行きますから、いままでのお得意が新しい店のほうへ行く。これはたいへんだと、今度できた新店は悪いということを宣伝するわけです。なんとなれば、既成のほうで新興のほうをそう研究しない。ひとのみちでも生長の家でも、たしかにいい所がある。また病気によっては治る。既成のほうは少しでも治るというと、お得意をとられるから邪教だ迷信だと頭ごなしに排斥しようとしている態度は実に醜い。その中堅になってるのが友松円諦の真理化運動で、このほかあらゆる方面の仏教方面の闘士が加わりたいへんな騒ぎになってる。

 それでちょうど喧嘩するだけしてくたびれたあたりのところへ、観音会が出るようになると思う。そういう運動の場合、どういうことを言ってるかというと、新興宗教は第一は病気治しで行く。ところが、その解釈は安直で、いわく病気治しをするのは現代社会人は生活難などについて苦しんでいる。そのために病気になったり、神経衰弱になる。これにたまたま慰安を与えるものができたから、それに齧(かじ)りついて一時よくなる。その心持ちで病気が治るという。それなら既成宗教のほうでやればわけはない。ちょうど、新興宗教では慰安を与えられるが、俺のほうでは与えられないことを表現しているようなものです。で、病気に対しては現代の医者ははなはだ冷淡で、新興宗教のほうは親切で、その心持ちによって治るという。すると、これから医者のほうで新興宗教のように親切に情を尽くせば、大いにそれによって病気は治ると、こういうようなのはさかんに称えられている。それに対して観音力は慰安もくそもない。疑おうがどうしようがこうしようが治ると、いろいろ科学的な説明もしたいが、いまは設備がなく受けとれないから説明することができない。それで、こういうように既成宗教のほうでいうのも無理はない。

 生長の家では、病気は一切心で治ると説いている。病気がないと思えばない、病気があると思うと治らぬ。また、人間は罪の子にあらず神の子仏の子であるという。それと思えば病気はないという。ですが、医学で言えば、精神的にそうと思うとか、信ずるとかいうのは観念で治ると解釈できる。それで生長の家も不完全ですからそうとられる。

 観音会はそうではない。と言いたいところですが、ハデにせずボツボツやる。今度の『東方の光』にもちょっと出してみましたが、もっと医者に最後には医科大学の総長に実験を申し込む。そして大学へ、入院患者に、医者のほうが治るか、観音力のほうが治るか、実験を申し込む。これは総長として受け入れなければならない。受け入れなければどんな攻撃もする。最後はそこへ行かなければならぬ。しかしまだ準備ができない。

 生長の家では、病気はないと思えば治るというが、それに対して観音会では病気はあると思っても治るという。生長の家のほうは、病気はないと思わなければ治らない。観音会のほうはあると思っても治る。この違いさは大きい。実際そういう論議をしているのをみるとはがゆいんですが、まだ時期が早いから虫を殺しているわけであります。

 ですから、医者に属してる階級と既成宗教とこれらがいっぽうのかたまりで、またこっちのほうは民間療法の治療士達と新興宗教と一団となって、一つの戦いとなろうと思う。一日一日こういう機運になってくる。これが現状維持派と政党との戦いと同じことであります。

 も一つ大きく言えば日本と外国と戦うのも同じことです。も一つお話したいことは、本当のことを言うといままでいろんな病人を扱っているが、本当に診断すれば、内部まで見透して診断すると、どんな人でもみな膿だらけと言っていい。どんな方でも体内はとても汚いもので埋まってる。よく生きてると思うくらいです。なぜ生きてるかと言うと、まだ霊界は夜ですからけっこうそれでやっておれる。だんだん明るくなると、汚いものが浮いて出てくる。そうすると出来物や皮膚病になったり、いろいろな病気になる、これがたいへんなことになる。

 その実例として、そうとう古い信者で、そうとう立派な信者の方で、その家庭四、五人はみんな二月ばかりの間、皮膚へ吹き出てる。手も腐ると思うくらいです。子供なども実にかわいそうで、痛く痒くてねられぬというくらい苦しい。そういうのは、その人だけではなくてみんなそうで、観音会へ入らぬ人でどのくらいあるかしれない。そうならぬ人は死ぬ。その時期がだいぶ近づいている。

 観音様をお祭りするとおデキができる。それは光によって浄まるから、死ぬような病気も、そういうふうにして助けてくださる。掃除をしてくださるから結構なんで、ほかの宗教でも入信してから、そういう状態になるようだったら、それは本当のもので、そうでないものは夜のものだから助からないわけであります。

 まだまだ大きなことを言うと誤られますが、本当は観音会へ入らぬと助からぬくらいで、浄められる人が光明世界に残る人で天理教へ入らなければ滅びるとか、大本でなかったら救えないとか死ぬとかいうが、そういうことを実際的に示さぬ。ただ予言として漠然たるものです。観音会では実際的に知らせる。お祭りするとおデキができるから、浄められて助かることが判る。

 ですから、できるだけ観音運動のお手伝いをして、観音行をして汚れを少しでもよけいに浄めることで、要するに軌道にのる。正しい信仰ならば苦しまずにすむ。それでだんだん浄まる。中には下痢で血が下がったり、膿が下がったりする人もある。こういうのはごくいい。軽くすむ。そうするうちに心もよくなる。人間はどんな人も癖がある。そういうものが除かれてゆく。そしてあらゆる人と調和してゆく。心がきれいになって和む。二、三日前にこういう人があった。観音会の人はみんな顔色がよいという。これはたいへん結構で、そうなるべきはずで、だんだん時機が経ってゆくと、観音会以外の世間の人は非常に病人が多くなり、死ぬ人が多くなる。

 これはそろそろ始まっている。なによりもこの間人口増加の発表があった。一昨年は九十何万人、去年は八十何万人で、一昨年より昨年は十何万人少ない。かくのごとく増加率の減るのは大問題で、フランスが心配してるのは、この増加率の減ることですが、日本も一昨年より昨年が十一万人も減ってるからこれはたいへんな問題です。ところが、このことは問題にしない。医者のほうがそうすると具合が悪くなるためかもしれませんが、もっと問題にしなければならぬことです。

 非常に人間の身体が弱くなって、病気に罹りやすくなっている。つくづく思うのは、近ごろだいぶブルジョア階級の、調べてみるとより以上に、子供などフワフワしている。現にいまここへ治療に来るある金持ちの子など、やがて二つになるんですが、いまもってお粥と柔らかいお菜で、お菜は全部裏漉しして食い、お香物など一遍も食べない。それで屁を放(ヒ)っても下痢をするくらいです。始終胃腸が悪く、風邪を引きやすい。医者にかかっていたんですが、ここヘ来てだんだん日本式健康法をしたところ、しだいに丈夫になってきた。父母は天津にいるんで、天津で医者にこの子はここへ置いては生命が持たない。日本へ行かさなければいけないというので、母さんだけで日本へ連れて帰った。それでいまお婆さんが育てているんで、ここへ最初来たときは飯を食わせぬと言っていたんで、飯を少しずつ食わせねばいけないというと、それを早呑み込みして……。今日は一かけ食わせ、なんともなければ明日は一かけというふうにするようにといったのを、最初から食わした。また、お菜は裏漉しをやめて歯で噛むように奨めたのです。

 実に今日の医学の衛生は、いかに人類を弱らせるか論議の余地はないのです。

 そういうわけですから、そのたびに上流に生まれた者は不幸せだと思う。みんなヒョロヒョロしている。今日、町を歩いて、小学校へ行く子をみると、青瓢箪のような癩病の系統のような眉の薄い子供が実に多い。それはなにかと言うとチフスの予防注射とか、疫痢の予防注射とか、牛乳や肝油などを呑ますために弱るんで、学理上だけで実際上のことは知らない。実に子供はかわいそうであります。

 そういう間違ったことを、これから観音運動によって救うのですから、なかなか大事業であります。

タイトルとURLをコピーしました