岡田茂吉 『岡田先生療病術講義録』 上巻(二)昭和11(1936)年7月 | 岡田茂吉を学ぶ

『岡田先生療病術講義録』 上巻(二)昭和11(1936)年7月

病気発生の原因

 前述のごとく、本療法は実に霊医術であり、特に「心臓医学」ともいうべきもので、心臓が根本になるんであります。そして前にも、お話致した通り、病気が発生するというのは霊的原因としては、自己の邪念や不純行為により、魂に曇を生ずるからであります。

 ここで、病気に対して、霊的定義を下してみましょう。

『病気とは――
 人間の悪念及び悪行為に因る罪穢の堆積が精霊を曇らし、それが、血液の溷濁(こんだく)となるので、その汚血を、心臓と肺臓が、燃焼と洗浄作用をする結果、それの残渣(ざんさ)が物質化して毒血となり、膿汁となり、それの排除作用が、即ち、病気現象である』

 魂は「人間の小雛形」ともいうべきものであるから、魂の方の胸のあたりへ曇が発生すると――心を通じて精霊へ移り、肉体へと映るのであります。

 図に記(カ)きますと、左の通りであります。

  曇が、内部より外部へ表われるものは――
  自己的病原であります。

  しかるに、他動的に、外部からの原因による事もあるのであります。

  例えば、人から、怨まれたり、羨やまれたりすると、それらの人の悪念が「一種の曇」となって、こちらの魂へ来射し、曇らすので、それが病原となる事も多いのであります。

 しかし、右二つの原因は、いずれも霊的であるが、それらの外に「体的の病原」もあるのであります。それは――、

 大酒を飲むとか、娼婦に接するとか、極端な不摂生をするとかによって病気になるのであって、これは一般世人のよく知っているところであります。

 洋漢医学の病原説は、ほとんどこの体的のみの解釈でありました。

 しかし、これは再三述べたごとく、表われた半面であって、他の半面――即ち、隠れたる霊的原因こそ、真の病原であるので、この認識のない限り完全な治療法は確立しない事は申すまでもありません。

 今一つ有力な病原として″祖先の罪穢″に因るそれを説かなければなりません。

 祖先の罪穢とは――、絶えず祖先が霊界において「霊の浄化作用」を行われる結果、その残渣(ざんさ)ともいうべき汚濁が「子孫」即ち吾々へ流れて来て、それが病気となるのであります。

 吾々個人とは、実に、祖先と子孫との間をつなぐところの ″一連の鎖の――その一個″に過ぎないのであります。

 故に「祖先の行為」が吾へ結果し「吾の行為」が子孫へ結果するのは当然であります。

 坊さんの持っている数珠は「祖先代々の魂の繁り」を表わしたもので、あれを揉んで、お経を奏(あ)げると「祖先各々の罪穢」が、その功徳によって浄化消滅するというのであります。

 大体、病原なるものは、前述のごとく数種あるのであります。そうして、それら曇の排除作用が病気であるから、病気が発生するや――、曇の物質化であるところの「水膿毒血」は、極力外部へ外部へと排除されようとするのであります。

 それはちょうど天然現象と同じようなもので、風邪を引いて咳をし、痰を吐く事など、ちょうど大風が吹いて穢を払う、大雨が降って汚れを洗い流すのと同じ理であります。

 故に、あらゆる一切の物象は絶えず汚濁され「断えず、浄化作用が行われている事が原則である」のを知らなくてはならないのであります。

 これを別な意味からの定義にすれば、

 『病気とは――
 健康保持の為の、又は、死を免れしむる為の不断の浄化作用の苦痛である』

 このように人間は――

 『病気によって、健康保持が出来、病気によって死を免れるのである』

 と聞いたら、現代人は驚倒するでありましょう。しかし、今日までそれに気付かなかっただけであって、病気といえば直に不治を連想し、死を予想して恐怖して来た事の、いかに大きな誤りであったかが知られるのであります。

病気治療の原理

 前述の理によって、実験上、病気に罹るやそのまま放置しておけば、十中八九は順調に治るものであります。

 それは全く「浄化作用」であるからであります。

 ただその際本療法を行えば、浄化作用を促進さす事によって、苦痛は軽減し、自然療法で一週間かゝるものなれば、一日か二日で治る事になるのであります。

 今日まで、この理を知らなかった為に、多くは物質によって『苦痛を緩和』される事が病気が治る事と思ったのであります。

 病気は、精霊の曇である以上、これを払拭(ふっしょく)するのが「根本療法」であります。

 この理によって、霊的療法なるものは抜本的であるから「再発の憂」は無いのであります。これに引換え、唯物的療法の進歩は、どこまで行っても根本には触れ難いから、どうしても枝葉末節に趨(はし)り、微に入り細に渉るようになるのであります。

 これを樹木にたとえてみると、一層よく判るのであります。

 樹木の葉が枯れるのは、葉そのものの疾患ではなく、根本である――『眼に見えない根』に故障があるのであります。

 故に、何程葉を研究解剖し、物理療法を施すといえども、効果を挙げ難いのであります。

 しかし、この物的研究も勿論必要であって、今日の医学の進歩にみても瞭かであります。それは、内部を探らんが為の一手段の意味である事は、申すまでもありません。

病原の解釈

 「病原の本体」というと『病気の原因と病気現象一切』をひっくるめていうのですが、それについて、今日行われている種々の解釈を述べてみましょう。

 まず西洋医学の方では、大体『細胞の衰弱説』であります。

 何故、細胞が衰弱するか――というと――人間の不摂生や環境、遺伝等によるものとなっており、細胞の衰弱した際病気が侵犯するということになっております。

 又「細胞衰弱の原因」として、不純な空気、栄業不良や運動不足、食事の不規則とか、睡眠不足なども――原因に数えております。

 不純血液、つまり「先天性黴毒」も原因に数えられていますが、これは、吾々の方でいう――『水膿』の事である――と思うのであります。

 独逸(ドイツ)の何とかいう学者は――「あらゆる病原は尿酸だ」といっております。つまり『尿毒が身体中へ廻ってゆく。その為に病が起る』というのですが、これは、一部的には確かにそうであるが、全部の病気がそうだとは思えませんが、実際からいって「尿毒」が原因になる場合は、非常に多いのであります。

 これは、どういう訳かというと――腎臓の周囲に水膿が溜結する、それが腎臓を圧迫するから、腎臓が尿全部を処分し切れず、そのため『一種の余剰毒素』が血管を通じて身体中へ廻り『各種の病原』となるのであります。

 リョウマチス、肩の凝り、喘息、腹膜炎、腰痛等の原因ともなるのであります。

 医学の説の中にある種の病原として『大便秘結の為、自家中毒を起す』というのですが、これは首肯出来ない。

 何となれば、実験上、何程秘結しても、害が現われた事を見ないのである。

 以前、私が扱った胃癌の患者で、二十八日間便通が無かったが、何の異常もなく、胃癌は全治して、今日頗(すこぶ)る健康で、業務に活動しているのであります。

 漢方医学の方では、確たる理論構成はなく大体『不摂生の結果、五臓六腑の調和が破れる』又は――『気侯不順等の為に″邪気″を受ける』――というようであります。
 宗教方面では、病気の原因として、

 仏教などでは――『四大調和の破綻』又は『祖先の悪因縁』又は『仏罰』などいいますが、実際、今日の仏教者は、病気に対しては、はなはだ無関心であるのが大部分であるようです。「仏力では、病気は治らない」――としている。従って「病気に罹れば医療に頼れ」――という事になっている。「病気や不幸や死」はいかんともなし難いものであるから、それに超越せよ、ただ諦めよ、それが「真の覚り」である、というように説いて、これが「正しい宗教の見方」としているようであります。

 神道の方では、多く『罪穢』という事になっております。

 「人の道」などでは「病気は神の御示らせ」といい、人間の行為に間違った事がある時は、病気によって神が示らすのであるから、よく省みてそれを発見し改めれば治る――というのであります。

 「生長の家」などでは「念の作用」――といっております。それは「病気になりはしないか。なりはしないか」――という念が一つの病気を作る。それ故に「病気はない」――と思えば、その「念力」で治る――というのであります。

 ところが、いくら「病気はない」と思っても治らない――という人の話を常に聞かされるのであります。これは、一時的自己錯覚療法であります。

 注意しなくてはならぬのは、天理教の所説であります。

 同教の説く所によれば「病気の原因は、人間が財物を貯めているからである。本来この世一切の物質は、神の所有であるのに、それを人間が所有している。それが罪であるから、これを悉(ことごと)く神様へ返還すれば治る」――というのであります。

 しかし、実際神様へ差上げても治らない場合が、往々あるのですが、相手が神様であるから掛合う事も出来ず、結局泣寝入りに終る事をよく聞くのであります。

 しかしながら、財物を作る事が罪になるなら、今日の資本主義とは逆である。国民の財物を悉く神様へ還したならば、資本の蓄積は零となるから、大きい産業は興し得ない事になり、満州の開発なども不可能となり、ここに産業は萎靡(いび)し、国力は疲弊(ひへい)する事になるので『亡国的教義』であると思うのであります。

 日蓮宗やその他の行者などは「病気は憑霊の業だ」――といいます。それ故「その憑霊」を退散又は得度させようとして、数珠で殴ったり、種々な物で叩いたり、蹴ったりして、憑物を出そうとする。しかし、憑霊は霊ですから、肉体とは関係はないので、どんなに肉体を苦しめても霊は感じないから、肉体こそいい迷惑であります。

 そうしてたしかに憑物の場合もありますが、そうでない場合もあるのに、何でも彼でも憑霊と因縁に決めてしまうのであります。

 よく「祖先の霊」が憑(つ)いて病気にする――というが、祖先ともあろうものが、子孫に憑いて病気にしたり苦しめるのは変である。

 子孫を愛すべきであり、守るべきはずであるという苦情を聞きますが、無理もないはずであります。しかし、これは、絶対ではないので、祖霊のある者が、何かの目的を達しようとして、憑る場合がありますが、それらは稀であります。

 基督(キリスト)教など、病気に対しては案外無関心であり、中には『神の試練だ』ともいいます。

 神の試しならば、病気などで苦しめなくとも外に良い方法がありそうなものだ――という人があります。

 又聖書には「鬼が憑いているのを、イエスが追出した」――という事がありますが、この時代既に「憑霊現象」を認めた事が判ります。

 ところが、この「憑霊を追出して治す」という事は、一時的であります。なぜなれば一旦それを追出しても、そのままでは又他へ憑くから、誰かがまた同じ様に病気になる訳であります。

 本当の救いは、悪霊を善霊にするのでなくてはならないのであります。

 変ったのになると『脂肪説』というのがあります。

『病気は全部脂肪の塊である』――という、この説は、民間療法の大家の説で、今日も依然として、刊行物等で宣伝しております。この脂肪説は、水膿溜結の事らしいのであります。

 私の知る限りにおいての今日まで世の中で行われている種々の病原説は以上のごとくであります。

 ところが、吾々の方では、再三述べた通り、病気とは「健康保持上、欠くべからざる浄化作用」というのであります。これは全く″前人未発の説″と思います。従って今日までは″人生病気程恐るべきものはない″――と思っておったところ、吾々の方では「病気ほど結構なものはない」ので、これあるが為、健康は保たれてゆく。故に「大抵の病気は、何の手当てもせず、自然に放置しておけば治る」――という――世にいう″自然療法論″であります。

 罹病するや、世人は出来るだけの治療法を行うが、それが「逆効果」となって浄化を停滞させたり、病気を押込めたりする事になる――それを誰も知らなかったのであります。

 しからば、病気はなぜ浄化作用であるか――それは逐次説明する事に致します。

病気は浄化作用

 まず人体なるものは、いかなる要素によって成立しているものであるか――というと、人体は物質ばかりではないので「精霊と物質(肉体)との二元素の密着不離の関係」によって生を営んでいるのであります。

 図に表わしてみましょう。

 今言った通り、霊体と肉体とはピッタリ合致しているので、それで、霊体が脱出するのを″死″というのであります。

 一体病気が起るという事はどういう訳かというと、初め霊体に曇が生じ、それがそのまま肉体に映って、それで病気となる事は既に述べた通りであります。

 しかし反対に、肉体から霊体へ写るように見える事もあります。それは例えば――、

 怪我や不摂生の為の病気ですが、これも根本へ遡(さかのぼ)ればやはり霊体が先であります。

 怪我をしたり、鉄砲に当ったりするのは、肉体が先のように思われますが、実はその前に霊体が轢(ひ)かれたり、鉄砲弾にあたっているのであります。

 鉄砲を向けた時、未だ弾の出ない内に、弾の霊が、人間の霊体へあたっているのであります。ですから、その肉体を外れて打っても必ず命中するんであります。

 歴史に有名である那須の与市の話ですが、扇の的を射る時に、那須権現を(矢を一生懸命つがえながら)念ずると、一人の童子が現われて、矢を持って空中を駈け、扇の的にあてたのが見えた。勿論、霊が見えたのであります。そこで矢を放ったらあたったのであります。

 これは一大霊験として、那須権現の祠(ほこら)を新しく造り、一生涯熱心に尊信した――という事が那須権現記に出ております。これらも決して不思議ではない。霊界の方で、もう先にそうなるんであります。

 ところが、こういう事がある。それは――

 霊体に鉄砲弾が命中しようとしても、その「うたれる人」が、曇のない――立派な磨けた人とすると、その人は霊衣が厚いから、その厚い霊衣にはあたらない。――それが霊的法則であります。

 戦争に行って鉄砲弾に当るのは、霊衣が薄いからであって、霊衣の厚い人は決して当らないのであります。

 龍の口で彼の日蓮上人に刃を向けたが、その刃の折れたのは、上人の霊衣が厚かったからであります。

 それで、霊衣の厚いのはなぜか――というとその人の心魂が磨けているからで、厚い程、霊光の度が強いのであります。

 そうなるには、偉大なる信念を有し、身魂を磨き、善徳を積む事によって得らるるものでありますから――こういう人は、病気に罹る事は絶対にないので、勿論天寿を全うするのであります。僧侶等に長命者の多いのは、そういう人達でありますが、今日はそういう有徳者は少いようであります。

風  邪

 それで、霊体が始終浄化作用をされるに従って、その曇即ち毒素が、いずれかの部分に集注されて体外へ排除されようとする。それでその「毒素の集注個所」は一定しておりませんが大部分は「頸部」へ集るのであります。

 なぜ、頸部付近へ集溜されるか――というと、それは、人体の重要機関の多くが、頸部以上にある関係上、神経を使用する個所へ膿血は集溜する性質のものであるからであります。

 でありますから、この毒素即ち膿結の大部分は、耳下腺、淋巴腺、扁桃腺、肩部等へ集溜します。

 そうして水膿なるものは「時の経過」によって「凝結」するものであります。

 しかるに、人体の自然作用は、これら水膿溜結を、最簡易巧妙なる手段を以て排除するのであって、それが彼の風邪であります。

 実に「風邪」こそは、天の与えた、最簡便なる浄化作用であります。

 そうして、いかなる手段方法で浄化するかというと、まず凝結した水膿を排除に容易ならしむる為に、発熱という溶解法を行うのであります。

 故に、発熱こそ実に、″浄化作用の最重要なる前線的役目″であります。

 その溶解された物質が、喀痰や鼻汁であり、それが口や鼻孔から排除されるのであります。

 ですから、風邪を引いて熱が出る、これほど結構な事はないのであります。

 そういう結構な浄化力を人間は有(も)っているのであります。

 又、風邪によらない場合、扁桃腺へ集溜して排除される事もあります。ですから、扁桃腺というものは大いに必要なのであります。

 水膿が一旦扁桃腺に集溜すると、それを溶かす為に熱が出る。この熱を解熱剤や氷冷等によって冷すから、膿は溶解し損ねて固まってしまうのであります。これが扁桃腺肥大の原因であります。

 扁桃腺肥大は切らなければいけないというのですが、それは解熱法によって作られたものであります。昔は、扁桃腺肥大症などという病気は無かったに違いないのであります。これは明かに、解熱法が出来てからだと思うのであります。

肺結核増加の原因

 風邪が解熱剤その他の物的療法によって、一旦解熱したように見えても、実は水膿溜結はそのまま残されたのであるから、人間の浄化作用は再び発熱によって溶解しようとするのであります。且(か)つその後に幾分加わった膿と相まって発熱は漸次執拗を増すのでありますが、再び解熱法をするので、かくのごとき事を繰返すに従って、容易に解熱しなくなるのは当然で、こうなった症状の場合、それは肺の初期といわれるのであります。そうして、右の膿結の為に、その後に発生した水膿は頸部付近へ集溜し難くなる。それは水膿なるものは、排除される可能〔性〕のある個所へは集溜するが、固結して排除不可能になった個所へは集溜しなくなるもので、自然はまことによく出来ているのであります。

 この理によって水膿は、漸次胸部の辺に停溜する事になるのであります。そうして人間は常に腕を使う関係上、どうしても両胸部特に乳部へ神経が集注されるから、その部の肋骨に膿結するのであります。ですから、そういう人の肋骨を圧すと必ず痛み、又微熱もある。聴診器を宛(あ)てると、ラッセルも聞え、レントゲン写真を撮れば雲状態も映るので、実に結核らしく思われるのですが、事実この時は、肺に異常はないのであります。

 女は乳の辺へ滞るので、それが「しこり」となって、乳腺を圧迫する。それが為、そういう人は子供を産んでも、乳の出が悪いのでありますが、それを解くに従って乳が出て来るのであります。

毒血と膿

 次に、毒血と膿でありますが、これは陰陽のごときものであります。しかし、毒血は膿になるが、膿は毒血にはならない。ですから、毒血の浄化されたものが膿で、それは断えずどこかへ溜るので、婦人などは腹部へ溜りやすく、それが自然浄化によって溶解され、白帯下(こしけ)となって出るのであります。

 ところが、白帯下が出ると、子宮が悪い、内膜が悪いんだと心配しますが、実は白帯下の出る程、結構なのであります。

 白帯下になって出ない人は、腹膜炎を起したり、足が重くなったり、利かなくなったりするのであります。

 次に、よく喀血や痔で出血する事がありますが、これは決して浄血ではないので、毒血であります。浄血は、病気では排除されないものであります。

 そのことを知らない為に、喀血でもすると非常に吃驚(びっくり)するが、これは大変結構な事なのです。ですから喀血する肺病は、十人が十人治ります。

 又、喀血性はほとんど発熱がない。稀には微熱のあるものもあるが、滅多にないのであります。

 この症は、膿結がないから、発熱の必要がないのであります。

 医学の方でも喀血をする肺患は、質(たち)が良いというのは、そういう訳であります。

 喀血性肺病は、普通業務に従事しつゝ自然に任しておっても治るのでありますから、少しの心配も要らないのであります。

霊と体の法則

 霊に体が従う事は、万物の法則であります。従って、霊を治す事によって体の病気は治るのであります。たゞしかし、霊の病気が治って、直に体に映る人と、遅く映る人、例えば半日か一日位かゝる人があります。これは曇の多い少いの関係であります。

 よく痛い痛いと唸(うな)っていたのが、眼の前で治る事がよくある。それは、霊体から肉体へ映るのが、頗(すこぶ)る速い人であります。

 一例として、以前、睾丸へ膿が溜る子供があって、相当治癒して半分位まで小さくなった時ばったり来なくなってしまった。すると、半ケ月ばかり経つと、私の所へお礼に来て、取混〔込〕みが出来て伺えなかったが、お蔭ですっかり治ってしまいました。――と言っていたのであります。

 これは、霊体が治ってから、肉体へ表われるのに数日かゝった訳であります。

 そういう事は珍らしくないのであります。

 霊体から肉体へ移るのに、非常に速い場合と遅い場合とある事は心得ておくべきであります。
      

タイトルとURLをコピーしました