一つの苦しみ  (救世六十五号  昭和二十五年六月三日)

     私と雖も種々な苦しみはある、勿論現在の如き暗黒無明の世界を切開くのであるから、サタンも提婆も跋扈跳梁(バッコチョウリョウ)しており、嫉妬羨望迫害悪評誤解の槍衾(ヤリブスマ)に囲まれているようなものである、それ等を突破し、此地獄世界へ天国を徐々として拡げるのであるから、その困難は想像以上である、が然し最高神霊の偉大なる御守護がある以上、外部でみる程の苦難はないのである、故に私自身としても恐らく世界中私ほど幸福であり不思議な運命の持主はあるまい事を、常に感謝している。

     とは言うものの実は人の知れない別な苦労がある、その中で最も苦痛なものを一つかいてみよう、これは言う迄もなく現代医学に関しての事であるが、之に就ては私は長い間口に筆にその医学の誤謬を指摘して来たのであるが、本当を打明けていうと今日迄思い切って赤裸々には言へなかったのである、出来るだけ加減をし刺戟を避けるように注意し来ったのである、何となればもし真実をはっきり露呈するとしたら大変な事になるかも知れない懸念があったからである、然し仮に発表したくも神様から時期が来る迄は固く禁じられていたからでもある。

     私は、人間の健康と病気に関しては、神様から徹底的に示されている、そうでなければ病無き世界を造るなどという大それた事は言えない筈である、大胆に言えるという事は、絶対確信があるからである、というような訳で、人類の苦悩を解消する根本は病であるから、現在の人類を観る時余りに悲惨といはねばならない、それらを観る私は実に堪えられない悩みである、といって神様からは発表を止められるという訳で、全く板挾みの苦しみに遭っているのが現在の私である、故に時よ早く来れという 念願こそ、私の偽はらざる心境である。

タイトルとURLをコピーしました