岡田茂吉 本教と私 (地上天国十八号 昭和二十五年十一月二十五日) | 岡田茂吉を学ぶ

本教と私 (地上天国十八号 昭和二十五年十一月二十五日)

      本教は、信者になればよく判るが、今迄の宗教とは全然異っていると言っていい。では何処が異っているかというと、今はまだ全貌を詳しくかく訳にはゆかないから、或程度をかいてみよう。

      先ず、今迄の宗教をよく観ると、大体二種類あるようだ。一つは宗教とは言えない程の至極単純なもので、一口に言えば有難信心である。此種の信仰は、衆知の如く時々お詣りに行って、其都度お礼(ふだ)を戴いたり、護摩を焚いたり、御守を貰ったり、オミクジを引き、懐の温い人は御神楽などをあげたりして、御賽銭や寄附を献げ兎も角何となく有難い、いゝ気持になって帰って来るという程度で、之等は先ず一般通俗的信仰で、俗にいう神信心である。斯ういう信仰も背景は大抵然るべき宗教組織になっているからやはり宗教には違いない。

      それから今一つの方であるが、之は純信仰ともいうべきもので、全信徒を宗団の戸籍簿に載せ、又専門的に宗教業務に携っている役員や、教師、宣伝係等も多数おり、純然たる宗教である。此種の信者は有難信心と異い真剣味があり、深くなると全身全霊を打込んで熱烈な信仰活動をする。勿論斯ういう宗教にも古いのと新しいのがある。古い方は時世の変った為もあろうが、多くは活気が乏しく沈滞勝である。中には現状維持がやっとというものさえあるとはよく聞く処である。新しい方は幕末頃から明治へかけて興った宗教で、今一番活気があるようで発展もしている。併し之等は神道が多く、仏教方面では僅かに日蓮宗の一部が気を吐いている位で、他は如何にも活気がない。

 そうして凡ゆる既成宗教を一瞥する時、形式は色々あるが、大体は其教祖の立教精神や御筆先等を土台として、それを布衍(ふえん)して説いたものである。信徒としても常に神仏の御加護を受けている以上、奉仕の誠を捧げているのは勿論である。といっても信仰にも厚薄があるから一様には言えない。そうしてどの宗教もそうであるが、人間の幸福感を満足させようとし、よりよい世界の実現を目的としているのは吾等も大いに同感であるが、多くは精神的面を主としており、現当利益には割合関心を有(も)たないようである。

            本当の救い

     処が、本教に到っては、右の如き精神的救いも、決して疎かにはしていないが、事実人間を本当に救うには、心の面だけでは完璧とは言えない。どうしても物質の面を救わなくてはならない。という建前で、此点が他教と大いに異う処である。よしんば人間として精神的に救われたとしても、観念だけでは真の幸福は得られない。今日のように複雑悪化している社会としたら、其様な幸福は何時破壊されるか知れないからでそれがよく事実に表われている。例えば病気に罹ったり、泥棒に入られて物を盗られたり、悪い奴に騙され損をしたり、高い税金をかけられて困るという等である。税金も元をただせば悪人がいるから、警察や裁判所が必要であり、病気が多いから其防止に費用が掛り、間違った人間が大戦争をやった為に大損害を受けたので、それを償う為の費用も税金となるという訳でまだ色々あるが、其様な次第で仲々安心立命などは思いもよらないのである。此様な世の中であってみれば、唯心唯物の両面が救われなければ真の幸福は得られる筈はない。そこで本教は其名の如く、物心両面の救いを世に行っているのである。

      それが個人的には現当利益であり、社会的には文化の改善である。処が神示によれば現代文化には、驚くべき誤謬が内在しており、しかも世界中それに気のつく者が一人もないというのである。しかも其誤謬たるや、意外にも可と信じて行っている事が、実は逆であって其為大きな被害を人類は蒙っているのである。一言にして言えば福祉増進と思ってする事が、不幸増進という結果になっている。

      何よりも事実がそれをよく証明している。之程文化が発達し乍ら、人類の幸福は更に伴わないばかりか、苦悩は増大の傾向にさえある。そうして何千年前から偉人や聖者、碩学等の傑出した人物が輩出し、智脳を絞り努力に努力を重ねて成った現代文化であるとしたら、最高峯の文化といえよう。従って之程の文化の内面に、著しい誤謬などありよう筈はないと思うであろう。処が前述の如く、一大誤謬を知った私としては、一日も早く、一人でも多く解らせ、幸福を頒(わか)ち与えると共に、新しい理想的新文化の世界たらしめん指針を与えたいので、之が神の御意志である。

      茲で私という者に就て、些か言わして貰うが先ず私の経歴からいえば、無論世間ありふれた平凡人である。然し乍ら、私は又人類史上類例のない不思議な運命を有っている。と言うのは既に世界に知れ亘っている大宗教家としての、釈迦や、基督(キリスト)や、マホメットなどとは全く異う救世の大使命を行うべく、此世に生れさせられたのである。というのはそれら偉人の出来なかった事が、私には出来る力を与えられている。勿論之は現実で信者諸君の知る通りである。

    例えば、先ず私は知りたいと思う事は何でも分る。神幽現三界は元より、過、現、未、に亘って重要なる事は悉く分るのである。勿論人類を救い、天国を造る範囲内であるのは言う迄もない、だから一年先は斯うなる、数年先は斯うなるという世の中の推移も自分の運命も判るのだから面白いとも言える。而も今日迄の経験によっても大体は其通り実現する。つまり夢が現実化すのである。又私は色々な事を常に計画し実行しているが、凡て思い通りになる。例えば文学上の事でも論文をかこうと思うと、いくらでもスラスラ出てくる。御承知の如く作歌も好きだが、面白い程数が出来る。一時間に五十首位は雑作ない。其他俳句も川柳も冠句も小説や戯曲もかきたいが、暇がないからかゝないだけだ。諷刺文も滑稽文学も作るが、之は始終発表しているから読者は知っているであろう。信者が奏上する祝詞も私が作ったのだが、祝詞の文章など全然知らなかったが、兎も角アノ通り出来たのである。又之もみんな知る通り、私は大規模な地上天国の模型を作っているが、石でも木でも花でも、一切私が選んで考案する。勿論庭園も建築の設計も装飾もそうである。目下設計中の地上天国晴々台に建つメシヤ会館は、現在全世界の建築界を風靡しているフランスのコルベュジェ式だが、それより一層新しい様式にしたもので、完成の暁は世界から注目に値いするものとなろう。建築でも庭園でも其場所に立って空間を見つめていると、目前に彷彿として現われ来るので、至極簡単で考える必要もない位だ。勿論私は習った事も教わった事もないのだが、やろうと思えば即座に良い考えが浮ぶ。又花も活け、絵もかき、書もかくが、絵だけは少し習ったが、他は純然たる素人である。政治も、教育も、経済も、哲学も、医学も今より一世紀位先のものが判っている。特に現在の文化面の根本が如何に間違っているかが解るので、速く改革したら人類は如何に救われ、幸福な世界になるかを想うと、ジッとしては居れない位だ。然し時節が来ない中はどうにもならない。今はまだ天国を造る上に、根本である健康に関する問題と、農業に関する事だけの誤った点を、神示のまま指摘しているのである。

          霊の行使

      特に最も自分で不思議に思う事は、私は霊を行使して信者に病気を治さしているが実によく治る。医学で一月位かかる病気でも、一日か二日位で治る事がよくある。そればかりではない。自分の病気も自分で治す事が出来る。私のかいた文字からは其文字の意味通りの活動が起る。又私は凡ゆる病源が根本的に判る。それによると現代医学の病理解釈など気の毒な程低いと思う。私から言えば医術とは云えない、単なる苦痛緩和法でしかないから、先ず今のまゝでは病気を治す医学とはならないであろう。彼のキリストを初め種々の聖者が病気に対する奇蹟を行ったが、其殆んどは一人対一人のそれであるから、幾億の民衆を救う事は到底出来ない。従って全人類を救うとしたら、治病の力を一人々々に無制限に与えなくてはならない。それを私は今現に実行しつゝ驚異的成果を挙げている。何よりも本教の発展がよくそれを物語っているといえよう。此事は曩に述べた如く、キリストでも釈迦でも出来なかった神業である。

 此様に大聖者の力より私の力の方が優れているなどとはかきたくないが、只私は有りの儘の事実をかくだけである。之も時期が来たので神様がそうさせるのであろう。そうして神様からこんな大きな力を与えられたのは、何が為であるかを考えてみる時、そこに私の使命の重大さが感じられてくる。勿論神の意図なるものは、何事も必要以外のものは作られない。悉く必要によって作り、必要によって消滅する。之は私が常に曰う処の真理であってみれば、私という者の天の使命はハッキリ浮び上って来る。私は常に凡ゆる神秘を知らされ、深遠な妙智力を無限に与えられている。それを普(あまね)く人類に知らせ、理想的新文化を作るべく神の指示によって動いている。特に神意によれば現代は人智が発達しているから、昔のような単純な説き方では納得しない。どうしても実証的奇蹟を見せると共に、現代人に受入れらる理論を説かねばならないという訳で、神は蔭から奇蹟を旺んに表わしてくれるのである。此様に一方では誤りを知らせ、一方では奇蹟によって其裏付をされるのであるから、神慮の洪大なる只感謝感激あるのみである。何よりも今現に私が実行しつゝある神業を見れば、右の言の真実である事は疑う余地はあるまい。

      以上によってみても、之程の大規模な絶対的救いの業は古往今来人類は夢にも想わなかったであろう。故にもし此事を知らされて尚目醒めないとすれば、心の盲目であり、未来永劫救われる筈はないのである。しかも近き将来世の終りという一大危機に見舞われるとしたら、準備のない人達は、周章狼狽如何に悔改むるか、然しそうなっては已に遅しである。

タイトルとURLをコピーしました