黴菌人間  (栄百八十三号  昭和二十七年十一月十九日)

       現代人が最も怖れているのは、病原としての黴菌であろう。では一体黴菌なるものの発生は、何が為であるかというと、全く人間の健康上必要なものであるばかりか、それを作るのが人間自身であるから、驚かざるを得ないのである。左に説く処をよく読めば成程と肯くであろう。 
 抑々此世の中にある一切万有は、悉く人間に必要であると共に、人間が作るもので、之が自然の法則である。只今日迄の学問では其処迄分らなかったに拘わらず、人間の浅智慧と自惚で理屈を附けて満足していたにすぎないのである。右の理は独り病気ばかりではなく、農作物の害虫でも、社会の犯罪でもそうであるから、それ等の真相を徹底的にかいてみよう。先ず最初黴菌の発生であるが、之は人間が間違った考えによって罪悪を犯す結果、それが汚穢となって溜り、霊的には曇りとなり、体的には濁血となるので、其浄化の必要から黴菌が発生し、濁血を浄血にするのである。此様に菌は濁りを解消する役目として湧くのであって、濁りにも幾種類もあるから、それに適応する黴菌即ち掃除夫が生れるのである。

     であるから曩にかいた通り、万有一切は汚物が溜るから浄化作用が発生する、というように自然は遺憾なく解決してくれる。故に人間が世の中から黴菌を絶滅するとしたら、黴菌の必要のないよう清浄にするより外はない、之が根本である。処が情ない哉其理を知らない為、人間は自分の罪を棚へ上げて、黴菌を悪者扱いにし、殺す事にのみ骨を折っているのである。

     処が此理は肥料にも当嵌まる。それは近来年毎に害虫が増えてゆく傾向である。之も薬と同様肥料によって土を汚すから、掃除夫としての害虫が湧くのであるから、此虫もつまり人間が湧かせる訳である。而も近年害虫の種類の増えたのも、肥料の種類が増えたからである。では人間が何故肥料を用い始めたかというと、麻薬と同様肥料を用いると最初は大いに増産するから惚れ込んで了い、肥料を唯一のものとした結果肥料迷信に陥って、今日の如く害虫に悩まされ乍らも気が附かないのである。右の如く一時的実績に瞞されて、土は弱り種子は中毒に罹り、害虫は増え放題で収穫は減るのであるから実に愚かなものである。それが為今日の如く輸入米によって僅かに飢餓を免れている現状で、豊葦原瑞穂の国も情なくなったものである。従って苦し紛れにヤレ農地改良、交換分合、種子の選択、殺虫剤、肥料の入手問題など、的外れに苦労している有様は見ておれない程である。而も政府は主食増産何カ年計画などといって、巨額の費用を支出しているが、声ばかり大きくても結果は相変らずで、旨くいって平年作位である。

     次に知らるゝ通り、近年犯罪も非常に殖えたので、当局者も識者も溜息吐くばかりだが、之も汚物同様の人間が殖えるからで、それを自然は掃除する為、黴菌人間が必要となるが、之はいくらでも居るから、それに掃除をさせるのである。其方法が人を苦しめ、傷害を与えたりするのであるから、よく自分は真直の道を歩いているのに、斯んなにも不幸になるのは分らないとか、之程病気で苦しめなくてもよさそうなものだなどと、勝手な泣言を並べているのは、本当の事が分らないからで、神様が御覧になったら苦笑いなさるであろう。

     そうして面白い事には、黴菌人間を掃除する方法自体がヤハリ罪を作る事になるから、それの掃除に又他の黴菌人間が必要となるというように鼬鼠ゴッコで、世の中は溝泥(ドブドロ)のようになっているのである。併し愈々時節が来て、神様はそういう事を根本的にお示しになったのが此論文であるから、よくよく眼を開けて読まれたい事で、之こそ黴菌人間を減らす第一の方法である。

タイトルとURLをコピーしました