岡田茂吉 宗教と科学、原子力、霊子『教えの光』(宗教、科学、哲学、芸術の問題 )昭和二十六年五月二十日  | 岡田茂吉を学ぶ

宗教と科学、原子力、霊子『教えの光』(1、宗教、科学、哲学、芸術の問題 )昭和二十六年五月二十日 

宗教と科学

【お伺】宗教と科学の関係、および両者とも永久に必要でしょうか、どちらか不要になるときが来るでしょうか。

【御垂示】これはどちらも不要なものでなく、どこまでも進歩発達すべきものである。少なくとも宗教がなかったら人類の罪穢は溜まるのみで、それによって生ずる毒素の堆積は人類を破滅することになる。それは浄化のため大天災が続くからで、また科学がなかったら人類文化は進歩しない。

 宗教と科学は同じものであることはすでに『信仰雑話』で説いた。従って、科学で説明のできない宗教は本当のものではなく、同時に宗教で説明できない科学も本当のものではない。

 宗教を度外視した科学の発明は恐ろしいことはいうまでもない。科学の進歩が人類の幸福と伴わないのはそのためである。いままでは宗教を閑却しむしろ否定したが、科学の進歩に伴い宗教も一緒に発達して行かなくてはならぬ。

原子力時代の一考察

 【お伺】原始時代と原子力時代とは文化の基礎は非常に異っておりますが、新時代への出発という意味において多くの共通点を有しているように思われますが、御教示をお願いいたします。

【御垂示】これも一理ある。今は新文化の原始時代である。以前のは人間のできたての本当の原始時代であったが、今度は人間が一大飛躍して高等動物となる。その原始時代で、これからはいままでのように喧嘩したり噛み合いしたりするような動物性をなくし 本当の平和時代になるのである。

霊子に就て

【お伺】霊子が人間生活にいかなる関係があるでしょうか。

【御垂示】これはいうまでもなく霊子(れいし)がなかったら、あらゆる生物は死滅する。科学的にいうと電子、原子、霊子の順に微粒子になってゆく。勿論霊子は最微粒子である。 音は電子の体で粒子が大きいから、音の運動は遅いのである。

タイトルとURLをコピーしました