岡田茂吉 御講話 昭和10(1935)年12月21日 ※観音力、昼の宗教、唯物主義 | 岡田茂吉を学ぶ

御講話 昭和10(1935)年12月21日 ※観音力、昼の宗教、唯物主義

あらゆることを観音力で自由にできる

 いま、岡庭さんからお話がありましたが、最初、玉川のあの土地も変な具合で、十万円くらいのものが一万円くらいで手に入りました。これは、観音力でありますが、ところが十二月二十日までに第二回の支払いとして、二万一千円を払わなければならぬ。年末に差し掛かって、第一回に一万一千円払い、それから三月で二万一千円払うなどということは、人間の考えでは絶対不可能なことですが、やはりその日までにできた。これも観音力で、要用だけの金はちゃんとできるんであります。

 病気治しのみが観音力ではない。あらゆることを観音力で自由にできる。これからどんな仕事するにも、金などはちっとも心配はない。観音様は自由自在ですから、どこからでも金は集められる。ただ、なにか宮など建てる場合など、いざという時、この金で建てることになっている。ところが、多くの人を助けなければならぬうえにおいて、今度は大光明世界を建設するんですから、その光明世界建設に際して、いくらかでも、その人に御用をさしてやるというお慈悲ですから、あえて御用はしなくとも金は集まる。ただ御用をすれば、それだけの徳をいただくんであります。ですから、ぜひとも永遠のため、御用さしていただく。無理して金を突っ込むことはないが、そして御神徳をいただくんであります。ですから、こちらから頼むとか、請求されるという気であってはならぬ。どうかお使いになっていただきたいという気でなくてはならぬのでありますそれから、観音様の御力により、約三月で半分は手に入ったようなものです。も一つ不思議なことは、最初は十万円で手に入るというのを、妙なことで二万円負けられた。これがすっかり決まり公正証書までとり、どうしてもそうならなければならぬように決まった。それで二万円安くなったわけです。そして玉川郷は、土地としては心配ないことになった。

諦めるほうが早く治る。

 最近、癌の患者が一回でその場で治ったことがあります。それは小さいのでしたが、それが進んで行くと、大きくなって子宮の中へ入る。そして重体となるんで、それでも治るんですが、一昨日来たのは初期でしたが、私が話しながら手を当てるとなくなった。もう治ってると言ったら、道理で腹を他へ持って行かれたようで、なんともないと言うのです。ですから、その癌はまったく治ってしまったのです。

 この次の『東方の光』に、子宮癌十分間で治ることを出すつもりであります。

 も一人の足の片方が太くなった病人の娘ですが、それは助けようとする父母の想念が邪魔したように思われる。そういう事実はたくさんにある。

 この子はぜひに助けたいと思うようなのは、かえって死ぬ。こんな人間は邪魔者だから、どうでもいいと思うと、かえって死なないのです。これは、生の執着が邪魔するんで、治療する場合に、特にこういうことが多い。子なら子を治療する場合、観音力の霊光注射すると、そういう場合なかなか清まらぬ。親が無関心でいるとよく清まる。親が助けたい助けたいと思っていると、親の霊が子の霊体へ入って行く。そういう子の病気などは、親の霊が曇っているから、せっかく観音力で浄めていても、親の想念のために曇る。諦めると親の想念が除れるから治って行く。ですから、少し危いときは諦めなさいと反対に言いきったほうが、助かる場合が多い。病人自身でも、生の執着をとった病人は治りいい。死を覚悟した病人は助かる。重い病人でも助かるが、諦めるほうが早く治る。諦めると霊体のほうが開放されるようになって、観音光がよく入るんで、助かろう、助かろうというときは、その人の霊身は固くなる。ですから、なるべく重病人は諦めさせることが肝腎です。

 これをもってみても、Hさんに駄目だと思わせたのは、いかに観音様のお心持ちであるかが判る。ですから、人間のほうでは、いけないと思えばいけないと言えばいい。要するに助かればいい。すべて観音様がやっておられるのですから……

 いまの話を聞いても、医者の診断の誤りは実に多い。実に間違っている。みんなではないが、間違っているほうが多いくらいで、胃と肺とを間違えたり、立派な博士が手術してみたら癌がなかったんで、あわててふさいだという話などあります。

 こういうでたらめな医者に生命を任してるのは、実に危険であります。一番危険なことは、医者に任して医者が治してくれるものと思ってる社会ほど、危険な社会はない。それが判らぬから当局もこれを保護している。これが判ったならば、いま一番取り締まるべきものは医者で、いまは善意の殺人的機関になっております。実に危険千万な話であります。



 今度九州と北海道へ初めて出張したということはおもしろいことで、観音様の光が、ざっと果てから果てまで届き出したという一つの現われで、たいへん意味のあることで、将来全国的に拡がって行く第一歩の工作であります。

 講話会はなるべく早くお出になったほうがよい。ずいぶん早いときもおもしろい。為になる話があります。最初もなかなかおもしろい話がありました。とにかく、なるべく早く来られたほうがいいと思う。

大本教と天理教の事件

 最近、大本教と天理教の事件がありましたが、あれが出てから、ここへ来る患者の方は減ってきた。人間の心理状態は変なもので、こっちには別に関係はありませんが、一般に宗教的なことの信頼は減ったかしれませんが、観音様は実にその点はうまいんで、さっそくと日日新聞にここの記事が出た。そうしたら俄然来る人が増えてきた。検挙事件のあった前よりもズーッと増えてきた。こういうことも観音様が、あらゆることをお使いになっていることが判ります。

 天理教や大本教の検挙、これは予言しておきました。

 『光明世界』三号の「最後の審判」というところにありますが……

 また、宗教にしても、インチキや間違ったことをしておれば、どしどし滅んで行くし、それを自覚して悪を改め善に立ち還れば、再び伸び栄えて行くんであります。

 これが観音力の偉大なる力の表われであります。また、その前に、観音力すなわち東方の光は、今後月日の経つにつれて、それはあらゆる方面に渉って……

 大本も天理も間違いがあって、それを是正されるためにあったことで、致し方ないことで、たしか大本はあまりにもひどいことがあり、去年あたり私は予言した。

 天理教など脱税問題などおもしろくない。商人としての場合ならば、同情すべき点はありますが、天理教などの脱税したのは驚くべきもので、その金もただ信者から出したもので、それを脱税するとは、いかにふつうの商人などよりも、もういっぱい見さげ果てたことで、これを神様が見逃すわけはない。も一つはああいうふうなことがあると、観音会などに影響があるんではないかということですが、これはたいへんな間違いで、東方の光が出て明るくなるに従って、昼間になり、間違ったことが消えて行くんであります。

観音会は昼間の宗教

 悪という字ですが、西の元の心は悪で、西にできた宗教の根本は悪ですから、どうしても清算される。悪といっても今日までは必要だったんで、善いとか悪いとかいうことではない。それで脱税などすることになる。西に起ったものには、どうしても悪の分子が必ずある。それがどうして清算されるかというと、夜の産物であり、夜の宗教だからで、秘密がどうしてもある。昼間のもの、昼間の宗教は明るいから、そういうものがない。西のものには必ず暗い所がある。いかに月が明るくとも、日のようにはゆかない。秘密があるから、それを暴くために官憲に家宅捜索などされたりする。そのために、これからは、あらゆる宗教にいろんな問題が起ってくる。昔からいう世の終わりということは、世界の終わりということではなく、夜の終わりということで、世界の終わりなどという馬鹿なことはない。世界は永遠に発達してゆく。われわれの世界が滅亡するなど、常識から言ってもそんなことはない。いままでの宗教は夜の宗教で、どうしても昼間の宗教と入れ替えになる。これは宗教だけではすまな

 宗教は霊界に属する品物で、今度、神様が光明世界を造られるには、霊界のほうから先にされる。すると宗教のほうから先に清算される。洗われるから、宗教のほうをまず掃除し、それから政治、経済、教育の方面になる。そうなるといろんな問題が起ってくる。それはいまお話はできない。で、最初に宗教界の大掃除があるわけであります。今度の事件によって、当局も、これから大いに警戒しなければならぬと警察など、宗教課を造って大いに取り締まるようですが、これは非常に結構なことで、われわれとしても大いにお願いしたいくらいなものであります。

 いいものは栄える。悪いものは滅びる。観音会は昼間の宗教ですから、観音会が発展するに従い、夜のものはどうしても用がなくなってくる。月夜で照ってた月も、日が出てくるに従い、月の用がなくなり、白月のようになる。これはどうしてもしかたない。太陽の明るさによって、月または星は光を失うのはしかたのないことであります。英国は月、米国は星の型になってるが、日本が勃興するに従って、英米の光が薄れる。それと同じく、観音会の発展とともに、西のほうの宗教が光を失う。そして、それが崩壊される。それは観音様がやられるわけでなく、私がやるわけでもない。ちょうど、夜が明けるに従い、夜の秘密が判ると、これは怒ってもしかたない。それがだんだん光明世界ができて行く型になる。そういうわけでありますから、観音運動はだんだん発展するに従い、明るい世界になって行くから、他の宗教はどうなっても、相関せず焉(えん)であります。

悪はどこまでも無神論で拡げようと努力している

 もう一つ最近の事件で、日大生殺しというのがありましたが、六万六千円につけた保険金を得るために、自分の子を殺した。これの根本はなにかと言えば唯物主義で、この思想が第一に働いている。私は「日本精神乎、ユダヤ精神乎」という論文を書こうと思っていますが、目に見えぬものは信ずるべからずという、この思想を徹底さすれば、日大生殺しのようなことになってしまう。これがパルチザン式であります。

 絶対に神も仏もないとすれば、悪いことをするほうが得です。人間の眼はくらませても、神様の眼はくらませることはできない。というような心があれば、悪いことはできない。絶対の神様がなければ、人間の眼をごまかし、悪いことをしたほうが得であります。

 この日大生殺しは、唯物主義の徹底したもので、悪はどこまでも無神論で拡げようと努力している。ああいうことがたくさんあるように努力している。

 観音運動はそれをなくす仕事で、唯物主義から出た医学や薬、機械で、目に見えるもので治らぬ。観音力は目に見えぬもので、それで治る。

 どうしても、唯物的のユダヤ文化を徹底すれば、それでいいという思想の唯物思想に、唯心的霊で治ること、霊で治して物質を使わないで治ることを示す。本当に観音様はそういう事実を見せられ、良い人間をたくさん作られる。でありますから、この運動をするより本当に人類の救われる運動はない。

 他の宗教は、こういう目に見えぬ力を表わす力がない。どの宗教にも力のあるようなものはない。ですから、既成宗教は理論で人を救おうとしている。こういうことで絶対に人は救われるものではない。理屈で救われるものならば、学校の修身で教わっただけで、みんな善人にならなければならぬ。たまたまひとのみちや生長の家などでやりますが、これとて観音力の十分の一もない。なんとなれば、生長の家では、厚い本を十冊も読み、何回も読まなければならぬ。また病気はないと思わなければ治らぬ。こっちは、ないと思わなくとも、本を読まなくとも治るから、その力は較べものにならぬから……

 人殺しだの詐欺だの、そういうことをなくすのは、観音運動をするよりしかたはない。そういうわけで、結局、観音運動を大いにして、一日も早く、一人でも多く救わなければならぬのであります。

タイトルとURLをコピーしました