岡田茂吉 御講話 昭和10(1935)年12月 ※観音様を拝めば魂の位が高くなる | 岡田茂吉を学ぶ

御講話 昭和10(1935)年12月11日 ※観音様を拝めば魂の位が高くなる

観音様を拝めば、その人の魂の位が高くなる

 いま米沢さんの話中、観音信仰は真のことの願いならば、御利益があるという話でしたが、どういうわけでそうなるかを説明しますと、観音様は一番御位が高い。八百万の神仏中一番高い御位ですから、観音様を拝めば、その人の魂の位が高くなる。たとえてみれば、三段ありとし、いま一般の人は、たいてい地獄で、上等の人で中界で、たいした善いことも悪いこともしない、平々凡々で生きてる方で、これでも上等のほうですが、観音様は最高の神仏ですから、拝んでるとだんだんその魂は昇り、天国状態に入ったときは、その人には悪いことが来ない。地獄にいるときは、どんな工夫しようと善いことしようと、相応の理ですから、悪いことばかり来る。いままでの信仰は中有界で、ごく上等ので天国のごく下のほうですから、それを拝んでもやっと中有界くらいまで昇る。中には稲荷とか天狗とか、拝む神そのものが地獄にいるのがある。それですから、それを信仰しても悪いことばかり起る。また中有界にいる人でも地獄へ落ちる。それは拝んでる神が地獄にいる関係で、観音様を拝んでいると、すぐにいいことが来ると思うと、そうではない。ある程度きれいにならなければならない。

  天国
 ――――
  八衢(中有界)
 ――――
  地獄


 体は霊に相応しているのですから、霊の汚いものは体へおデキなどとなって出て、一歩一歩清められて上へ行く。それが急に行くとまごつくから、一歩一歩行くんであります。観音様の信仰は、人によって早く上へ行く人と、遅い人とあり、それは、その人の尽くし方による。尽くし方とは、観音運動のためにする手柄によるので、そうして、天国に相応すればいいことばかりで、災難はなく苦しみもなくなってくるのであります。

観音様に救われ、ある程度観音様に上げないと罪になる。

 次にこれは話しておかなくてはならぬことですが、観音会はある種の宗教のごとく、搾取はしないことに前からなっている。よく信仰によると、金を上げろ、金を上げなければ罪はとれぬと、ある物をみな上げなければならぬというので、結局餓死線へ行かなければならぬことになるのがある。

 観音会はそうではない。しかしここに大いに問題がある。観音会が発展するについて、本部が狭くなったので、家を造らなければならぬ。その金は、銀行が背景でたくさんあるわけでもなく、政府から来るわけでもない。やはり信者の誠から出なければならぬ。で、本当ならば私のほうで黙っていて、信者さんのほうから自発的に出したいと出されるのが本当であります。

 例えば、病気なら病気としても、もはやほとんど生命のないところを、観音様にいただいた人がたくさんあります。また、病院へ入れば五百円千円もかかる病気でも、百分の一くらいの入費で、医者ならば再発ということもあるが、再発もなくすんだ人もあり、また、いままで医者のほうの支払いが、月々二、三十円くらいずつ払っていた人が、観音会へ入ってからは、そういう支払いもしなくてすむようになったような人もずいぶんたくさんにあります。そういう人達も医者に払う半分くらいは上げるのが当然のことなんであります。ところが、実際を暴露すれば少なくとも医者に支払う金の三分の一さえ上げる人もないのであります。

 観音行はすべて当然のことをすることなので、この病気が治るにはこのくらいの費用はかかるべきものだから、このくらいは出すべきものだというのは当然のことで、当然のことをすれば金は余るほど入るんであります。治療代さえ払えばいいと言うんだが、でも、これはわれわれの手数料として支払われるので、治ったということに対し、当然のことしても、当然の半分でもよい出すべきで、仮に、御神徳を貨幣に換算するのも変ですが、その価値にしても、観音様から価値にして百円くらいのものをくだされば、それに対し十円も上げる人はたいしたもので、ある信仰によると、最初金を上げれば病気を治してくれる。観音様はそうではない。最初に病気を治し、生命を助けてやろう、その後でお金を上げるなり、お礼するのは任意にしてある。で、これは最初に治してくださるんだから、搾取(さくしゅ)とは違う。も一つ信仰に入ると、だんだん商売が繁昌する。また、いろいろな御利益もあり、思わぬ金が入ったりする。そして御利益いただき、それではこれだけ上げようという人はほとんどない。しかし、観音様のほうは強制的なことはお嫌いですから、なんともおっしゃらぬ。ですから、観音行をすれば金などは余るくらいになると思うのであります。いままでのある信仰は、いままである財産なら財産、これを上げろと言う。観音様はいままでのものは上げる必要はない。新たに儲けさしてやるから、その儲けたものから上げろというわけですから、財産の減るということはないのであります。搾取的のものは非常に悪いが、観音様は銀行からいくらでも無限に出すわけではないから、やはり金はいる。

 こういった金銭上のことを言ったことはありませんが、たまにははっきり言っておく必要があると思ってお話したのです。金銭について疑問に思ったり、迷ったりする人もありますし、お話するんですが、仮に、みすみす死ぬべき人が助かったなら、一生涯尽くすというのが本当なんであります。

 世の中の人の心はそうなっている。観音行は当然のことをするんで、当然のことを世の中の人がすればいいのであります。当然のことをする人が少ないとすれば……

 観音様に救われ、ある程度観音様に上げないと罪になる。そうして、それがせっかく向上しようとする妨げになる。それではいけないからやむを得ずいくぶんでも上げるように言うかもしれませんが、その点をよく認識されたいのであります。いままでの宗教は、ごく上等で二百円使って百円のお礼をいただく。しかし観音様は、一円のものを上げるとして、百円の御利益をいただくのであります。御利益の価値を貨幣に換算するとは卑しいことですが、そういうわけになる。それで九九円はいただくことになる。それではあまり安すぎるのです。これはついでですから、本当に救われるために、も少し出しなさいと言われるかもしれませんが、あまりにもたれてもいけず、搾取されてもいけない。程よくすべてがいいというところに落ちつくのが本当であります。

 最近ある信者の方で、この方は非常なある事情で金の御用をしなければならない関係のある方で、いったん死ぬところを助かって、そのとき家庭の事情があって金をお上げして尽くすことができなかった。それを、少しも痛まず、それだけの御用をさせるために、その人の家を、二、三千円の相場のものを一万四、五千円に売られたんで一万円というものは、ただでもらったようなものなんですが、これは観音様がそうされたもので、私のほうでその一万円を借りることになった。一カ年間五朱の利息で、支払うように観音様からお知らせがあった。銀行に預けても三分三厘の利息なのに、それを五朱で借りる。その利で元金もふえるんですから、本当いえば、一万円差し上げねばならぬ事情があるのを、そういうふうにしてすましてくださるのです。そういう特別の方でありまして、実に大慈大悲の御心と思うのです。そういう具合ですから、金銭問題について、迷われている方がありましょうが、ほぼこれでお分かりのことと思うのであります。

大本教


 最近、大本教の検挙問題がありましたが、これにつき詳しい徹底したお話をしたいのですがこれから予審になるんで、十分に詳しくし難い点がありできないのです。ただ事件の結末は、あんがいな結果になるというだけをお話するに止めておきます。また、事件の進んだ具合でお話することにします。こと皇室の問題にかかわっていますから、なんともお話することはできないのであります。ただこれが、ある型になることだけは私どもは思っておりますが、どういう型になるかということも言えない。ともかくなんらかの型になって出るということも思っているのであります。

世界情勢

 世界の状勢ですが、これは私達は非常に関心をもたねばなりませんが、だんだん時が進むにつれて考えていることですが、日本がだんだんすべてにおいて、産業、国防などあらゆる方面に飛躍しつつある。この勢いは多々益々増えるとも減る気遣いはないのであります。また、後戻りしてはたいへんであります。で、だんだん発展するにつれて、その先の結果はいったいどうなるかと、こういうことを考えなくてはならない。それはなにかというと、仮に隣国支那、ロシア、米国と、この三つを考えて、安心できぬ点があると思う。最近の状勢をみると、支那は日支提携しようとしていますが、提携すると見せ、肚は実際違う。北支問題も日本に頼るようにみえてるが、一面において北京の学生などは、排日運動をしてるのが、昨日と一昨日の新聞にみえる。ですから、日本と心から肚を合わす腹はない。日本に対しておもしろくない考えを抱きつつ、本当に融和してこない。支那側から言えば、日本は満州を手に入れて、あわよくば支那全土に手を伸ばそうと思っているに違いないだろうと思ってるに違いないが、アメリカや英国などは本当に分割しようという肚はあるが、日本は東洋平和という念しかない。個人個人でも肚の中を知り合って和合するということは難しいのですから、国際間のことはよけいにそれがひどい。ですから、結局支那は、本当に日本と融和ができるかどうか判らない。

 また、いっぽうロシアは非常に大きな組織のもとに軍備を拡張している。最近は飛行機によってタンクを輸送して演習をやったことが新聞に見える。そうして敵の後方から逆襲して挟み撃ちにしようとするものです。ロシアはなにを目標としているかというと、第一歩に日本で、東亜を大いに蹂躙(じゅうりん)しようとしても、日本に出られてはどうすることもできない。また、アメリカは海軍の大拡張をしている。これも日本が目標であります。とにかく、隣国の支那、アメリカ、ロシア、この三カ国が日本を仮想敵国としている。従ってドイツ、フランス、イギリスなどの白人も、日本の勢いが支那蒙古と進展してくれば、その結果、黄白の争いが起るに決まっている。そうならぬうちに日本を滅ぼそうとするものが起ろうと思う。英国としてもインドは個人でいえば、家作をもっているようなもので、いずれは総掛かりで日本へ来ないとも限らない。

 私が観音様から知らされたところによると、万一、そういうことが出てきた時、観音会の信者は、たいへん結構な働きができると知らされております。時が来ればもっと細かいこともお話できますが、まだ充分できないのであります。

 国際状勢がだんだんそういうふうに進んでいると思いますから、大いにわれわれは覚悟しなければならぬと思うのであります。

科学にも非ず、迷信にも非ずというのが、観音会・・・中庸

 大本の検挙の今度の原因としては、類似宗教や新興宗教など、淫祠邪教退治の機運が動いております。これはたいへん結構なことで、徹底的にやってもらいたいと思うのであります。世間は新しい宗教が、みんなそうだと認められておるようですが、これは割に既成宗教のほうにもあるのですから、既成新興おしなべて悪いものは潰し、よいものを育てるという、これが社会政策上肝腎のことと思います。

 宗教で病気が治るなどと、そんなことがあるものか、そんな馬鹿なことはないと、これを一概に迷信というように説いている。信仰なり、宗教を求める場合、その根本原因はなにかというと、すべてを科学で解決しようというても科学一点張りでは解決つかぬ。どうしても判らぬ。そしてうまく行かぬ。いくら科学で病気を治そうとしても、科学では治らぬというので、新興宗教へ趨(はし)る。科学でどうしても治らぬから、やむを得ず信仰を求めてゆく。そして入ると、入口はたいへんによさそうで、中へ入るとだんだん、結局インチキや迷信と判ると、どうしていいか、いまの人間は判らなくなる。結局、科学でも信仰でもいけない。そういう人が、観音会へ入ると救われるんですが、未だ小さいので、そうでなく他の宗教、どこへ入ってみても科学でも迷信でもないという本当のものがあまりにもない。

 科学にも非ず、迷信にも非ずというのが、観音会であります。そういう方面の状勢をみるにつけ、そういう人を救わなければならぬと、痛切に思うのであります。

 観音様がやられるんですから、率(そつ)はありませんが観音様は霊ですから、やはり人間が道具に使われてやらなければならぬ。そしてどこまでも、科学にもあきたらず、迷信もいやという人にどしどし話して、できるだけ話して救わなければならぬと思うのです。

 これが観音力で、病気を治すのはちょうどそれで、薬や機械を使わぬから科学でなく、またお祈りや神憑りもしないから迷信でもない。ですから、科学でも迷信でもない。いくぶん観音様を拝むから信仰にもなっている。しかし、掌を使うから念ずるばかりでもない。また、病気の治る説明も、科学的にどんなにでも説明がつく。それで、科学でもなく信仰でもなく、そうかといって、ぜんぜん科学でもなく、お祈り宗教でもないというわけで、また迷信に堕せず、科学にもないということは病気治しでも判る。

 要するに、あらゆることの中庸を得た本当のことで、真ん中にいて真ん中の道を行くものなんであります。

タイトルとURLをコピーしました