岡田茂吉 御垂示録1号 昭和二十六年八月五日 ④ ※病気(霊的など) | 岡田茂吉を学ぶ

御垂示録1号 昭和二十六年八月五日 ④ ※病気など

 ※鳥目

《お伺い》「生れつきの鳥目は治りましょうか」

《御垂示》鳥目には二種類ある。前世で鳥であったのが生れ変ったものと、鳥の霊が憑依したものとある。鳥の生れ変りは、目だけが未だ鳥の性質が残っているんです。途中から鳥目になったものの方が治り易い。
      ko1458

※胃癌

      《お伺い》 「一月から浄霊して居ります六十七歳の人で、胃癌で御座居ますが浮腫が足全と腹部、顔に来ております。ヌラは吐きません。痛みはなく、食欲は最近段々減って来ております。七月末に光明如来様奉斎し、それから下痢をし、衰弱しております。この場合浄霊が弱いので御座居ましょうか。信仰が薄いのでしょうか」

      《御垂示》 ヌラが出なければ癌ではない。浮腫があるのが面白くない。難かしいから医者にかけなさい。助からないでしょう。
      ko1459

 ※松を切る? 、  鬼門の松

      《お伺い》「信者の家ですが東方に男松、女松があり、之は先祖代々からの木で大きい松です。土手がある為に家の中が陰欝で御座居ます。大屋根より松の方が高いので、屋根を傷める為、心がとめてありますが、切つてはいけませんでしょうか」

   《御垂示》  切ってはいけない。屋根にあたる部分だけ切ったら良い。心をとめても、枝を切っても、生きていれば宜敷い。丑寅の方に松があるのが一番良い。松の傍に梅があると 非常に良いんです。この人のは非常に良い。

        《お伺い》「鬼門の方角に門かぶりの松がありますが」

      《御垂示》 鬼門の門は絶対いけない。松は良い。
    ko1459

※天魔は邪神

        《お伺い》 「天魔と言って霊が出て参りましたが、何で御座居ましょうか」

      《御垂示》 天魔は邪神です。
   ko1459

※口を聞かない幼児

        《お伺い》 「生後一年七カ月になりますが全然口がきけず、飛行機の音には指さします。又御讃歌は分る様です」

      《御垂示》 育つに従ってよくなる。生まれつき信仰がある様だから結構です。時期を見て御神体を祀りなさい。
    ko1459

※一歳になったら乳はやめた方が良いです

      《お伺い》「四国の一信者で御座居ますが、長男は育って居りますが、長女(生後一年程)は二番目の子供で御座居ますが、乳を飲ませます時、首を反対に向けてひきつけます。乳は飲みたがります。姑にだっこすると機嫌良くして居ります。それで姑にだっこして貰い乳を飲ませます。食物は一切さけており、嘔吐はしません」 

   《御垂示》 一年以上経ったら乳を飲ませてはいけない。之は乳を飲みたがってはいない。胃か臍の周りに固結があるから浄霊してやる。背もよくしてやるんですね。
    ko1458

  ※子宮筋腫 とは間違い  

      《お伺い》 「母は信者で、娘が子宮筋腫になり、開腹手術をした処、子宮筋腫でなく、南京豆の如きものがありましたそうです」

      《御垂示》 南京豆の様なものは毒結です。浄霊すれば溶ける。
   ko1459

 

 

タイトルとURLをコピーしました